パスワードを忘れた? アカウント作成

hixさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

13600534 journal
映画

hixの日記: 映画「ラプラスの魔女」

日記 by hix
ピエール=シモン・ラプラスって、この類の人達の仲間かと思ったら、普通に偉人だった。

事件発生の温泉地に銀山温泉登場。外観の1ショット。

「魔女」を名乗る直前に左肩を若干落とすのが良い。

昔話パートが長いのは原作東野圭吾だからか?
監督三池崇史というのが意外。

なんで生きてんだ水城さん。

.
13600525 journal
映画

hixの日記: 映画「あなたの旅立ち、綴ります」

日記 by hix
原題は「The Last Word」

冒頭、部屋であれこれやっている中に、トランプで遊んでいる場面があって、そういや小森のおばちゃまって手品やってなかったかな?と思ったら浦辺粂子の勘違い。
というわけで、主演シャーリー・マクレーン。84歳ってマジか?
訃報記事担当の人はアマンダ・セイフライド。「TED 2」のぶっ飛んだ弁護士が印象に残る。

そもそも何の映画だったか忘れていて、そいや予告編を見た気がするぐらいで観に行った。
物語の最初のほうで、自分の訃報記事の内容が気になるとか、わたくしなら絶対そんな事は考えないなぁ…なんてぼんやり思っていたんだけど、これ、結局のところ、当人にとっては、世間からの評判に不満がある訳ではなく、死ぬ前の最後に一つ仕事をしたかったという事かな?と思う。
取るに足らない世界の中から、輝きを秘めて燻っている人間を見つけて、飛び立つ手助けをする。
こんな最期も悪くないなって思った。

ぁ、わたくしの訃報記事については、もし書くなら好きに書いて良い。
呪ってやるから。

.
13599577 journal
映画

hixの日記: 映画「孤狼の血」 2

日記 by hix
「ころう」と聞いて「忍びの国」で「虎狼の輩」という言葉が出てきたもんねと思ったら字が違った。

オープニングの東映のロゴが古い。
ナレーションが古い。

ただでさえ低い声の真木よう子のドス利かした声。

若頭の名前が守孝。江口洋介的に良いのか?

これ「良い話じゃないの」(←石橋蓮司の声で)って思った。

.
13599574 journal
映画

hixの日記: 映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

日記 by hix
原題は「Maudie」。モード・ルイスの愛称かな?

カナダの画家モード・ルイスの伝記物。

モード・ルイスを演じるのは「シェイプ・オブ・ウォーター」のサリー・ホーキンス。ところどころ本職の絵描きさんの手タレかな?と思えるカットが有ったけれど、この人も絵心はあるらしい。
旦那さんのエベレットはイーサン・ホーク。ぶっきらぼうで不器用な男前。健さんか?
サンドラ役のカリ・マチェットは、前に何かで観てると思ったんだけど、初めてだった。

日本に於いての外来種である西洋タンポポは在来種に比べると大きいのだが、本場のタンポポはもっと大きい(ひまわりと見間違ってたりしてない。綿毛を飛ばすところだったので)。

エンドクレジットで本人が登場。
亡くなったのが1970年だからその前。白黒。

絵本みたいな解りやすい絵。
特に、見た瞬間の印象が良いので入りやすい。

72席満席。
近くに美術館が有って絵画物の人気が高いのかも知れない。

.
13599556 journal
映画

hixの日記: 映画「修道士は沈黙する」

日記 by hix
原題は「Le confessioni」。告解。

イタリアが語る世界経済...と言うとノリと勢いみたいな印象だが、マフィア暗躍の時代は多分それなりの影響は有ったのだと思う。

読書の邪魔をする相手には禅問答で応対したり、会話の中で「人は神に用事を言いつけるが、その目的は伝えない」とか「神は報酬を求めない」といった言葉が出てきて、いかにも修道士ではあるが、実はシスの暗黒卿なので、入り口のセキュリティチェックなんか無意味なのである(参考資料)(←こちらはジェダイとの戦いに敗れた)。

.
13599549 journal
映画

hixの日記: 映画「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」

日記 by hix
ゴーギャンの伝記物。

「ミッドナイト・イン・パリ」に登場していたはず。
最初の方でタヒチに移住すると言って盛大な送別パーティが開かれていた。

偉人が語られる時はワリと生活苦だった事に触れる事が多く、ゴーギャンもやはりそうだった模様。
冒頭は波止場で荷役をやってる姿で、著名な芸術家と肉体労働の組み合わせは意外だ(それでもこのとき既に糖尿病だったらしいが)。
タヒチ行ってからもやはり生活苦となり、漁の手伝いで船に乗ったり。蟹工船か?

人によっては、作者が没して後年になってから作品が評価される事がままあるのだが、ゴーギャンの場合はところどころに作品が売れて資金を得られていたようだ。
それでも、やはり後年の評価のほうが高くて、世の中概ねそうなんじゃないか?と思う。
売れないとか世間は見る目が無いからと気に病む必要も無い。が、実質問題として生活苦と戦わなければならないのだが。

.
13598641 journal
映画

hixの日記: 映画「悪女 AKUJO」

日記 by hix
英題は「The Villainess」。

冒頭が「ハードコア」のような自分視点。広域指定暴力団みたいなところに単騎で殴りこみを仕掛けているので敵がめっちゃ出てくる。だがしかしめっちゃ強い。「ジョン・ウイック」みたいな大乱闘のようでもあるし、これはそれぞれの作品からやってみたいところを取り出して盛り込んでいるんじゃないか?と思った。

エンドクレジットは冒頭の大乱闘もあるので結構な事になっていたっぽいのだが、公式サイトにせよ映画情報サイトにせよ、キャストの紹介が少なくて困る。

主役の人は、情報局に捕まる前(回想も含めて)と後では随分と顔が違う。どっちもキム・オクビンなのかな?
クォン幹部が凄くタカラジェンヌ。カッコイイ美人。キム・ソヒョン。日本語の情報はあんまりない。

バスはどこへ向かうのか?格ゲーのステージみたいな感じでちょっと面白かった。

敵に回すとエラい事になる人の典型やね。これは。

公開が2月ぐらいだったらしいので、場所によっては「レッド・スパロー」と同じぐらいの時期に観れた人も居たと思う。

.
13597657 journal
映画

hixの日記: 映画「レディ・ガイ」 1

日記 by hix
原題は「The Assignment」性転換の意味が含まれているのか?

主演ミシェル・ロドリゲス兄貴。
でもヒゲ生やしたって、あんまり男っぽくなかったな。
いかつい感じに歩く姿は面白かったが。

冒頭にちょっとした回想が有った後しばらくは留置所にブチ込まれてる女医者のハナシが進むので、ちょっと混乱する。

45口径は嘘付かないとか言ってた。
大和型戦艦の主砲は45口径だそうです(そっちじゃねぇ)。

思うに、こんなややこしいハナシじゃなくて、マフィアのエラい人の女に手を出した落とし前でこうなったのでわ…

.
13596854 journal
映画

hixの日記: 映画「サバービコン」

日記 by hix
ワリと純粋なサスペンス。

黒人差別に一生懸命で街がおかしいのは、あちら独特の群集心理的なものだと思う。

ジュリアン・ムーアを観たひとつ前がキングスマンだったなそういえば。

.
13596834 journal
映画

hixの日記: 映画「エターナル」

日記 by hix
原題は...韓国語わかんないが(多分オーストラリア向けの)英題は「Single Rider」。

冒頭にイ・ビョンホンから日本向けのメッセージが付いている。何らかのロケ現場だと思われるのだが、後ろがやかましい。

というわけで冬ソナの残り香風な観客(ご婦人)が多かった。

経営破綻した証券会社に苦情を言う客の暴れ具合。あのテレビは「豪快にやっちゃってください」って提供された物だろうか?

あれは不法侵入なのか?イケメンだから許されるのか?でも良く考えたら自分家か?

しかし、なんというか…ストリートビューの威力...凄いッスね。

.
typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...