パスワードを忘れた? アカウント作成
13819858 journal
映画

hixの日記: 映画「ぼけますから、よろしくお願いします」

日記 by hix
TVディレクター信友直子の自身の両親のドキュメンタリー。

こういう職業の人なので、ボケる前からの映像が有って、前後の対比が解りやすい。

広島で老夫婦の二人暮らし。
お婆さんがボケた。
お爺さんは耳が遠くなった。二人暮らしで相手の耳が遠いって、結構なストレスになるのだと 思う。呼んでも無視されてると感じるので。

耳の遠いお爺さんが無視すると感じるのに加えて、ヘルパーさんが家事をやるようになると、いよいよ自分は用無しかと、これまたネガティブ要素になる模様。

機嫌が良かったり悪かったり。
託老所に遊びに行くと、さっきは嬉しそうに返事をしていたのに、いざ出かける段になると機嫌悪くなって駄々こねたり。
「さっきは行くと自分で返事をした」と責任能力を問うても、ボケているのだから忘れてしまっている。ここはひとつ、健常者のほうが覚えていることのほうがストレスになってしまうので、ボケた人と同様に忘れてしまったほうが良い。

わたくしも将来ああなるのだ。
あれこれ覚えてない事は多いし、無意識に依存しすぎてそもそも覚えない事も多い。
ボケる自信はある。

.
typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...