パスワードを忘れた? アカウント作成
15221752 journal
映画

hixの日記: 映画「わたしの叔父さん」

日記 by hix
原題は「Onkel」

デンマークの映画。

ヌテラ。これが最初の台詞。
その前から、テレビから流れるニュースの音声で時代設定を表していた。北朝鮮のミサイル発射とか核実験とか、トランプ大統領がキレたとか、サミット反対のデモとか。
終盤はいよいよテレビが壊れて、時代設定がわからなくなる。

叔父さんと暮らす女の子クリスが変人。変人というより異質。
映画の冒頭から暫く、叔父さんとの関係や心理や価値観などが少々謎めいた感じで進行して、この女の子は何だろう?と好奇心を抱ければ良いのだが、見え方が異なると他人の好意を蔑ろにするクソガキと感じてしまうかも知れない。

ハーベスターやらトラクターやらの農機が登場。

クリス家の車は何だろう?MT車。
獣医ヨハネスはトヨタ車、彼氏マイクはシトロエンだった。

体の不自由な叔父さんと農場に縛られる。
農場に縛られると言えば、SWのルーク・スカイウォーカーもそうだった。

回転寿司。箸はすぐには使えない。

.
typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...