パスワードを忘れた? アカウント作成
13983915 journal
映画

hixの日記: 映画「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」

日記 by hix
原題は「Hitler contro Picasso e gli altri」

こんな題名だけれど、ドキュメンタリー。
ヒトラーを含むナチス高官が略奪した美術品を題材にした話。

関連する映画だと「ミケランジェロ・プロジェクト」それから「黄金のアデーレ」。
(↑がいずれも随分あっさりなのは公開直後だったからだと思う。ワリと面白かった記憶)

今回の作品の中身は「ナチスと美術品」という記事が詳しい。
数年前の記事なので本作に触れているわけではないのだが、背景として実にわかりやすい。「黄金のアデーレ」は裁判の流れが強くて、もともとナチスの略奪品だって忘れてたのを思い出させてくれたし。

戦争被害の賠償という点について、物損まで含めて、極めて大雑把な言い方をすれば、ある程度の時点で話を付けておけ(決着させておけ)という事になると思うのだけれど、こちらの問題は、被害の発覚が随分と後になって発生するからややこしい。
被害者不明で略奪品だけ突然現れる事もあるので。

.
typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...