パスワードを忘れた? アカウント作成
11987133 journal
日記

hylomの日記: UbuntuとCentOSどっちがいいの? 答えはDebianです 5

日記 by hylom

UbuntuとCentOSどっちを選ぶべきか、というのはよく聞く話だが、UbuntuとCentOSどっちがいいの?正しいサーバOSの選び方 - lamichの日記 - 海外でイラスト制作を行う社長のブログというブログで、「圧倒的な差をつけて世界で一番使われているサーバーOSがUbuntu だ」という理由でUbuntuがおすすめされている。シェアが多いもの、今後シェアが伸びそうなものを選ぶというのは、確かに選択の理由としては一理ある。

だがしかし。シェアを調べるのにGoogleトレンドを使うのはどうなのよ。

このブログでは「centos server」という単語と「ubuntu server」という単語をGoogleトレンドで調べるとubuntu serverの方が圧倒的、だからシェアも圧倒的と主張しているのだが、これを信じるならubuntu serverよりもwindows serverのほうが圧倒的なシェアを持っていることになってしまう(Googleトレンドでの「ubuntu server」と「windows server」との比較結果)。

さて、サーバーOSのシェアの話であるが、Q-Successというコンサルタント会社の調査部門W3TechsがWebで使われているさまざまなソフトウェアや技術のシェア調査結果を公開している。これによると、Webサーバーとして使われているOSのシェアはWindows系が32.3%、Linuxを含むUNIX系が67.7%となっており、またUNIX系におけるLinuxのシェアは52.8%(全体から見たシェアは35.7%)。そして、ディストリビューション別で見るとトップはDebianとなっている。

Linuxのディストリビューション別シェアはDebianは32.3%、Ubuntuは26.5%、CentOSは20.4%、Red Hatは4.5%、Gentooは2.1%、Fedoraは1.4%。CentOSとRed Hat、Fedoraを足すと26.3%で、Ubuntuとさほど差はない。

とはいえ、UNIX系のうち45.8%は「Unknown」となっているため、正確な数字は分からない。また、これはWebサーバーに限った調査なので、他の分野では異なる数字が出る可能性がある。あくまで1つの調査結果として見るのが良いだろう。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

読み込み中...