パスワードを忘れた? アカウント作成

hoeさんのトモダチの日記。 みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

13895181 journal
お金

torlyの日記: 雨雨繊維

日記 by torly

非営利病院の慈善的イメージを売り込む
 1992年の記事。まだ昨日の話の続きらしい。非営利病院の慈善的性質を宣伝することは、病院の生き残りに資するだけでなく、真にサービスを必要とする層の助けになると。せやな(そして結果として出費が増えるというジレンマが…!!)

人的資源の品質管理。提供者は教育、パフォーマンス管理、報酬システムへの注目から始めるべき
 1993年の記事。タイトルには含まれていないが顧客からのフィードバックは必須(医療の話だし)。

次期会長指名は医療とAHAの未来をまなざす
 1993年の記事。Mary A. GraysonによるHenry Ford Health SystemのCEO兼会長へのインタビュー。ここの統合システムは他の数光年先をゆく(ほぼ原文ママ)みたいに書いてあるけどどうかな

組織のパフォーマンスと適応: 役員構成の変化における環境とパフォーマンスの効果
 1991年の記事。290のカリフォルニアの病院からの7年間に及ぶデータを、パフォーマンスが組織の環境変化への適応のモデレータではないかという仮説に基づき、役員会の構成変化を外部の変化し続ける偶発的事態に適応するための組織の努力として従属変数とみなして分析(長い…)。結果として適応の努力という点では合っていたが、パフォーマンスによって異なることが分かった。具体的には低パフォーマンスだと変化を望みがち。

カネカ、太陽光発電の最高効率記録を更新
 タレがないのは勿論のこと、普通の太陽光発電のアレに埋もれて検索で情報がでてこない…「カネカ 最高記録」だと一発だけども
http://www.kaneka.co.jp/service/news/n20170825/
 貫禄の無反射。

13894032 journal
お金

torlyの日記: 雨繊維

日記 by torly

YOUはどうして非営利を? 病院と米国の医療の将来
 1992年の記事。まず営利団体との競争があり、その後免税の問題が来た。背景にあるのは医療セクターの商業主義化、根強い無保険者問題と免税の一貫した根拠の欠如。連邦レベルでは許されても、地元自治体との摩擦は続きそう。

まかり通るコミュニティベネフィット。病院免税法に抜本的改革は必要か?
 1992年の記事。上でもほのめかされた(?)非営利病院の免税条件に関わる法変更のお話。コミュニティベネフィットから貧困対策寄りの基準が提案されているという(※1992年のお話です)。一方で、任意寄付制病院における未償還医療費の割合は81年の7割から89年の75%に変化している。貧困対策基準では、コミュニティベネフィットが病院やコミュニティにより大きく異なるという性質を考慮に入れていないという点で問題を抱えている。

改定か現状維持か。免税基準の改革を多くの視点から見る
 1992年の記事。また同じ話題。現在(※92年)のコミュニティbr根フィット基準では、無差別にMedicardなどの公的プログラムでカバーされている人を治療し、また救急部門に運ばれた人を支払い能力の如何を問わず治療するが、90年のGAOのレポートはより慈善事業よりの免税基準を設けるべきであると示唆した。これを踏まえて2人の民主党議員がH.R. 790とH.R. 1374を提出。790ではオープンドアポリシーと該当患者の数が、1374ではIRSのコミュニティベネフィットの解釈を成文化し、慈善事業ケアとしての要求水準に加えている。

慈善的貢献を測定する: 非営利病院の免税地位に対する含意
 1993年の記事。一部の非営利病院が自分たちの税制上の特権を守るべく慈善事業としての貢献度を測る試みに85年から取り組んでいる。著者は562のカトリック系病院のサンプルを用い、そうした尺度には複数の異なる手法があり、それぞれにメリットとデメリットがあると示そうとしている。サンプル間のばらつきは病院のシステムよりは利用者コミュニティの性質によるものらしい。実質的にあらゆる非営利病院に免税の正当性を問う場合において議員らは正しく、病院の経営者はMedicareとMedicaidの非払い戻し文を吸収すれば正当化可能だという。

幼児の脳の発達と読書に相関あり
 早くからの読み聞かせに読書能力を伸ばす神経学的な意義があるという初の発見。

13892311 journal
NASA

torlyの日記: カフェイン切れだった繊維

日記 by torly

品質を養う。CQIはシステムのメンバーに効率的で効果あるケアを利用者に提供するのを助ける
 1992年の記事。SSM Health Care Systemの事例。

コミュニティケアネットワーク: 医療改革の隅石
 1992年の記事。米国の医療提供システムに対する改革の呼び声には、保険の拡大と支出の調整といったものも含まれている。しかしそれでは支出を抑えるどころか、結局増やすだろう。著者によれば、問題を解決する真の改革は抜本的な制度変換のみであり、それは人頭割報酬支払で賄われるコミュニティケアネットワークの設置だという。

米国流ユニバーサルヘルスケア: 医療改革への単基金アプローチ
 1992年の記事。内容はあまりないよう…

米国の医療費を抑制する: どこから切り詰めるべきか
 1991年の記事。内容はないよう

重力波に形成された火星の雲
 マーズローバーにより撮影された、火星赤道付近の雲。

13891766 journal
ビジネス

torlyの日記: 眠くないと思ったら眠かった繊維

日記 by torly
13890931 journal
お金

torlyの日記: kyoumonemukesenni

日記 by torly

コミュニティは合併から利益を受ける
 1992年の記事。Health Oneの会長兼CEOへのインタビュー。

患者中心のケアは病院中に利益を与える
 1992年の記事。Sentara Health Systemsの副会長兼COOへのインタビュー。

13890240 journal
NASA

torlyの日記: ううっ眠気繊維

日記 by torly

パーカー氏、ビジョンを語る
 1990年の記事。ついにタイトルまで中身がなくなってきたぞ…非営利医療システムのCEOに対するインタビューである、一応。

システムは困難に直面する
 1991年の記事。Christian Health SystemのCEOへのインタビュー。

フォート・サンダースは選択肢を増やす
 1991年の記事。Fort Sanders Allianceの会長へのインタビュー。

未来のために病院理事会を設計する
 1990年の記事。Lancaster General Hospitalの会長兼CEOへのインタビュー。

システムにはビジョナリーが必要である
 1991年の記事。このインタビューシリーズ、少なくともあと1日分ぐらいあるぞ…これはArnwine Associates(コンサル会社)の元COO・現会長とのインタビュー。もう何がなにやら。

SpaceX、アルカディア平原を着陸候補地として挙げる
 記事の内容はおおむねこの記事と同じだけどこれはなかった。
https://science.srad.jp/story/17/03/27/0814252/

typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...