パスワードを忘れた? アカウント作成
14107829 journal
Java

higの日記: コーヒー抽出方法を少し変えてみたら 17

日記 by hig

少し思うところがあり、コーヒーの抽出方法を変えてみたら香りが良く出るようになりました。
ウィスキーを飲んだ後のグラスを片付けている際に、すっかり乾いてしまった後でもいい香りがします。
そういえば、コーヒーを飲んだカップも乾いた後でいい香りがすることが多いようなことに気が付きました。飲んだ時にはあまり感じられなかった香りが乾いた後で良い香りがすることもあったような。
焙煎を失敗して香りが飛んでしまったのではできませんが、ちゃんと豆に香りが出てれば今回気が付いたことでうまくいきそうです。
豆をひいたときや淹れた後の豆の香りが良いのに飲んでよい香りがしないことがあって、単に抽出するのを失敗したのかと思ってました。
そんな時でも飲んだ後のカップに良い香りがすることがあり、不思議に思ってました。
が、今回のことでひょっとして香り成分は抽出できているのでは?と。

いろいろやってみて、最近はこちらを参考に「松屋式コーヒーの淹れ方」を一杯淹れ向きにアレンジした方法でやってました。
沸かしたお湯に氷を入れるやり方は小さなガラス製ティーポットを1杯入れに使うには温度が下がり過ぎてうまくできませんでした。面倒なのもあるけど。
でもブラックで飲むので、渋みや雑味を嫌って普通よりずいぶんと低温で淹れています。
ハリオV60用ペーパーフィルター100均のコーヒーバネットを使って、コーヒーマグに直接落としています。

1.ティファールでお湯を沸かしながら、
2.ペーパーフィルターを折って、コーヒーバネットにセットして、
3.豆をハンディーミルで荒目に挽いて、表面のシルバースキンを息で軽くふっと飛ばしてから
4.フィルターの中に入れて、ささっと揺らして平らにならして中央を箸で少しくぼませ、
5.粉を蒸らすための沸騰したお湯をポットに少し入れて、
6.箸をガイドにして粉の中央から細く垂らして少しづつ周辺に回しながら入れて、下からポタッと落ちたらお弁当なんかに入れるシリコンのカップで蓋をして2分から3分蒸らす。焙煎してから新しい時は長め。
7.蒸らしが終わったらシリコンカップを取って、一杯分より少し多めのお湯をポットに入れお湯を箸をガイドにして粉の中央から細く垂らして少しづつ周辺に回しながら入れて、ひたひたにします。この時にいわゆるドームは作りません。出来るようなら蒸らし不足。
8.お湯を入れ過ぎないように、ひたひた状態で保つように細く入れて、落とす珈琲の色が薄くなったらカップから外します。
9.だいたい望む量の半分ぐらいなのでポットからカップにお湯を足します。
10.これまでなら9.で完成・飲み頃の温度だったのですが、ここで香りを引き立てるために電子レンジで沸騰はさせませんが強めに加熱。ここがポイントでした。

加熱することにより、香りが良く立つようになりました。なるほどねぇ。
渋み雑味なくすっきりと、香り良くいただけます。
これなら冷めても濁らず酸っぱくなることもなくおいしいコーヒーになりますね。

typodupeerror

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

読み込み中...