パスワードを忘れた? アカウント作成

Idle.srad.jpは、あなたの人生において完全な時間の浪費です。見るなよ、見るなよ。

15499579 journal
英国

hixの日記: W1/4の呪い

日記 by hix
いっこまえ

M6だと思ってボルトを買いに行ったら違ってた。
手持ちのボルト(狭意には棚の足(後述))を店のテスターのM6に差し込んで確かめたら違っていて、隣のインチねじのテスターで合うナットが有った。
W1/4って何だよ?売ってるのか?と探したら一応売ってた。長さのバリエーションは少ない。
15498514 journal
映画

hixの日記: 映画「君は永遠にそいつらより若い」

日記 by hix
予告編でずいぶんアクロバティックなシーンが有ったなぁと記憶の片隅にあったら、終盤に出てきた。
「殺意の道程」で美人の占い師だった佐久間由衣。クレジットの字面で思い出した。

過去の出来事はそれとして、恐らく近年はなんか変なものに遭遇する引きの強さみたいな能力がある猪乃木さん。
言葉のテンポというかテンションの低さみたいなものが池松壮亮っぽい奈緒。

朝起きて歯を磨くみたいに人は死ねる。多分そうだと思う。だから人は死に抗う。
15498509 journal
映画

hixの日記: 映画「MONOS」

日記 by hix
予告編では時代も場所も定かではない事になっていたが、コロンビア内戦がテーマらしい。
「地獄の黙示録」っぽいのか?と思ったら、そこまで難解ではない。むしろ解り易い。

なんらかの人質となっている博士。こんな兵隊の元で囚われの身になっているのが不憫。もっと話が解って扱いも適切な組織の所だったら良かったのにね。

牛が貴重品ってインドみたい。

とにかく体力勝負。激流の川下りはどうやって撮ったんだろう?

メッセンジャー氏(の中の人)は何者?
元世界チャンピオンか何かか?
15498501 journal
映画

hixの日記: 映画「梅切らぬバカ」

日記 by hix
梅の木はどうしたんだろう?
たぶん植えたんだろうけど、搬入も大変だったんじゃないかな?

ここまでガッツリ加賀まりこを観るのは多分「麻雀放浪記」以来。
江戸のおっかさん。すごいな。

家庭料理が種類豊富に出た。
梅の実はすりおろして絞ってた。

松村邦洋だと思ったら林家正蔵だったでござる。

あちこち多くを語らないのが良い。
15497701 journal
映画

hixの日記: 映画「サウンド・オブ・メタル」

日記 by hix
耳への負担が強大なのは、軽音楽家(特にヘビメタ方面)の共通の悩みか?

見た感じ素行が悪そうで(実際、薬物中毒の中断期間中らしいし)、自暴気味なんだけど、意外と更生する。
実は根はまじめなのだろう。

コミュニティの先輩ジョーが「治すのは耳じゃなくて頭」と言っていたように、社会との付き合い方とか社会の中の立ち位置や役割といったところで自分の存在意義を確立できれば良いのだろう。

終盤、ルーの家に行く。
街に自転車が多いのは、フランス?(クレジット見た感じベルギーっぽい)
ルーの実家に問題があって、トレーラーハウスでの生活が実は快適だったようだが、ルーベンに対しては不安があるっぽい。
15497696 journal
映画

hixの日記: 映画「くじらびと」

日記 by hix
インドネシアの小さな漁村のドキュメンタリー。

海がきれい。

漁師の息子でも船酔いはする(初めて漁船に乗ったらしい)。
スタッフは大変だったんじゃないかな?

マンタは危ない。
本作の製作中に命を落とした漁師さんもマンタ漁の時だった。

クジラ漁。
何艘もの船。何頭ものクジラ。入り乱れての漁となる。
ロープからまったりしないのかな?
あれだけ巨大な体に手持ちの槍一本で挑むんだから、致命傷を与えるのは相当な技術が要る。

船も手作り。
設計図とか無い。かなり適当に作っているが、命がけのクジラと戦う船なので、こちらも実は相当な技量で作られている。
いちおう船外機は有るんだけど、漁の時には他の船に預けるらしい。破損の回避と、人手の操舵が必要で、あまり役に立たないのだろう。

獲った肉は日持ちするのかな?
海水で洗って干しているようではある。
15497690 journal
映画

hixの日記: 映画「聖地X」

日記 by hix
予告編のタイトルコールはオダギリジョーかな?

これ...ホラー映画という事になっているけれど、実態はSFミステリー。昔でいうと眉村卓とかあの辺り原作の方面の。
そこらへんのイメージが食い違うものだから、多分それで評価を落としているもったいなさはある。
基本不真面目だし。

ノリノリの星野先輩。
人んちの旦那をつかまえて「なんか軽い」とか暴言を吐く。

除霊の儀式。出席者の困惑したけげんな表情が良い。
痛そう。

“金持ち”という設定は色々と便利。
赤川次郎の小説って結構そういうの多かった印象がある。

一番怪しいの兄ちゃん。
15497681 journal
映画

hixの日記: 映画「草の響き」

日記 by hix
函館シネマアイリス25周年記念作品。だそうな。

テーマが暗いんだけど、函館出身の佐藤泰志が原作だからか?

夫婦喧嘩している時の犬の表情が良い。

まじめすぎると精神を病む。
いかりや長介が「だめだこりゃ」と言いそうなラスト。
15496842 journal
おもちゃ

hixの日記: 輪投げの呪い

日記 by hix
(欲しい物の名前が解らなくてもどかしい話)

10年ほど前に、東京の宿舎の準備をしている時期に、近所の家具屋の閉店セールを見に行った。
正規に買ったら高そうな食器棚が閉店価格で、いちおう候補に挙げていたんだけど、奥行の深さが台所の狭さに合わずに、結局は東京インテリアで程々のやつを買った。

買うのを見送った高そうな食器棚には、大きな引き出しの中に輪投げの的みたいな棒がいくつも立っていて、あの時は何に使うのか謎だったが、最近、職場のキッチンで何枚もある鍋の蓋を収納するのにあれが便利そうだと思い出した。

「drawers pegs」で画像検索すると正体が分る。
おおよそ、皿を重ねて収納する時に、それらが滑らない仕切りとして棒が機能するらしい。
あれを最初に見た時は、棒それぞれにグラスとかカップとか乗っけるのかな?なんて思ってしまった。
鍋の蓋は重ねるのではなく立てて並べる収納だが、仕切りさえあえれば可能だろう。
15494621 journal
映画

hixの日記: 映画「ブライズ・スピリット」

日記 by hix
死んだ奥さんの幽霊が来ちゃう話。死んでも元気。死に方も元気(?!)だったらしい。

幽霊呼んだ霊媒師は、死んだ夫さんの幽霊を召喚するという野望を持っている。
ハイランダー連隊の兵士との事。多分1分80歩の歩き方をする。足が有るかどうか解らんが。

人が死んで悲しいどころか何か楽しいことが起こる予感がするという映画も珍しい。
まぁ不謹慎ではあるけれど。

英国の映画なのに英語が解りにくい。
15494612 journal
映画

hixの日記: 映画「復讐者たち」

日記 by hix
原題は「Plan A」A計画。そいや「PLAN B」という映画制作会社が有るね。

ドイツの映画で物語もドイツの話なんだけど、喋っているのが英語。
しかしながら解りやすい英語。

話としては、戦後にナチス残党を探し出して私刑で処刑しているんだけど、もっと過激なグループがヤバい事やるっぽいから潜入してどうにかしろって流れ。
ワリとスパイ映画。
最初の(比較的まともな)組織に加わる所からスパイ要素。

捕まえた死神が入っているズダ袋。クレイジーなおっさんの餞別。
ちょっとファンタジーというかおとぎ話的。

A計画が成功していたら、火消しが大変だったろうなぁ...
15493553 journal
映画

hixの日記: 映画「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」

日記 by hix
豪華キャスト(なのか?)で送るB級映画。
予告編は仰々しいが、どうなんだこれ。

意外と園子温って縁がなくて、たぶん今回が初めて。
展開に疾走感が皆無って特徴なのかな?血の粘度が染みついているというか...

ニコラス・ケイジ...恰好良いと思った事無い。なんか丸いし。
15493488 journal
映画

hixの日記: 映画「土竜の唄FINAL」

日記 by hix
最終回。
全裸多い。まぁ今回に限らないけど。

暴力団組長、組長、と来て跡目の鈴木亮平。

大丈夫なのかと心配するぐらいに歳取った岩城滉一。
15493486 journal
映画

hixの日記: 映画「ひらいて」

日記 by hix
三角関係...そっち?
かぐや姫の無茶振りって意外と身近だというか、現代でも実現可能なんだなぁ。

ワリとユルい学校を出てるけど、夜の校舎に侵入した経験は無いわ。
で、あそこでスタント使ってる訳ね。

綿矢りさ原作作品って「私をくいとめて」「勝手にふるえてろ」と観てる。
学園ものでもやっぱりこの路線か?

新藤美雪の中の人、芋生悠って木村多江っぽい。
typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...