パスワードを忘れた? アカウント作成
541086 journal

ijipokaの日記: 春節

日記 by ijipoka
神戸市立博物館で開催されている"ナポレオンとヴェルサイユ展"を見た帰り春節祭でにぎわっている中華街にぷらっと寄りから揚げを片手にぶらぶらしていたら私の右腕がぐぐっとひっぱられふと見ると親戚のおばちゃんだった。

また一人でぶらぶらしていることがばれちゃった(orz
543555 journal

ijipokaの日記: 病院とおばあちゃんと晴れ着 2

日記 by ijipoka
相変わらずおちょくられながら通っていますよリハビリに。
最近ふと気がついたのです。
リハビリ室での会話に私は和まされていると。
若者スタッフとおばあちゃん・おじいちゃんの会話に
なぜか気持ちが微笑んでしまうのです。

95歳のおばあちゃんの耳元で28歳男性スタッフが大声でゆっくりと
「おばあちゃん平均寿命って何歳かしってる?今は120歳だよ。
だからあと40年がんばろーね」

とか声かけてるんですよー。
これも仕事だからと言ってしまえば終わりですがね。
若者とお年寄りのこのような風景を普段あまりみかけないので
ほのぼのとしてしまいますの。

おばあちゃん娘だった私。病気がちの気丈なおばあちゃんだった。
小さい頃からよく病院に付き添ったり、入院しているおばあちゃん
の所に、ランドセルをほったらかしで帰宅後一番に病院に遊びに行ったりしてたなー。
大好きだったおばあちゃん。だから病院に行くのが楽しかった。

今日は成人の日だね。私の成人の日、、、
成人式の後、病院にいる危篤状態のおばあちゃんに晴れ着姿を見せに行った。
すごく私のその姿を楽しみにしていたおばあちゃんは、
満足して翌日天国に行っちゃった。
おばあちゃんの中では一番輝いている私の姿を焼き付けてね。

おばあちゃんに怒られないような責任ある大人になろうと決心した
成人の日でした。。。
544758 journal

ijipokaの日記: 今年も心のお世話になりました 2

日記 by ijipoka
すごくすごく迷い年の一年でした。
ずっと考えながらなにかをしていました。

右に行けばいいのか左に行けばいいのか。
少し休んだらいいのか休まず前進したらいいのか。

とにかく臆病な一年でした。

来年は今年よりも少し大きな歩幅で歩こうと思います。
今年よりも少し大きく手を振って歩こうと思います。

皆さん来年もよきお友達でよろしくお願いしますねー。
よいお年をーーー。
400905 journal

ijipokaの日記: 聖なるクリスマス日記(地獄絵編) 2

日記 by ijipoka
女たちのクリスマスぱーちーに行ってきましたよー。
今回も強烈だった。。。

まずは、シャンパンでかんぱーい!
そして、差し入れの久保田(万寿)をちょびちょびいただきながら
チーズフォンデュを楽しむ。意外とチーズと日本酒もあうねー。

その後白ワインを2本あけ赤ワインへと流れていく。
私の復帰祝いだからと好きなワインをセレクトさせてもらえたのさー。ふふっ。
すべてリボンラベルがついているお高いワインを選んでやったのだ。へへっ。

・・・・・・酒豪達の勢いはとまらない。

友達お手製のトマト鍋がうまうま絶品。キャベツとトマトはすごくあう。

将来の夢でバーを経営したいという友達のために、ワインの抜栓の練習だーい。
と次々赤ワインが。。。

・・・・・・勢いはどんどん加速する。

そして少し?開放的になったおんな達が集まったこの部屋は
女子高の更衣室状態になっていった。。。

話題が胸の話になり、そして、ブラジャーのつけ方講義が始まったのだ。
ここからはまさに地獄絵。

巨乳の一人がこうしろああしろと一人の胸を必死にまさぐり、
おっきく綺麗に胸が見えるブラジャーのつけ方を教え始めた。

まさぐられおんなも最初は「きゃーまるでレイプされているみたいー」と叫びながらも皆に、
「谷間できてんじゃん」と言われたら嬉しげに化粧台に走り飛び上がって喜び
私達にエロポーズをとって見せてくれた。

そして、、、いい加減疲れきったおんな達は、最後にコーヒーとクリスマスケーキをいただき、
そして後片付けをし、家路に。

はい、五人で8ボトル。

すごい。これって記録物です。

といいますか、あまり自慢できないですよね。
typodupeerror

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

読み込み中...