パスワードを忘れた? アカウント作成
15232445 journal
Java

higの日記: 珈琲豆片手鍋焙煎 コスタリカ ラス ラハス マイクロミル -フィンカ カジェ リレス -ペルラネグラ -ナチュラルとグァテマラ ウエウエテナンゴ-ワイカン 2

日記 by hig

例によって呪文っぽい感じになってしまいましたが、焙煎したので記録。何回かは端折ってます。
焙煎したのは先週日曜日で、香りを生かそうと短時間での焙煎(8分ぐらいで1ハゼ)を目指しました。

(1)コスタリカ ラス ラハス マイクロミル - フィンカ カジェ リレス - ペルラネグラ - ナチュラル
生豆は以下の特別っぽいナチュラル精製で、生豆状態での香りはなんだかワインぽくて独特。
ラス ラハス マイクロミル - フィンカ カジェ リレス - ペルラネグラ - ナチュラル(コスタリカ) ID:16061 1kg 定価2800円のところセール中5%offで2660円
この農園特有のハニー製法で加工されていて、そのうちの一種「ペルラネグラ」。

生産処理 ナチュラル(ぺルラ・ネグラ)
適宜上下を返しながら、10日間の天日乾燥、その後、袋に入れられ2~3日寝かされたあと、アフリカンベッドの上で仕上げの乾燥を行う

狙いはハイロースト中煎りぐらい、洗いはなし、1ハゼは8:40、1ハゼ終わり9:55、2ハゼに入れずに火止め12:00、でも粘って12:37焙煎終了。
生豆100gが焙煎後86g、比1.163
うまくできました。焙煎直後は焙煎香でマスクされちゃうのがわかってるので、少し熟成しておきます。
焙煎香抜きで1日半ぐらい置いてから一杯分づつラップで包んで保管しておきます。楽しみ。

(2)グァテマラ ウエウエテナンゴ-ワイカン
生豆はウエウエテナンゴ-ワイカン(グアテマラ)で、こちらはウォッシュト。
狙いはシティロースト中深煎りぐらい、洗いはなし、1ハゼは7:15、1ハゼ終わり9:05、2ハゼ11:10、11:33焙煎終了。
序盤にちょっと火が強くて調整しきれず1ハゼ早め、その後は調整で何とか豆の表面皴なく焦げもなくうまくできたようです。
安定するにはまだまだですね。同じ焙煎を再現するには、豆の温度を計測できるようにするしかないように思います。
鍋はステンレス製なので、穴をあけるのは難儀ですねぇ。アルミ鍋の購入を検討するか。
こちらのサイトに公開してくれている方がいました。
生豆100gが焙煎後82g、比1.220
焙煎1時間後のすぐにいつもの浸漬法+ペーパーフィルタで抽出して飲んでみると、香りはまだ焙煎香が強いがきれいな酸味が出てうまい。
2日たって久しぶりに円錐型ペーパーフィルタで抽出してみると、香りも華やかによくなり酸味と甘みがバランス良く出て美味しい。
この豆はスペシャルティではないリージョナルセレクト\1500/1kgだけど、このロットはコストパフォーマンスが高いな。

  • 焙煎香も抜けて、いい香りになってきました。さわやかな酸味と華やかな香りが印象的な良い豆でした。明日はネルドリップしてみます。

    --
    The Suruh Force is with you,young commenter.But you are not a sradder yet.
    ここに返信
    • ネルドリップしてみました。いやぁーまだまだ未熟で十回未満なので難しいですね。
      ティーポットより小ぶりのやかんの方がまだコントロールが効くので使いましたが、ちゃんとドリップ専用品を買った方が近道か。
      (浸漬法+ペーパーフィルタの手軽な安定性のありがたみが良くわかる)
      少しだけ重い感じの酸味になっちゃった。キレが良くないって感じ?
      浅めの中煎りでコーヒーオイルほとんど関係ないので、円錐型ペーパードリップのほうが良かったかも。

      --
      The Suruh Force is with you,young commenter.But you are not a sradder yet.
typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...