パスワードを忘れた? アカウント作成
13599549 journal
映画

hixの日記: 映画「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」

日記 by hix
ゴーギャンの伝記物。

「ミッドナイト・イン・パリ」に登場していたはず。
最初の方でタヒチに移住すると言って盛大な送別パーティが開かれていた。

偉人が語られる時はワリと生活苦だった事に触れる事が多く、ゴーギャンもやはりそうだった模様。
冒頭は波止場で荷役をやってる姿で、著名な芸術家と肉体労働の組み合わせは意外だ(それでもこのとき既に糖尿病だったらしいが)。
タヒチ行ってからもやはり生活苦となり、漁の手伝いで船に乗ったり。蟹工船か?

人によっては、作者が没して後年になってから作品が評価される事がままあるのだが、ゴーギャンの場合はところどころに作品が売れて資金を得られていたようだ。
それでも、やはり後年の評価のほうが高くて、世の中概ねそうなんじゃないか?と思う。
売れないとか世間は見る目が無いからと気に病む必要も無い。が、実質問題として生活苦と戦わなければならないのだが。

.
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

読み込み中...