パスワードを忘れた? アカウント作成
548936 journal

higonの日記: 韓国ヒトクローン研究スキャンダル、まとめ 3.9 (Korean Cloaning Research in Chaos, round up 3.9)

日記 by higon

これまでのまとめの目次は、別のエントリにあります。

今日、黄博士が、世界幹細胞銀行の頭から辞職しました。彼は今後、ソウル国立大学に留まり、相談役として仕事を続けることになるでしょう。韓国政府と黄博士は「今後の幹細胞銀行の運営には全く支障は無い」としています。

しかし、私がニュースから読んだ限りでは、この「世界最初最大最新の機関で、未来の唯一の希望」と鳴り物入りで登場し、国内数十万の不治の病に悩む人々に向かって「希望を持っていいんだよ」と微笑んだ、世界幹細胞銀行は、その設立から一ヶ月しない内に、二人の創立者が物別れの末組織を離れ、頭取が辞職し、米英の研究者からそっぽを向かれる事態に突入しています。

日本は黙って列に並んで、サンプルの提供開始を待っています。えらい?:P

海外の記事(Oversea news outbrake)

米英仏では、ほぼ全ての主流メディアが、事の顛末を報告しました。

韓国の『名誉の剥がれた』国民的英雄」(11/25)

BBCがカバーしました。ビデオもあります。

世界初犬クローンの科学者、名誉を失う」(11/25)

英Telegraphがカバーしました。

幹細胞研究者は卵子について嘘をついていた」(11/25)

英Guardian の記事。

クローン『ヒーロー』、不名誉の中辞職」(11/25)

英Timesの記事。これに限らず英国の記事は「嘘」と「不名誉」を 問題にしているとが多い。

一連の倫理問題が黄博士の辞任に発展

Natureの速報ニュース

韓国幹細胞研究パイオニア、謝罪のち辞職」(11/24)

Voice Of America が事件を放送しました。PBSラジオも全国で放送し終えました。

韓国で幹細胞研究疑惑がほったらかしに」(11/25)

Newyork Timesの記事。

どうして韓国はクローン科学者を庇うのか」(11/25)

一つ前の版でクローン犬を「今年の最も驚くべき発明品」に選んでしまったTime。今回は、一つも余計な疑問をはさむこと無く、事件の内容と国内事情を端々と語っています。必読です。科学誌Science は、近々論文の訂正を行う予定。

『有罪』と黄自身が語る」(11/25)

IHTの記事

ヒトクローンのトップ研究者が面目を失う」(11/25)

本家のSlashdotが再びこの話題をカバーしました。いいね、タブロイド一直線のタイトル。
因みに、ココ、日本のSlashdotは、このストーリーを一度不採用としています。

米国は韓国に幹細胞研究分野で出遅れている」(11/25)

エッセイ。「幹細胞研究競争で、韓国は米国に勝った。ああ。なんと嘆かわしいことだ。 この原因は、現政権のばかばかしいほど厳重な法律の整備にある!」という論調。 記事は短いですが、この、米国のAdvanced Cell Technology(ACT)という企業、今まで韓国の研究を全面的にバックアップしてきた企業の一つです。お金を沢山もってます(重要)。こっちでもお金を使いたい、ほれほれ、という意志表示に見えます。

米国が幹細胞研究を支持、統制すべき」(11/23)

エッセイ。「これは、勝ち負けの問題ではない。研究が海外で進められ、未成熟な学術機関の元、 むちを打つような研究体制がしかれ、倫理が曲げられたことが問題なのだ。米国が 主導となって研究を行ったほうがずっと安全だ。世界の為に、米国政府が積極的に 国内の研究を容認し、お金をたっくさん出すべき。」という、自己中心だけれど ごもっともな意見。

国内記事 (Korean coverages)

恐ろしい量の海外のニュースに比べ、国内は静かなものです。

ウリ党が黄を支持」(11/25)

考えてみれば、たった一人の獣医の小さなミスが、国会で利用され、人間の患者を泣かせ、国内首位のテレビ局を痛めつけ、世界を動揺させています。

韓国の医学研究者の80%はヘルシンキ宣言を知らない」(11/25)

個人的にここ2週間で一番ショックだった記事。医療に携わるものなら必修のはずの ヘルシンキ宣言(日本語版)についてのアンケート結果です。 。黄博士とは関係のない記事に見えますが、この結果は、「韓国の研究環境は最新鋭であり、設備も倫理も米国と同じかそれ以上だ」と、世界中の大学や研究機関でさんざん宣伝していたことと、大分ずれています。

CNNが韓国人クローンパイオニアを批判」(11/25)

BBC, Newyork Times, WashingtonPost, Le Monde,Frankfurterの記事の引用があります。 博士を称賛している部分をいい所取りしています。この日記の各リンクで、実際に確かめて みましょう。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

読み込み中...