パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、hixさんのユーザページですよ。 今週も投票をしましたか?

13814811 journal
映画

hixの日記: 映画「エリック・クラプトン 12小節の人生」

日記 by hix
原題は「Eric Clapton: Life in 12 Bars」

「Gueen」に続いて「エリックかけブトン」の元の人エリック・クラプトン。
東京03のコント「バンドの方向性」にも名前が登場する。
わたくしが、この人で一番最初に思い浮かぶキワードは(なぜか)「マーシャルのアンプ」。

ギター凄い人なので、手元が映るのが嬉しい。

「あのこはだレイラ」の元歌「いとしのレイラ」で有名なパティ・ボイド。
この人の瞳は青い。灰色掛かってない青。凄く青い。
13814804 journal
映画

hixの日記: 映画「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」

日記 by hix
原題は「Johnny English Strikes Again」

シリーズ物だとは知らなんだ。
普通にダサい。

オフィーリアの人オルガ・キュリレンコ。「スターリンの葬送狂騒曲」に出てた。あちらでは登場人物の中で唯一マトモだったと思う。

かっこ悪い止まり方にならないように給油に気をつけようと思った。
13814799 journal
映画

hixの日記: 映画「生きてるだけで、愛。」

日記 by hix
主役とバイト先の同僚の人以外は知っている人で、意外と豪華キャスト。

鬱の人の無茶苦茶感。
潔癖性というか完全主義というか、融通の効かない理想の高さみたいなのが有る。
終盤で、頭使って考えてエネルギー使って言っている言葉に簡単に返すな。みたいな事を言っていて、でも、面倒くさい言葉に面倒くさく返事する事は出来るけど、往々にして面倒くさい事を言っている段階で、価値観の押しつけを目的としている場合も有るから、それにカウンター当てたら余計にややこしく成るんだろうなと思う。
わたくしは、拘って囚われてというのは、価値観としてそれは有るけれど、それで世界が構成されたら、やること無くて死んじゃうかもと気づく事にしている。
仕事ぐらいかな?面倒くさい拘りを体現しているのは。

なんか無茶苦茶な安堂さん。
手に負えない相手に、自分のペースを乱されているというより、自分を見失っている感。

「なんでここに居んの?」って凄く自然に言ってそうな雰囲気で言っている菅田将暉。
この人、ホント無理がない。
13814786 journal
映画

hixの日記: 映画「マチルダ 禁断の恋」

日記 by hix
原題は「Mathilde」そして多分「Мати́льда」
補給部隊の中尉とか関係ない。

本人

超ロシア語。オープニングからNのひっくり返ったヤツとかフォークの先みたいなヤツとか出てきて、しんどい純文学とかだったらどうしようと思ったら、これ随分と西側諸国的に分かりやすい。逆にどうしたんだ?というか。
13814706 comment

hixのコメント: 北国⇔雪国 (スコア 1) 7

冬に道路に水をまくってのはカルチャーショックですわ。雪国かつそれほど気温が下がらないからできる技ですな。

(南国の人とかも)初めて雪国に来た方には珍しいみたい。
しかしあれ、水を撒いてる区域の端の先が怖いのです。

雪国の人間からすると、北海道って凍結抑制(塩撒いたり)しない事に驚きました。
塩で溶かしても結局凍っちゃうから、氷+水の組み合わせになってしまって、危ないんですね。

typodupeerror

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

読み込み中...