パスワードを忘れた? アカウント作成

hisao9105さんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

13897532 journal
日本

hisao9105の日記: 所謂「お辞儀」論争について。 2

日記 by hisao9105

ネットでよく見かけるのだけれども「変な形の礼が広まっている」という言説がある。根拠に立脚したものから珍奇なガセネタまで様々だが一通り観た上で思うところがあったので書いてみる。

まずよく叩き台に挙げられる「手を前に組んだお辞儀」だが、これは女性に限り間違いではない。
バッグを肩に掛けている場合や洋装他下半身が広がる恐れのある服等状況に応じてこういったお辞儀をするのは正しい選択だ。ついでにいうと朝鮮式のお辞儀だというのは基本ガセだ朝鮮には元来頭を垂れる礼をとる文化は無く今能く見る型は近代以降の創作による可能性が高い。三跪九叩頭を例に挙げる人もいるがあれは「羞恥を捨てて服従する」という故事で少なくとも日本の通念としての礼ではない。
つか普通に考えて頭下げるのを屈辱だと捉えている文化で頭下げる礼が広まるわけがないだろ頭使えと思うのが本音だ。

次に正しいとされている礼についてだが諸流派それぞれが形を提示しているわけだが肝要なのは「敵意がないことを表す」形だという点。
ちゃんとしたお辞儀の例によく使われる小笠原流や他にもみられる両手だらりの型は着物が云々という説明が成されることが多いが元々「腰の刀に手を掛けていない・手之内に暗器や武器を持っていない」という意味合いのもので即ち武士の文化の残滓だ。
因みに私が遣う剣術では本式の礼は勿論鞘刀を右に持っての礼だが帯刀したままの略礼の場合右手の手のひらを柄の上に晒して置き左手は下げて頭を垂れるか形を執る。ソシアルダンスの礼や執事の執る礼の姿を想像してもらうと分かり易いかもしれない。ともあれこれで「一挙動で抜刀できない=斬るつもりがない」と意思表示をする訳だ。

そして本当に大事なことは「礼儀とは双方向の物である」と思う点。
勿論由来の定かで無い、もしくは所謂朝鮮式の作法を本式の礼儀と教えている所はあって個人的に不愉快に思うのも本音だが、他方で「人が礼を執っている」という事実に対して難癖をつけるのは無粋であると思うのも本音。
主に西洋人の旅行者が本来であれば神仏や死んだ人間に対しての礼である両手を合わせたお辞儀をよくするがあれで不快に思う人間は少ないだろう。
少なくとも礼を執られたならそれを受け入れ礼で返すのが和魂であると思っている。

長々と書いたが要は礼の型も勿論大事で間違った礼やおかしな「正しい作法」を敢えて広めたりすることはダメだが、それ以上に礼を執られたら批判せずに礼で返す精神が大事だと思っているという事だ。
特に昨今外国人が日本に来ることも日本人が海外で活躍の場を得る事も珍しく無いわけで、だからこそ形だけではなく礼の概念と込められた心を理解し表現する事が求められていると強く感じている。

13453111 journal
Twitter

hisao9105の日記: 何でもかんでも規制すればいいってもんでもないだろうという話。 4

日記 by hisao9105

ツイッターやってないので自分に利害はないんだけれども、これはちょっと横暴だと思う。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/10/zamashi9_a_23272808

今回の件でツイッターを見せしめにして歯止めをかけようとしている(という建前)なのだろうけれども、こういったケースの重要な所は「そういうことをする人間がツイッターをたまたまツールとして使ってた」っていう点であって。

たとえばツイッターがなくなってもFB含めて他のツールを使って同じようなことはおきるし実際に昔から起こっていた。90~00年代に流行った自殺サークルだとか、その前はパソコン通信だとか雑誌の欄に符丁使ってだとか、更にさかのぼると宗教団体だとかグループだとか作って勧誘したりだとか。

要は人間が他者とコミュニケーションとる限りそういったリスクは絶対にゼロにはならないし逆に完璧な「規制」かけるのならそこには「個々人間の繋がりの完全な分断」が待っているわけで、そんなものは文明社会とはいえないわけで。そしてそれでも「そういうことをするヤツ」というのは困らないわけで。
割り食うのはルール守って使っている/いたまともな側の人間だ。

もっといえば根本にある理屈が「手を怪我するからカッターや鋏を無くしましょう」みたいなキチ親のそれと似てる様に感じられて感情的にも同調できない。

この件だけでもなく、また日本だけでもないけれど、最近の各国の「規制ラッシュ」にはどうにものれない。規制/禁止したところでこういった犯罪がなくならないのは上で述べたとおりだし、むしろ新しい技術やモノが産まれ文明が発達発展していく上で害悪にしかならない。

ツイッター等のツールだけではなくて特定の金融商品だとかモノや技術だとか。見ていると「難癖つけて潰したいだけなんじゃねぇのか」と勘ぐってしまう位妙な話が多すぎる。

人がつくりしモノならば人を援けることが出来るはず。
必要なのはモノを禁じる事ではなくて使い方を教育して人がそれを良いコトに使うようにレールを敷いていくことだと考えている。

13129147 journal
オーストラリア

hisao9105の日記: メルボルンで起きた事件について。

日記 by hisao9105

メルボルンで、凄惨な事件が起きた。
http://www.news.com.au/national/victoria/news/pedestrians-injured-as-police-chase-erratic-driver-in-melbourne-cbd/news-story/44a14994486d72e60fd7bb27f7a1bf1f
男が車で歩道を人を轢きながら走行、記事の時点で3人が亡くなり20人が負傷。死傷者には幼い子供も含まれている。
7所属のレポーターのPaul Kadak氏は自身のツイッターで犯人の足跡を解説している。
https://twitter.com/PaulKadak/status/822306684139749376/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw
報によれば男は精神疾患とドラッグ使用の経歴があり暴力事件を起こしている。又、この事件の前日から親族の刺傷や人質を取っての車内立てこもり等複数の別の事件を続けて起こしており警察もマークし追跡していた所に起きた事件であったという。

亡くなられた方の御冥福と負傷者の早い早い回復を祈る。
日本でも類似した事件が起きているが、どうにか出来ないのかと勤に思っている。

13126838 journal
日本

hisao9105の日記: APAホテルの騒動についての所感。 2

日記 by hisao9105

話題になっているAPAホテルの件についてのAPAグループの見解。の、英語版。
https://www.apa.co.jp/newsrelease/8467
日本語と差異がほぼ見られ無い事から事を構えるのも厭わない姿勢を海外に向けても改めて示した形になる。
母国語版と他国語版で趣旨を微妙に変えたりする企業が多い中、事の是非は別にして表裏の無さだけは凄く伝わる。其の点は正直尊敬する。

何しろ見方によって全く異なる事が言える此の騒動、思った事は幾つもある。

先ず思い当ったのは、自分自身以前APAホテルに泊まった事が有るけれども、その時は本に気付かなかったという事。
合せて、APAの経営者が保守というか右寄り思想の持ち主だというのは結構前からネット中心に知られていた事で、自分も知っていたし又世間に広く知られている事であると思っていたので今になって炎上したのは意外だったというのが正直な所だ。平たく言えば自分にとっては今更感が強い話ではある。

気になったのは、APAホテルは今迄海外からの宿泊客を相当数受け入れているはずなのにこの本が今まで全く問題にならなかったという点。
動画に見られる書籍を検索すると2016年の6月に出版されている。APAが全国で述べ2万室を保持しているという事。出版された時点でこの本が客室に配備されたと仮定して、ホテルの稼働率が平均75%、それに部屋のタイプ等他の要素を加味すると、あくまで推定だけれども、この書物はこれまで国内外問わず最大で400万人前後の人の目に触れてきている事になる。御丁寧に日本語と英語で書かれているのに、このカップルが気付くまで今の今までスルーされて来たというのは不思議という他無い。

その上でだけれども、歴史問題の主張には理解、共感できる部分も多々にあるのだけれど一方で接客業としては職業倫理に悖ると感じる。そして実存として不快に思う人は多いであろうと思う。
日本が他国と抱える諸問題の内、殊に南京に代表される戦争に係る問題については信頼性の低い証拠や虚偽の証言に因る捏造や歪曲が行われているという点については事実であるし、それに拠って日本や日本人が不利益・被害を被っており打開すべき問題だとする考え方には共感する点も非常に多い。
しかし同時に接客において主義や思想を前面に押し出すというのは受け入れられる事では無い。恐らく昔シティホテル等に置かれていた変な和訳の聖書と同じ様に「備品です。強制はしません。もし宜しければ御暇潰しに。」という様な体で配備したのだと考えているが、今はそれでもクレームが付く世の中な上に内容が微妙な問題を扱った物だ。想定する客のうち一定数が不快に思う可能性の高い要素をわざわざ入れるという行動は接客業経験者としては肯定できない。
それに、実存として「日常を離れて外国を楽しく旅行してホテルに着いたらおもむろに右翼本が置いてあった」とか嫌だよね。
例えば日本人が海外旅行してホテル泊まったら「日本軍の蛮行」的な本が部屋に置いてあったら嫌なのと同じことだ。ていうか海外旅行で現地の人に案内頼むと昔日本軍が何かやらかした所を必ず一箇所は盛り込んできて、気持ちは分かるけど正直ちょっとウゼェという話と同じだよね。何か言ったら「反省してない」とか言われるの分かってるから神妙な顔作るよね。そして、それが分かっているから外国人が来た時に頼まれなければ原爆ドームにわざわざ連れて行く事もしないし、東京で飲んでて「ここら辺一体連合軍に爆撃されて一面焼け野原になって女子供中心に民間人がスゲェ死んだ」とか言わないし、それが日本人の良い所だよね。
日本に来ている内はケンカ吹っかけて来ない限りは楽しませてナンボだと思う。なのでAPA側はこの点については是正する必要があると個人的に感じている。

最後に、事の発端から経緯とメディアの煽り等、全体的に見て妙な炎上の仕方をしていると見受けられたのが気になった。
動画の投稿者の言い分を要約すると、ホテルの経営者の主義思想について自体やそれについての本が置いてあることに対する情報が知らされておらず、宿泊した客が自身と異なる主義思想に知らぬうちに加担させられたとして心情を害するという点が問題提起されたという事になる。
勿論本の内容についての批判もされてはいるし微博に投稿してる時点で炎上させるつもりだったのだろうが、基本的には「特定の思想や主義に断りも無く加担させられ得る要素」に対する是正を求めているわけだ。自由を求めていると言い換えても良い。
それが現時点ではAPAの経営者の歴史観や日本に対する批判とそれに徹底抗戦する構えを見せるAPA側、という構図になっている。批判しているのも中国人と韓国人の動画視聴者が大半だ。宿泊客であったかも分からないし、そもそも日本と関係が無い人が大半であろう。流石に視聴者延べ8千万人全員が日本に来てAPAに宿泊したとは考えられない。
つまり論点も争っている人も目的も全部が成り代わってしまっている。
これでは当初の目的とはほぼ無関係な諍いが落着する点も無く無意味に続けられる事になる。投稿者が動画で提起した問題や俺が思った事に対して是正や改善が成される事は無い。
誰の目的も願いも達されずただ続けられる争い。非常に無益である。

所感として、この騒動においては、先ずノイズを取り除き問題の根本を見直す必要があり、その上で提起された問題について是正・改善が成されるべきであると考える。具体的には、そもそも「主義・思想自体への批判」はお門違いなのだから中韓の視聴者の批判は一旦無視し、問題の根本である「主義・思想に対する接触の強制」については客室に争点となった本を置く方式について周知の徹底なりカウンターでアメニティーとか新聞とか渡す様に選択制に変更なりすれば解決するのではないだろうか。こんなの簡単に直ぐできるよね。金もかからない。何でこんな派手に炎上してるんだろうね。

願うのは日本を旅行している人が楽しく日々を過ごす事と、APAホテルには是正しつつ謂れの無い批判には屈せずより良いサービスを提供してもらえる事、そして少し安い宿泊プランが登場する事。

この、正直下らない諍いが溝を作らないことを夙に願う。

13100293 journal
インターネット

hisao9105の日記: ネットアクセスの統計について。 4

日記 by hisao9105

スラッシュドットから。ネットアクセス数の統計についての記事。携帯端末からのインターネットへのアクセス数がPCからのそれを上回ったという。
http://it.srad.jp/story/16/12/20/0640246/
珍しい事の様に書いてあるけれど、日本だと昔からではないだろうか。

例えば私は今30代。初めてネット使ったのはi-modeから。当時(90年代後半)は家にPCがある家庭自体多くなく、PC用のネットもダイヤルアップで遅かったし料金も高かったしでまだ一般的ではなかった。

元々PCを使うような仕事や趣味を持っている人を除いて、現在の様に一般家庭にPCがありネットが通常の生活に本格的に介入するようになったのは長く見積もってもここ10年ほどの事かと思う。
行政等の公共サービスもこの頃からウェブに移行し始めた。けれどその頃はケータイの全盛期、携帯からのネットサービスも更に発達していてケータイで何でも出来ると良く聞いた。「良く聞いた」というのはこの頃留学してて日本にいなかったので経験してない為。現地のNOKIAの携帯はクソショボかったが、ネットブックのような小型ラップトップが凄く安く出回っていて(これ今は逆だよね。日本でPC買う方がどこよりも安かったりする)、PCでネットアクセスがメインだったので困りはしなかった。あとチープな音源で奏でられるNOKIAトーンは好きだった。

2010年代はやはりスマホの普及と地震等の災害が影響を及ぼしていると思う。取れ立ての情報が即時拡散。そして情報を入手するのに座して待つ必要が無い。要は時世において弱点よりも利点が強調されているわけだ。

結局日本の場合だと早い段階から携帯機器からネットアクセスできる機構が発達していたのと情報の発信取得についてスピードとポータビリティが要求される土壌が元からあった点、付け加えるならばPCで何か弄る文化が大衆に浸透しなかったのがネット利用について独自の状況を作る要因となったと考えている。

いずれにしても最初に触れたネットが携帯端末用のサービスでPCからネットを使わないという人は今も昔も相当に多いと思う。

13006831 journal
日記

hisao9105の日記: ブラックフライデーの記事について。

日記 by hisao9105

先日記事を書いてから暫くほかっていたのだけれども日記開けてみたら
何か凄え量のコメントついてて。
どうやら俺のタレコミが採用されて日記を元に記事が書かれたという事の様。
https://srad.jp/~hisao9105/journal/607796/
これは一言書かないといかん。

先じまして皆様コメント頂き有難う御座います(俺宛ではないかも知れないけれど)。本来であれば一つ一つ返信させていただくのが礼儀なのでしょうが、諸所の制約から割愛させていただきます。御無礼の程御容赦下さい。

ざっとコメント読みましたが、真摯なご意見や批判、ラーメンに揚げ物にゴルゴムの陰謀論、果ては色の印象への批判にお菓子とプリキュアが応戦していると言うカオスっぷり。
これがカルマを貯めるという事なのかと戦慄しています。

さて、既に過ぎたブラックフライデー。記事も書いたのでやっている所回ってみたのですが、イオンは微妙というか中途半端、ネットは割と頑張っていたという印象。
元々が在庫一掃セール的な意味合いが強い慣習ですが日本でも大体同じ。定着もしていないイベントなので大盛り上がりはしないけれど、事の始まりとしてはこんなもんかな、というのが正直な感想です。

サンクスギヴィングと関連付けて批判するコメントが見受けられましたが、実際この行事を良いなと思ったのは宗教色が薄いからというのもあります。

例えばクリスマス。日本では(間違った方向に)定着していますが、何だかんだで祝わない人が一定数居ますし、何より今の日本では「クリスマスを楽しめる層」からあぶれる人が非常に多い。
家族も恋人も居ない所に「クリスマスが今年もやってくる~♪」地獄です。
対してこの行事は元々が商業主導で「感謝祭も終わってキリが良いし皆で在庫一掃セールやろうぜ」みたいなノリで始まったモノで、そもそもがセールの名目に行事使っただけなので例えば非基督教徒でも関係なく参加する事が出来るイベントに出来るのではないかと思ったので日記に書いてみた次第です。

確かに欧米のイベントを猿真似してマッチポンプ式に人工的に流行を作るというのは時代遅れだし抵抗感を喚起すると思いますが、皆が楽しめて景気が良くなるイベントになる可能性があるのも事実。
ならば芽を潰すよりも伸ばすべきだという考えの元「歓迎している」と日記を書きました。

重ね重ね皆様コメント頂き有難う御座います。今後ともヨロシクお願いいたします。

13005619 journal
オーストラリア

hisao9105の日記: 戦い方について。

日記 by hisao9105

https://www.youtube.com/watch?v=VqegUq4qwnQ
オーストラリアのニュース。
飼い犬がカンガルーに捕らえられている所に飼い主参上。
カンガルー殴って追い払ったという記事。

カンガルーと戦うのは危険だという注意書きが載せられているけれども。

殺到の後威嚇しアグレッサーの注意を引き保護対象から意識を逸らさせる。
素早く戦闘状態に移行、先制を取って牽制し保護対象の非難を確認次第離脱。
一連の動作が自然かつ無造作に行われている。

こう書き出してみると「戦い方の御手本」みたいな行動様式なわけだ。

短い映像だが学ぶ事の多い一本だったと思う。

12991508 journal
ビジネス

hisao9105の日記: 暗黒金曜日(厨2病的和訳) 132

日記 by hisao9105

日本でブラックフライデーを定着させようという動きが見られる。
http://www.appbank.net/2016/11/24/iphone-application/free-application/1280658.php

ブラックフライデーというのはアメリカの習慣で、元々は感謝祭の週の金曜を指し、クリスマス商戦の始まりとしてイベント化したセールの事を言う。詳しくはWIKI参照。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%BC_(%E8%B2%B7%E3%81%84%E7%89%A9)

小売主導の動きで去年あたりからやっていた所もある様だが、今年から特に大手が乗っかっていてそこかしこでセールの告知を見かける。何しろやたら安く品を出してる所もあり、消費者としては嬉しい事だ。

この動きを個人的には歓迎している。

消費が冷え込んでる所に打開策としてイベント持ってきて流行らせて活気付ける。ハロウィンもそうだけれど、何かを活性化させる為の方策に「面白そう」「楽しそう」という価値・属性を付加させるのは正しい事で、効果的だ。

経営といえば後暗い方策しか見聞きしない時分、これが大きな商業の動きになって脱却の為の起爆剤となれば嬉しい事だと思っている。

12982143 journal
ニュース

hisao9105の日記: 蕎麦湯考

日記 by hisao9105

「蕎麦湯」を知らない女性が彼氏さんが蕎麦湯飲んでるの見て驚いたとWEB上の日記に書いて炎上してる、という記事を読んだ。
http://blog.esuteru.com/archives/20005164.html

個人的には「蕎麦湯を知らない」というのは分からなくは無い。
蕎麦を食う習慣が無い人も普通に居るし、地方によって変わりもするだろう。そもそも日本人ではないのかもしれない。

話は変わるけれど、蕎麦粉のメジャーな食べ方を見てみると先ずガレットの様に粉にしたのを薄く延べて焼く所が多く、次に粥や蕎麦掻の様に多量の水で茹でたりしたものが見られる。麺として食すのが主なのは日本と東亜の一部分位の様だ。
話を戻す。発言者が「一般的に広く認知されているものを認知していない」という事を匂わせる記述は、実の所ネット見ているとそこらに転がっている。例えば2chのレスなんだけれどもこういうの↓
___________________________
2 名前:風吹けば名無し@\(^o^)/[] 投稿日:2014/10/29(水) 11:46:42.96 ID:baZzZk++
ハンバーグってなんやねんwww
ハンバーガー、な
4 名前:風吹けば名無し@\(^o^)/[] 投稿日:2014/10/29(水) 11:48:14.81 ID:baZzZk++
今ググったらハンバーグってのもあるみたいや
すまんな
___________________________
つまり日本語、というか関西弁を解す人のうち一人ハンバーグという存在を知らないで育ってきた人間がいたという事だ。

こういった(主にネガティブな方向に)発言者の特殊な背景を窺わさせる記述を2chで「闇が深い」というらしい。今度使ってみようと思う。
実際の所、皆が知っている事物でも何の因果か知らずに過ごしている、という事は誰にでもあるのだろう。人の話を聞いていてもそれが原因で違和感を感じる事は多々あるし、おそらく俺も何かしらそういった事があるのだろう。気がついていないだけだ。

ただ思うのは、「皆が知っていて自分だけ知らない何かがある」という状況が非常に怖いという事。

なので本やネット等で情報をなるべく広く取り入れる様にしている。

12922442 journal
ガンダム

hisao9105の日記: 自衛隊のエンブレムに関する物議及び日本刀を意匠とする難しさについての私見。

日記 by hisao9105

書いてたら長くなったので先にまとめ
・ロシアのニュースサイトsputnikで自衛隊のエンブレムに日本刀が使われているのを問題視すると謳う記事を目にしたが元を辿ると朝日新聞(亡国主義者の巣窟)のマッチポンプであった可能性が極大。潰れろ。
因みに記事に寄せられたコメントでは肯定的な意見が多数を占めていた。

・エンブレムを見た個人的な感想は「正直ガンダムっぽい」。カッコいいけどエンブレムに求められる重厚さや威厳が足りないのは残念だ。

・日本刀を意匠とするエンブレムを見る機会は国内においても少ない。
それは歴史的な要因と実存的な要因に拠る。

・日本刀というのは実物こそ人を魅了する美しさがあるのに意匠にすると非常に陳腐なモノに成ってしまう。それでも日本刀を意匠にしようとする人が後を絶たないのは日本刀の不思議な魅力が成す処。兎角不思議なアーティファクトである。
------------------------------------------------------------------------------------
ロシアのニュースサイトsputnikから。
https://sputniknews.com/asia/20160910/1045160914/japan-ground-forces-logo-slammed-sword.html
日本の陸自の新しいエンブレムに日本刀が意匠として使われていて物議を醸し出していると言う記事を読んで初出を当ってみたが朝日新聞以外特に見当たらなかった。朝日の記事もリファレンスが無いのを見るとマッチポンプ狙いででっち上げ仕掛けてるだけだと思われる。まぁ毎度の事だ。相変わらず亡日主義の阿呆共がアサヒってるな(死語)。合せて記事に寄せられたコメントでは肯定的な意見が多数を占めていたのを記しておく。

で。実際エンブレムを見た上で。受けた印象を一言で言うと。

「ガンダムっぽい。」

このエンブレム、確かにキャッチーだしカッコいいのだけれども、「カッコいい」の方向性がアニメとかゲームのノリに見え、往古よりの紋章や家紋に見られる「重厚さ」や「威厳」の様な要素が少し足りていない気がする。勿論自衛隊の皆さんのこれまでとこれからの実績で幾らでもそういった要素はこのエンブレムに付加されるとは思うのだけれども、単体で見るとちょっとコレジャナイ感があるのは否めない。

ところでこの「日本刀を意匠に使ったエンブレム」というのは日本国内においても一般的では無い。これは歴史、習慣としての側面と、実存的な理由が挙げられると個人的には捉えている。

まず歴史的な要因。
実際の所日本刀というのは歴史的に見ても意匠として使われている例は非常に少ない。
家紋を例に挙げる。日本だけで数えて1万を超える家紋が存在するのだけれども、その内日本刀を意匠とする家紋というのはほぼ無い。
刀に限らず武器という括りでも鉞を意匠としたものが幾つかある程度で刀、槍といった「メジャーな武器」を意匠とした家紋はほぼ存在しないと言って良い。
因みに私は鉞をブッ違いにした紋を見たことがある。関西、兵庫だったかの出自の方の紋と覚えている。あれは非常に格好良い。
付け加えると諸刃の剣を意匠として紋は存在するのだけれどもこれは概ね倶梨伽羅剣(不動明王が持ってるヤツね)等仏具、即ち信仰をあらわすシンボルであって武器とは由来やカテゴリーを異にする。

次に実存的な理由。つまり単純に日本刀が意匠とするのが非常に難しいモノだというのが要因として考えられる。これは個人的な経験からになる。

会社作るときにロゴ作っていた折に、業種が業種だし日本的な何かを入れようとして日本刀ディフォルメしたの入れようとしたんだけれども、どうやっても陳腐なモノに成ってしまう。というか有態にいうとそもそもまともな形にならない訳で、無理やり形にしようとするともう何かに謝りたくなる位クソダッセェ感じになる訳で。実際自分で日本刀使ったロゴとか試しに作ってみて欲しい。本当に何をどうやってもしょっぱい結果になると保証できる。
そういう意味では自衛隊のエンブレムはちゃんと形になって「カッコいい」と思わせるのは凄いと思う。ガンダムっぽいけど。

そう。日本刀というのは不思議な物なのだ。実物こそ人を魅了する美しさがあるのに意匠にしてみると非常に陳腐なモノに成ってしまう。
ただ。それでも日本刀を意匠に使おうとする人は国内外問わず後を絶たないし、自衛隊が日本刀をエンブレムに使用する事に異論を唱える人が少ないのは日本刀が「格好良い」モノだと広く認識されている事の証拠であるわけで。それは即ち日本刀が世界の人々を魅了して止まない証拠だと確信している。

誇らしいと思っている。

typodupeerror

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

読み込み中...