パスワードを忘れた? アカウント作成
14233427 journal
映画

hixの日記: 映画「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」

日記 by hix
なんとなく、青春ものの映画かな?とか思って、とりあえず観ておくか...ぐらいで考えてたら、ウディ・アレン監督作品であった。

相変わらずはちゃめちゃ。必ず何かが起こる。あれヘタしたら不審者じゃ。
しかし、彼の作品の中でもワリと解りやすい方だと思う。
結末は少し「ミッドナイト・イン・パリ」っぽい。そういえば、あれも馬車だった。

なんか有った模様
なんでこうも極端なんだろう。
報酬を寄付したとか、常の行いではなくこのタイミングでの寄付というのはつまり、救済や援助を必要とされている人をダシにして、ウディ・アレンを攻撃するって事よね?
そもそも、ウディ・アレンのこの疑いはこの映画を撮る前に解ってる事であり、それ知らずに出演なんてありえない訳で、後悔だ何だ言って何になるんだろ?単なる落ち度じゃん。
まぁ、情勢に流されなきゃならない立場なのかも知れないけど、だとすれば大変だなー(棒)

.
typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...