パスワードを忘れた? アカウント作成
15798966 journal
映画

hixの日記: 映画「百花」

日記 by hix
時折ボケたのは息子のほうなんじゃないか?と思う事は有る。

お母さんが1年間男と逃避行。阪神淡路大震災(1995年)までなので、失楽園ブーム(1997年)の少し前。
なんで子供置いていったのか謎。相手が家族を捨てて自分と逃げたのだから自分も家族を捨てなければという使命感からか?
子供はどうして暮らしていたのか謎。祖母に電話したっぽい。生まれた時から父親は居ないと言っていたので、逃げたお母さんのお母さんという事になるんだと思われる。
逃げた男は多分震災で死んじゃって戻って来て、それでまた息子と一緒に暮らしたようだ。「1年ぐらい男と逃げて居なかった時期があった」と言っていたので多分そうなのだろう。
なんでこんなヤバい母親の元に戻した?周りの大人は何なんだ。
厄介ごとからさっさと解放されたかったのか祖母。祖母でなければ児童相談所事案で母親が戻って来たら育児放棄も無かったかのように元通りという事になるのか?

ここの描写が何やら“美しい思い出”みたいになってるけど、これって、安アパートに母子二人で暮らしている所にチンピラみたいな男が転がり込んできて、連れ子を虐待したり母親から100円渡されて「夕飯代ね。暫く外で遊んでなさい」って閉め出されるのと何も違わないんじゃ...

...なんか、ダメっぽい謎。

愛なんか無い。

.
typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...