パスワードを忘れた? アカウント作成
14996257 journal
映画

hixの日記: 映画「瞽女 GOZE」 5

日記 by hix
本人

盲目の音楽家の話し。
どうやら、わたくしの家にも瞽女さんが来たことが有るらしく(小林ハルかどうかは不明)、曾祖母がその話しをよくしていたそうだ。

盲目の人が生きていくには今よりもずっと大変だった時代で、親から「おれが死んだら誰もおめーの面倒なんか見れねーんだぞ」と言い聞かされ、それが脅しでもなんでもなく親が病などで早々に亡くなってしまって、本当に盲人が一人で生きていかねばならず、その切実さゆえに幼少期の育ち方や修行が過酷である。
というわけで、映画はもう「おしん」と「巨人の星」を足したみたいな、ひたすら努力と根性の物語となる。

雪と三味線の組み合わせから、青森かと思ったら、新潟の話しであった。

(新潟なので)小林幸子が登場。妙なありがたみがある(役も中の人も)。

サワ親方。優しくて頼れる人。さすがサワさん。中の人はおしん。

.
typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...