パスワードを忘れた? アカウント作成
14087499 journal
映画

hixの日記: 映画「家族を想うとき」

日記 by hix
原題は「Sorry We Missed You」

監督はケン・ローチ。
ハッピーエンドだった試しがない印象。

これはワーキングプア。
ブラックな職場環境って全世界共通?
この映画を観て思ったのは、日本をディスって、海外に出ようったって行く先々で同じ苦労を繰り返すだけだとか、海外の方がより酷いから耐えて頑張れとか。

フランチャイズの本部ってやっぱり無能だわ。
TVその他でバレて話題になるけど、そもそも店でそれを感じる事はよく有る。現場は頑張ってるを通り越して疲弊していて、行き詰まっていて可哀想に思える。
お店で何か食べて、対価としてお金を支払って、お互いに有り難いなぁと思う関係ではなく、同情...安達祐実が昔「同情するなら金をくれ」って言ってたけど、お金を払って同情もするという、なんだか複雑な気分で店を後にする。
まぁ、わたくしにとってはそんな一時の気分の問題でしか無いんだけどね。もう二度と来ねぇって思うから。

意外と娘が一番まとも。お父さんは沸点低いし、お母さんはお父さんの手を塞ぐし。息子はグレるし。

.
typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...