パスワードを忘れた? アカウント作成
546613 journal

higonの日記: 記事: ヒトクローン研究の第一人者、ヒト胚クローン論文のデータを捏造した可能性が濃厚に 2

日記 by higon

これまでのまとめの目次は、別のエントリにあります。

あうータレコミ不採用。スラッシュドットエクスクルーシブなのに・・・
「韓国」という二文字を抜いた方が良かったのかな。ぼけネタの方がいいのかな。あぁ。次は抜きます。生きるために。
こいは、自分の勉強の為なんさー、まとめはまだまだ続きますよってに。

ヒトクローン研究の第一人者、ヒト胚クローン論文のデータを捏造した可能性が濃厚に

BBCが、今年Science誌に掲載された韓国のヒトクローン論文が捏造された ものであるかもしれないという報道をしています。論文の全ての著者らが国内外 からの度重なる疑惑に耐え切れず、今日リトラクトの申請を行いました。 (日本経済新聞/朝日新聞)

先月、韓国のソウル国立大学で幹細胞共同研究を行っていた黄禹錫博士と米ピッツバーグ大学のジェラルド・シャッテン博士が倫理違反を理由に協力関係を解消しました。その後紆余曲折の末、黄禹錫あ自分の研究室の院生の卵子を2004年の実験で使用したこと、ヘルシンキ宣言を知らなかったことを認めましたが、その研究成果については、シャッテン氏、黄禹錫氏、Science誌ともに疑いの ないものとしていました。

リトラクトの対象となる黄禹錫の2005年の論文で示されているのは、成体細胞と同じDNAをもつ ヒト胚細胞をつくり出すことに成功したという報告で、これは再生臓器と移植先人体の拒否反応を 抑える発見に直接つながる可能性の高い、将来の再生医療においてキーとなる発見とされていまし た。彼は以前、牛や犬のクローンの作成に成功しており、他にも幾つか幹細胞研究分野において 重要とされる発見をしています。今後それらの論文についても詳しい調査がされることになるで しょう。事と次第によっては、世界中の幹細胞研究に数年のセットバックが生じるかもしれません。

追加情報。Scienceの発表によると、

(13.)12月15日,11:20am EST - 論文のリトラクトを行うためには、全ての著者が、 公式にScience誌に論文のリトラクトの要請をせねばならない。黄博士、共著者の一人として Science誌にリトラクトの要請をしていない。Science編集部は、リトラクトの要請を報道 している不確かなニュースを理由に、黄博士と共著者に対して確認を行ったところだ。

というわけで、韓国の科学者はリトラクトの要請をしたと発表はしたものの、どこかで手続きが止まっているようです。 その要請は一つもScience誌に届いていません。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...