パスワードを忘れた? アカウント作成
14228889 journal
OS

hixの日記: 梅ジャムの呪い

日記 by hix
いっこまえ

今年もジャムる。

昨年のエントリでは作り方はwebを漁れば出てくるみたいな事を書いていたが、それでは不親切なので、作り方。
種を剥がして、砂糖を加えて、煮る。以上。...ざっくりしすぎ。

まずは梅酒の梅の注意点。やたらと日持ちする。...注意点ではないなこれ。まぁしかし、日が経ってしまって諦めて捨てるのは勿体無い、ぐらい。

一般的な手法によれば、まずは梅を茹でろみたいな事が書かれてある。
アク抜きの目的らしいが、下茹で無しで苦くなったことはないので、必須という訳では無いように思う。茹でたら味が薄まっちゃう気がするし。
また、青梅の種離れの悪さは多少茹でたところで変わりはないように思う。
酒はジャムを煮詰める時に抜ける。多分。

種を剥がす時の道具は匙が良い。エッジの立ったやつ。最近の物だとあまり見掛けない。
計量スプーンはまだそういうタイプが残っているが、樹脂のものに押されているからそれも厳しいか?
注意点。わりと滑る。

砂糖の分量。昨年も書いたが、一般的には梅1Kgに200g〜500gぐらいらしい。
今年は余ってた砂糖が140gだったので、それで済ませた。
砂糖を入れると浸透圧で水分が出て緩くなる。
ということは、砂糖を多めに入れて固さを出すには、それだけ水分を飛ばすという事になる。
固さという点では、レモン果汁もワンポイントになるらしい。梅が酸っぱいのに柑橘系の酸っぱさを足さなくても...という印象はあるが、煮詰める以外で固さを加えたい場合はお好みで。少なくとも味の邪魔にはならない。

皮が気になる場合は煮る前にフードプロセッサーでガーッとやる。
わたくしは気にしないからこの行程は省くが、たぶん砂糖を入れた方が水分が出る分、やりやすいのではないだろうか?

最初の方で、梅酒の梅は日持ちすると書いたが、ジャムにしたらそうはいかないので、早めに使い切る。

.
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...