パスワードを忘れた? アカウント作成
15751432 journal
交通

hixの日記: 追い越し車線の呪い 5

日記 by hix
信号待ちのトラックの後ろにいた車が、信号が変わって発進してから交差点内で車線変更してトラックの前に出ようとした。
その交差点の先は、それまでの2車線が走行車線(左側車線)が無くなる形状で1車線になる道路で、合流車線はそれほど長くない。トラック、当該の車、わたくしの3台は、その先で車線が無くなる手前なので右車線に寄っている。つまりトラックの後ろの車両は、交差点内での車線変更に加えて左車線を使っての追い越しという違法行為を重ねて前に出よう、という訳である。
追い越される側のトラックの運送会社は普段からワリと走行速度が速い印象があって、それをこの単距離で追い越そうって大丈夫かぁと思ったら案の定、ギリギリというより路肩まで使ってなんとか前に出た。

最近の車は遅い...と、圧倒的に非常識な車に乗っているわたくしが言って説得力の欠片も無いのだが、それを整備に出して親の軽トラを借りて乗っている時に、それが気になる。
信号が変わって前に出ると誰もついてこない...という事が頻繁にある。ジジイのボロ軽トラより遅いってか?

二日ほど前、高速道路...と呼びたくないような、ところどころしか2車線にならない有料自動車道路にて、2車線になったところで、前を走っていた3台のトラックのうち前から2台目のトラックが先頭のトラックに追い越しを掛けた。車体や就業規則に掛けられた速度規制があるから、そんなに速度差を出せないだろう。そんな2台のトラックで前を塞がれてしまったので、わたくしが前に出る事は諦めたのだが、2車線区間も終盤となった所で、わたくしのすぐ前の(3台目の)トラックも前に出ようとした。結局すぐに走行車線に戻ってきたのだが、先に追い越しを掛けた2台目のトラックは、追い越し車線が足りなかった上に合流も出来なかったという何とも不思議な状況に追い込まれたらしい。追い越し車線の端っこの斜めの矢印の上で立ち往生となっていた。
あれはまぁ...先頭のトラックが悪趣味だったのだろう。

.
typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...