パスワードを忘れた? アカウント作成
14215522 journal
NTT

hixの日記: 商用電源っぽい呪い 4

日記 by hix
いっこまえ

「関東式」で検索すると結納がどうのこうのと出てきて、インターネットの俗っぽさを実感した。
というわけで、本格的な夏に向けて、何やら良からぬ事を考えている中で現れたのがこれ
交流電源周波数ほど、どこかでキッパリと別れるという事が無いので、ワリと大雑把な「関西式」「関東式」という呼び名になっているのだと思う。

.
  • by Anonymous Coward on 2020年06月19日 1時12分 (#3836094)

    交流周波数はたったの2種類ですが
    畳とか瓦みたいな昔からあるものはもっと規格が統一されていません

    https://magokorotatami.co.jp/topics_tatami4-1.html [magokorotatami.co.jp]
    https://kamisei.co.jp/news/12214 [kamisei.co.jp]

    長さの単位を統一したのが戦後なぐらいですから(明治までは尺の定義が各地でバラバラだった)
    規格が統一されてないモノは他にも沢山あると思います

    ここに返信
    • ヒデヨシ「頑張ったんだけどねー」
    • by Anonymous Coward

      尺の定義がバラバラなのは今現在も続いてる。
      たとえば1尺というと通常は約303mmだが、畳業界なんかではそれを新尺と称し、378mmの鯨尺の方を旧尺と称して使っており、
      古くからある建物だと、同じ8畳とかでも実際の大きさに違いがあったりした。(その手の建物は耐震基準がアレで大抵もう残ってないが…)
      まあ今は和室自体が廃れて、基本フローリングで和室は和室コーナーで済ませる戸建が多くなったせいで、
      2m×1mの畳とか普通にある時代だから、斜陽化した畳業界はもうどうでもいいが、問題なのは鉄工業界。
      あいつらは未だに尺とフィートの違いが区別できておらず、たとえば3尺と称して914mmのものをこさえているので手に負えない。
      3尺くらいだと誤差の範疇だが、5尺×20尺板とかになってくるとかなりの違いがでてくる。

      • by Anonymous Coward

        築70年くらいと聞いていた祖父の家は和室ばかりでしたね(畳か板張り)。
        区画整理のために取り壊されてしまいましたが。

        築35年の実家は4LDKで6畳の和室が3部屋、洋室が1部屋です。
        畳ベースで間取りが作られているので、畳が6枚敷けない1部屋を洋室にした形(狭い)です。
        日照の都合で北側の天井も低いぜ!(涙)

        今、都内で家を建てようとすると土地の都合で
        畳がきっちり敷ける部屋を作るのは難しいんでしょうなあ

typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...