パスワードを忘れた? アカウント作成

ijumiさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのTwitterでストーリをフォローしよう。

15427931 journal
日記

ijumiの日記: 天地無用 1

日記 by ijumi

トップディスカッションにもなってる

『昇順』と『降順』が覚えられない、共感の声であふれる
https://it.srad.jp/story/21/09/22/014222/

が面白くて色々な想起が沸き起こって来たのですケド、
似たような表現で混乱を招く「天地無用」という言葉をググってみたら、
文化庁のHPにある解説が面白かったので、ご紹介したくなりました♪(^_^)v

「天地無用」の荷物は,どう扱うか。 - 言葉のQ&A - 文化庁
https://www.bunka.go.jp/prmagazine/rensai/kotoba/kotoba_008.html

やはり結論としては、不適切とまでは言えなくても、改善の余地は十分ある
って読めました。。

# いいトシになるまで逆の意味で理解していたワタシです(>_<)

15418871 journal
日記

ijumiの日記: [USB] 意外なチェック漏れにショック(T_T)

日記 by ijumi

しくしく(;_;)

[Matrox] まだまだ生きてるFTP
https://srad.jp/~ijumi/journal/649527/

で、

>Intel「DK440LX」の再生に続き、手を付け始めたASUS「XP55T2P4」の再生計画ですが、
>本日、無事に全面解決♪(*^^*)ノ メデタシメデタシ

と豪語していたのですが、XP55T2P4でシェイプアップしたインストール環境を
DK440LXにも適用しようと、Windows98SEの再インストールしたのですが、
USBマウスのドングルを付けて認識させ、再起動した時に、その異変が発生しました。

 エ? 何で? どうして? さっきまでフツーに動いてたのに…(T_T)

どうやらWindowsの終了ができないようでしたので、仕方なくリセットボタンを…
ところが、それもヘンです。全くリセットされる気配がありません。
まるでハードが壊れてしまった時のような、強烈な「動かなさ」です。

ここでの解決は早く、取り敢えず直前に行ったUSBマウスのドングルを外して、
リセットボタンを押すとフツーに動き出しました。

 ドングル壊れてるの? でもドライバ入れたらマウス動いてたじょ? 何ソレ。

そこで、丁度Quick Bootを外していたので、メモリチェックをしている間に、
ドングルを挿してみると、何と! メモリチェックが止まってしまいます。
つまり、ドングルを挿すとBIOS自体の動きが止まってしまうのです(@_@)
またドングルを抜くと、中断状態だったメモリチェックのカウントが進み始め、
PCは何事も無かったように立ち上がりました。

そして、その状態でドングルを挿すと、フツーのUSB的にマウスは使えます。
HIDドライバもダイナミックに組み込まれています。

 ドングルちゃんは壊れてナイ! コレは絶対ハードぢゃナイ!!

少なくとも物理層は正常そうです。そうなるとヤバいのはBIOSの設定です。
見聞からは「USB Legacy Support」だったかをDISる必要があるそうなのですが、
試してみてもやっぱダメ。

弄り倒しているうち、Safe Modeになったりしたせいで、折角セットアップした
OSのジャットダウン動作までおかしくなったりで、悲惨な状況へ…(T_T)

 ドングルドングル、ドンドンどんぐる、キミは一体何者デスカ♪ (※鼻歌)

USBケーブルを変えてみたり、ハブを介してみたりしても、ダメダメ。最後に
やりたくはなかったのですが、ハード的な異常がないのなら心配もなかろうと、
メインPCで使ってるLogicoolさんトコのドングルを挿し込んでみたら、、
あらあら、フツーに立ち上がるではありませんか!!

 にゃ~るほど。これはE社マウスのドングルがワガママなのかも知れにゃい。

何しろ、マウスのドングルくんは、あの小さなボデイに32bitCPUが組み込まれて
いるそうですから、論理的なコネクション部分で問題が出てるようです。

そこで、E社のサポートサイトに出向いてみると、「BIOSで解決できない時は、
OSが立ち上がってからUSBを接続するようにしてください。」とのコト。

 でもさ…これ、マウスなんだよね…(>_<)アリエナイ

ちなみに、より古い430HXなXP55T2P4では、ドングルを挿しっぱなしでも
問題も無く立ち上がって動いていたので、E社の問題なのかIntelの問題なのか、
よく分かりません。

Netで調べてみると、マウスではない他のUSB機器でファームをバージョンUpを
しているメーカーも見られます。
Logicoolさんトコのでも動くので、E社の過失割合が高そうな予感なんですが、
何分にもDK440LXは20数年近く前のマザーなので、USBのバージョンも古く、
相性問題は目を瞑るしかないのカモ知れませんネ…(T_T)

15414171 journal
日記

ijumiの日記: [Matrox] まだまだ生きてるFTP 1

日記 by ijumi

Intel「DK440LX」の再生に続き、手を付け始めたASUS「XP55T2P4」の再生計画ですが、
本日、無事に全面解決♪(*^^*)ノ メデタシメデタシ

[Win98se] やっとネイティブマシンが稼働開始♪
https://srad.jp/~ijumi/journal/648291/
[DK440LX] この当時のインテルは、本当に素晴らしかった?
https://srad.jp/~ijumi/journal/648698/

と言うのは、上記では触れなかったのですが、実はDK440LXで一つだけでしたが、
「宿題」が残っていました。

安定性も全く問題なく稼動しているのですが、MIDIファイルをメディアプレイヤー
(Ver.6.4)で演奏させると、何故か演奏している音楽のテンポが狂います。
壁紙の上だと問題無いのに、ウィンドウ上でマウスを動かすと遅くなるようです。

 「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
 「ナニこれ?! 何コレ?!」

CreativeのAWE64用ドライバも最終のモノ(英語版)だし、Matroxの「MGA-G100」用
ドライバも最終なハズです。CPUもPentium2の300MHzだから、いくらソフトシンセ
でCPUパワーが必要だからと言って、そこまで足が引っ張られるとは思えません。
クラシックなペンティアムでさえ、そんな悲惨なコトになったコトも有りません。

まるでキツネにツツマレタ(※正しくは"ツママレタ")ような気分で、
ネットで世界中を調べても、そのような問題事例は引っ掛かって来ません。

「う゛う゛…わからにゃい(;_;)」

まぁ、そういう時は、いくらテンパって焦ってもスグには解決しないコトが多く、
行方不明になった探し物みたいに、ヒョンなコトから解決したりしますので、
「まぁぁぁ、Midiだけの問題だから、宿題として残しておくにゃん!!」とばかり
積み残にしていたワケです。

   §

この宿題の解決は、続くXP55T2P4のセットアップがヒントになりました。

[ATXケース] ずいぶん前からPC自作派が減ってるようで…
https://srad.jp/~ijumi/journal/648880/

一通りハードウェアの問題を解決して、ビデオカードをMatroxの「Millennium」
から、後継の「Millennium II」に差し替えたのですが、何故かサウンドカード
(SB16SCSI)のデバイスが「!」状態になって、音が出なくなってしまったのです。
リソースをチェックしても、競合らしいものは起こっていません。

「およょぉ? ISAだから悪いの? 設定難しいし、なじぇにドライバ入らんの?」

リソースを手動でムリヤリ指定しても、やはり設定には反映してくれません。
後継品だから…と、単純に差し替えればPnPが適当に設定してくれるだろうと
思っていたのですが、そこはWindows98SE。そうそう簡単では無いようでした。

そこで、改めてHDDをフォーマットしてクリーンインストールを行ったのですが、
……やはり結果は同じです。

「う゛う゛う゛…わからにゃい(;_;)」(Part.2)

もうイッソのコト、旧「Millennium」で納得してしまおうかとも考えたのですが、
VRAMが2Mしか無く、SXGAでは256色止まり。一方、手持ちの「Millennium II」は
4Mあるので、SXGAでもトゥルーカラーで表示できます…
ここは何とか捻じ伏せるしかありません。

「これはいちお、一世を風靡したビデオカードなのに、
 Windows98SEで使えないナンテ、ヘン!! 絶対ヘン!!」

「何か欠けてるモノがあるハズ…ん? んん? もしかして…まさかぁ…デモ……。」

あと考えられるコトと言えば、ビデオカードのBIOS位です。
しかし、手元のアーカイブを探っても、Matroxのビデオカードに関するものは、
見つかりませんでした。
時代的に考えても前世紀ですから、Archive.orgさんでも99%頼れないハズです。
そもそもアップデータが有るか無いかも分かりませんし、
ファイル名もモチロン分かりません。

ですが、ドライバは割と最近Matroxさんのサイトからダウンロードしたもので、
もしかしたら…と「ftp.matrox.com」と打ち込んでみたら、

「あ? えっ? セッションが…開始してる?!」

/pubをクリックすると、そこはパラダイス(^_^;)ではありませんが、正に
「エンサイクロペディアMATROX」と呼んでも良い程の世界が広がっていました!!

まぁ、前世紀のドライバはモチロン、BIOS-Romも含め、果てはDemoに至るまで、
凡そ、彼らが今までに公開した「お仕事」の殆どが保管されているようでした。
更に驚くべきことに、今でもFTPサイトは更新されていて、まだ活用されています。
多くのメーカーが過去のFTPサイトを捨て去っている上、ブラウザ側もFTPという
プロトコルを切り捨ててしまった現在、非常に稀有な存在なのかも知れません。

   §

BIOS関連は「/pub/mga」下のディレクトリ「/previous/bios」内の「setup351.exe」
を用いたのですが、ありがちながら日本語環境ではマトモに表示してくれません。
英語モードで悪戦苦闘の末、インストールして「UPDBIOS.EXE」を起動させると、
私の手元のMillennium IIは「Ver.1.1」で、最新(最終)は「Ver.1.5」とのコト。
勝手にバックアップも取ってくれて、無事EEPROMはアップデートされました。

そして再び、Windows98SEのクリーンインストールを行うと、今度はキチンと
リソースが割り振られ、Millennium同様、SB16SCSIの音が出るようになりました。

しかーーし!!
それではまだ起こったコト(うまくセットアップできない)が解明されていません。
この状態で、再びMillennium IIのBIOSをVer.1.1に戻した時、
「やっぱりリソースが正常に割り振られない」ことを確認してはじめて、
BIOSの古さが原因だったと言えるからです。

そしてバージョンダウンして、3回目のWindows98SEのクリーンインストールを
敢行したのですが…

「アレ? Ver.1.1でも、音出るじゃぁ~ん?!?!」

あ゛~~、魑魅魍魎の世界ダワァ…コレ(>_<)

おそらくマザーボードに残ってるデータが悪さをしてて、Millennium IIのBIOSが
Ver.1.5の場合は自力で解決できたけれど、Ver.1.1だと自力で解決できなかったの
かも知れません。(一旦解決してしまえば、再びVer.1.1に戻しても動くのカモ。)

まぁ、その他、H/Wの接触等の問題も考えられますが、取り敢えずまたまた
Millennium IIのBIOSをVer.1.5に上げまして、HDDをフォーマットして4回目の
Windows98SEのクリーンインストール(>_<)…今度もOKデシタ。

XP55T2P4で動かすWindows98SEは、メモリが128Mしか無いので、DK440LXと比較して
イマイチ重たい感じがしますが、一応、お遊び的には実用範囲内だと思えました。
USB関連でのハードウェアテスト環境が整わないため、取り敢えずWindows98SEで
セットアップしたのですが、ソッチ方面の確認はできたので、次は予定していた
「Windows95osr2.1」での運用環境の構築に移行します。

   §

さて、再び冒頭の「DK440LXシステムでMIDI演奏がヘンになる件」に戻りますが、
調子に乗って、「MGA-G100」のBIOSをVer.1.2からVer.1.6にアップデートしたら、
あらヤダ、マウスをWindow上でグリグリしても、MIDI演奏が遅くなるコトも無く、
キレイに聞こえます!!

今まで使っていたBIOS(Ver.1.2)は、年代的に1998年リリースとなっているので、
もしかしたらWindows98以前のもので、不整合な部分が有ったのかも知れません。

以上、やっと宿題が終えられてホッとしているいじゅみちゃんデシタ。(*^^*)マル

15408506 journal
日記

ijumiの日記: 98害あるけど2利有り? 2

日記 by ijumi

どうやら、喫煙がコロナ感染「予防」に役立つのは本当だったらしいですネ。

去年の3月頃だったカナ、その頃は「何故だか喫煙者の感染率が低い」というコトで、
成り行きを注目していたのですケド、広島大学の研究結果がネイチャーに紹介された
となれば、急に真実味が増してきます。

2利というのは、もう一つ、イワユル「花粉症」の発症防止にも寄与しているような
気がして成りません。
周りを見回しても、喫煙者で花粉症デビューしたヒトって誰も居ないんですよネ…。
それに、喫煙者の減少と共に花粉症が増えてるよーな気もするんで、嫌煙厨の圧力に
負けず、研究を進めて欲しいデス。>偉い学者さま

# 水清ければ魚棲まず。
# 5ちゃんは喫煙厨が祝杯をあげてる感じでした。(^_^;)

15398949 journal
日記

ijumiの日記: いずみちゃん的定点観測 (0)

日記 by ijumi

人それぞれに主な情報源というものがあると思うのですケド、ここを除くと、
私の場合、「5ちゃんねる」の「ニュース速報+」と「NHKラジオ第一」です。

昨今、速度という面で「ニュース速報+」はTwitterなどに負けているかも知れません。
ですが、多種多様な話題が(ほぼ)最速で、追調査が容易なカタチで提供されるので、
世の中の動向(風向き)をザックリと掴むには好都合です。

基本的には、ヒマが有ったら…って感じで、覗き見している程度ですケド、
近年はトップ10のスレッド本文と最新コメント10個を、ざぁーーっと流し読み。
スレッド一覧に戻って、トップ100の中から注視しているスレッドを摘み読み。
といったスタイルで、1日2~3回、かれこれ20年近く定点観測を続けています。

「NHKラジオ第一」については、15年位前からBGM的に24時間流しっぱなしです。
この間、かなりの変遷が有って、昔に比べると「民放的なウケ狙い」が
露骨過ぎて【超・絶・劣・化】していると思わざるをえないのですケドォ、、
ニュース報道に関しては、まぁまぁまだ死んではいないカナ…とは思ってます。
(昨今はTV同様、全体的に芸人さんの出演機会が多過ぎで「笑い」が多過ぎです。
 公共放送なのですから、「ありのまま」を的確に伝えることが一丁目一番地で、
 そこに笑いの要素は要りません。スポーツ実況も煩い絶叫アナウンサーさんが
 多くてウンザリです。民放では無いのですから、盛り上げなくても良いです。)

面白い…と言っては不謹慎なのですケド、高齢芸能人の方の「最後のメッセージ」
を託されることも多くて、訃報を聞いて「ついこの前まで元気そうだったのに…」
と思うことも多いです(T_T)

   §

でもって、今回は定点観測報告第1弾なので、今一番の関心事として、
コロナ関連の話題をレポートしておこうと思います。

・空気感染している可能性が高い
・東京都の若者向け抽選会に呆れ
・第5波はピークアウトしたのかも
・モデルナ異物混入は6月以降からか
・酸化グラフェンの影響?大丈夫?
・航空業界がヤバイ、今後も無理?
・酸素濃縮器の生産が追いつかず
・市の職域モデルナ一般開放に超不快感多数
・ワク厨、パスポート発行・普及に意欲満々
・イスラエル、アメリカ、イギリス、インドのコロナ事情に関する話題が多い

ワクチン義務化やパスポートによる規制に関するスレッドが多数見られますが、
中を見ると反ワク厨に全くダメージを与えられていないのが現在の状況でしょう。
現在、義務化を叫んでいるワク厨は諦めたのか絶滅寸前、パスポート推進派も
ジリ貧の風向き。とにかく反ワク厨の頑固さが強烈で印象的に思えました。

個人的に気になった情報としては、イスラエルの研究報告で、

| 自然感染で自然免疫で獲得した抗体は、
| ファイザー2回ワクチン接種よりデルタ変異に有効で終身免疫を獲得する。

というもので、もしコレが本当なら結構大変なコトになりそうなので、
イスラエル方面の続報を注視しています。

なお、NHKラジオ第一でのワクチン接種推進に関する報道は減ってると思えます。。
(パラリンピックの特殊編成をしているので、現在は掴み難いです…T_T)

# 2021/08/29 06:32 20年以上→ 20年近く (掲示板設立が2001年10月であったため訂正)
# その他細かな言い回しの修正

15391637 journal
日記

ijumiの日記: 【解決しました】 すらどさん! すらどさん! 6

日記 by ijumi

何かヘンです!!

自分のホームに行くと、投稿した日記やコメントが表示されますが、
2ページ目に私以外の方の投稿(3個、8月19日のもの)が出てきます!!
そのうち、1つは「タグを付ける」アイコンが付いています。
なお、3ページ目以降に他人の投稿が出てくることは有りませんでした。
Firehoseというのも同じような状況でした。

あぅあぅ(>_<)

# 2021/08/23 22:40 以下追記
# taka2さまの情報によりますと、メタモデを実行するとエントリされるとの事で、
# 最近メタモデした、他のヒトの投稿分がリストされている状況だったようです。
# つまらない内容の投稿で、お騒がせしましたことを、深くお詫びいたします。

15388134 journal
日記

ijumiの日記: 購入証明だったレジ袋 2

日記 by ijumi

先日、100円ショップで買い物をした時、すんなりと店を出られて、
「あぁ、少しだけ昭和に戻ったのかも…」と思いました。

レジ袋が有料化されて以来、100円ショップのような小物商品が多いお店では、
手ぶらで入店して、商品はレシートと一緒に手持ちで退店していたのですが、
店を出ようとすると、何故か店員さんが慌てて駆け寄ってきて、
商品にテープを貼ってくれるんですよね。

「だってレシートと一緒に商品を持ってるんだから、ひと目見れば分かるじゃん!!」

店員さんは若い世代の方が多いので、きっと万引きに間違えられることを配慮して
下さったのでしょうね。。

   §

レジ袋って、何時頃から使われ始めたのだろう…?!
思うに昭和時代はあまり入れてもらったことが無かったような気がします…。

「セブン! イレブン! いい気分ぅ~ん!」(開いてて良かった!)

一般個人商店がコンビニにシフトして行くに伴って、増えていったのかな…。

それまでは、たとえば八百屋さんに行くときは「買い物カゴ」を持っていって、
お金を渡して野菜をカゴに入れる…。大きいものやカゴを汚しそうな時は、
新聞紙にくるんでもらう…もしかしたら、魚屋さんもそうだったかな。
肉屋さんは量り売りだから、重さを言って経木(きょうぎ)に包んでもらう。

お豆腐はお鍋をもって行くので、買いに行くのはちょっと大変でした。
でも、自転車乗ったおじさんが回って来てくれることも多くて、
チャルメラの「ぷーぷーーーー」(←とーふーーーーと言ってたと思います。)
の音を聞くと、大慌てでお鍋を持って追い掛けたものでした。

そう言えば、この頃はレジがありませんでしたのでレシートもありませんでした。
お金は天井から吊るした半円形のカゴに集められていて、
どうしても領収書が必要な時は、手書きで書いてもらう感じだったかな。

マクドナルドが日本に上陸した時、頑張って行ってみて驚いたのは、
全部が紙で包まれていて、食べ終わった後が紙くずだらけになったことでした。
シェイクはプラスチックのストローでしたが、食べ終わればゴミ箱にポイッ!!
それまでは、テイクアウトができる「ファーストフード」といった類の食べ物は、
焼き鳥、焼き芋、鯛焼き位でしたから、便利だなぁ…って思った憶えがあります。

そう考えると、昔は非常にエコでした。今の1/4以下だったんじゃないかな。
最早、衛生面や人件費から考えても、トレイに乗せて小分け包装するような形態は
止められないと思いますが、流通段階で必要となる資源を一つでも減らせたことは、
良いことだったと思います。

慣れてしまえば、袋詰め等での店員さんの負担も減っているようですし。。

15385610 journal
日記

ijumiの日記: はうぅ~(>_<)

日記 by ijumi

この類の話は書かないほうが幸なんですケド、ココでも5ちゃんでも、
余りにも、ホントに解って言ってるの? って思う書き込みが多いので、
ココの日記で記しておくことにしました。(大英断!)

 「コロナワクチン接種は義務化するべきである」

私は無理だと思ってます。

それは予防接種法がどのような経緯を辿って
「国民の義務」→「希望者のみ」
に改正されたのかを考える必要があるからです。

話を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、
かつて学童などの集団接種が原因で、多くの人がB型肝炎ウイルスに冒されました。
そして現在、国はその補償を行っている状況です。

では何故、そんな事態になったかと言えば、

 『当時はその危険性を予見出来なかった』

からであって、ワクチン接種で未知の健康被害を起こす可能性がある以上、
強制的なワクチン接種はできない、というのが基本的な理念にあるからです。

こんな大事な【事実】が全く話題になっていないこと自体、問題なのですが、
増してや、現在のコロナワクチンにおける安全性が保障されていない以上、
実際に過去に起こった【事実】を乗り越え、覆して、再び義務化することは、

 『生半可なことでは出来ないだろう』

というのが私の見解です。。

# 個人々で考えて欲しい問題なのでコメントは無効としました。ご容赦ください。
# 2021/08/18 15:01,19:00 細かな言い回しの修正

15385416 journal
日記

ijumiの日記: [LHARC] DOS時代、世界進出を果たした和製フリーソフトウェア 2

日記 by ijumi

先日書いたWD(ウェスタンデジタル)製HDD(420MByte…注:"G"ではありませんョ♪)

[Caviar 1425] 質実剛健とは言っても
https://srad.jp/~ijumi/journal/648982/

が復活して、旧時代のユーティリティをアーカイブした自作のDVD-Rを探ったところ、
\Utility\DOS\WDEに「dlgdiag11.zip」「dlgdiag28.zip」「WDDiag.zip」の3本を発見。
見たところ「WDDiag.zip」が一番古そうだったのでググってみたところ…「にゃい!!」

うみゅ~、なじぇ?(T_T)

Zipファイルの中身は、実行ファイル「WDDIAG.EXE」(Ver.2.90)とドキュメント
「WDDIAG.TXT」の2本の組み合わせなんですが、ARCHIVE.ORGを探っているうちに、
そもそも、その時代のWDさんは、単純なZip形式ではなく、自己解凍形式のEXEで
配布していたことが判りました。

ここでスッタモンダの大奮闘があったのですが、取り敢えずそれは中略するとして、
実行ファイルの「WDDIAG.EXE」は、Ver.1.00~3.00までのバージョンが存在するらしく、
それらが「WD_DIAG.EXE」の名前でアーカイブされて配布されていたことも判りました。

はてさて、それでは手元にあったZIPファイルはナニモノだったのでしょうか!?

徐々に蘇ってきた記憶では、当時いきなり実行してしまう自己解凍EXEは危険だと考え、
ZIP形式に再アーカイブして保管していたのではないか? という結論に至りました。

そこでARCHIVEさんでWD関連の記録を探し回ったところ、見つかったのはVer.2.10と
Ver.3.00だけだったのですが、世界中を探し回ってみるとVer.1.06,2.00,2.80…と、
まぁ、実に沢山のバージョンがあり、程無くしてVer.2.90のEXEもGetできました。

早速そのEXEを実行させてみると、私が当時(2000年頃?)直接ダウンロードしたものと
同じ「WDDIAG.EXE」「WDDIAG.TXT」が出てきて、間違えなく真正なものだったとは
判明したのですが、残る問題は自己解凍形式を構成しているEXE部分のコードです。
その展開モジュール部分が改変されていたりせず、十分に安全であるという確証が
無い限り、安心して使うことはできません。

   §

驚いたのは、それら当時のWDさんが配布していた自己解凍EXEの実行メッセージです。

| A:\>LHARC E WD_DIAG.EXE
|
| LHARC 1.14β (c) Yoshi, 1988-89
|
| Extract from "WD_DIAG.EXE"

え゛? LHA?
ちがぁーう! コレって先代のLHARCのものではありませんか!!

この時代、日本ではLHA、互換機の世界ではZIPがスタンダードだったので、最初は
「ウッソー@_@」と思ったのですが、いくら調べてもLHARCのものしか出てきません。

LHARCを利用しているのであれば、生成される自己解凍EXEの安全性はかなり高いと
思われますので、後は利用されているLHARC(Ver.1.14β)を探し出し、私が保管して
いたZipファイルの中身を再アーカイブ・自己解凍EXE化することで、当時WDさんが
配布していたファイルを復元することができます。

最初は、「LHARC.EXE」の名前でググって片っ端からダウンロードしてみたところ、
何とか1個だけですが、Ver.1.14βのLHARCが引っ掛かりました。

取り敢えず、それで保管していたWDDIAG.LZH(Ver.2.90)に含まれる2つのファイル、
「WDDIAG.EXE」「WDDIAG.TXT」を圧縮&自己解凍EXE化してみたところ、Bingo!!
何処かの国の何処かのサイトから拾ってきた得体の知れないファイルでしたが、
サイズとハッシュが一致して、お見事、復元に成功しました♪(*^^*)v

デモ、それだけで喜んでいてはいけせん。
何故なら、自己解凍EXEを生成したツールであるLHARC.EXE(Ver.1.14β)に関する
信頼性の裏付けが全く取れていないからです。
そこで、取り敢えずLHARC.EXEをNotePadで開いて眺めると…ん…んんん(@_@)?

 P K L I T E

PKwareトカの文字列も冒頭に見えます。(これはヘン! 絶対ありえないじょ!!)

全くのパチモンではないのでしょうが、どうやら私が拾ってきたLHARC.EXEは、
PKware社のPKLITEを用いた実行EXE圧縮が掛かっていたモノだったようです…。
ここで生成されたファイルはバイナリでも一致しているですから、問題なく
動いてくれているのしょーが、やはりそれでは「裏付けを取る」という点では、
好ましくありません。

そこで、世界中のサイトを探し回っている時、「LH113C.EXE」といった名前を
よく見掛けたコトを思い出し、それならば…とファイル名を「LH114B.EXE」に
変更してググってみたところ、今度は沢山ヒットしてくれて、5個程拾い出す
ことができました。

それらは全てバイナリで一致しており、ドキュメントも含まれていることから、
これこそがオリジナルの配布アーカイブファイルであったに違い有りません。
そして、展開されたLHARC.EXEを用いて、再び復元を試みると…結果は
PKLITE版と同じで、これで何とか信頼性の裏付けが「概ね」取れた感じです。

   §

デモ、それだけで喜んでいてはいけせん。(その2)
何故なら、あくまで単一サンプルである、WD_DIAG.EXE(Ver.2.90)だけの結果で、
自己解凍EXE部分が安全である確証を得るためには、もっと多くのサンプルを
試す必要があります。

そこで、WDDIAGと同時代に公開されていた「WDATIDE.EXE」(Ver.4.07)と、
その他の「WD_DIAG.EXE」(Ver.2.00,2.10,2.80,3.00)等についても、
自己解凍EXEの再作成を試みたところ、全てでバイナリの一致が見られ、
ここに至って、やっと安心して使えるレベルに達することができました。

引っ掛かったのは、WDDIAGより前の世代のツールで「WDCLEAR.EXE」という
HDDにローレベルでZeroを書き込み、埋め尽くす単独ツールなのですが、
これは、LHARCのVer.1.13Cが使われていて、自己解凍EXEを再作成しても、
ファイルサイズは一致するものの、ハッシュが合いません。

そこで、『FC /B』で確認すると、何やらアスキー文字列と思われる部分が
異なっていて、元のファイルでは「R1-30.EXE」となっているのに対し、
私が再作成をしたファイルでは、「WD_CLEAR.EXE」になっています。

にゃぁーるほど、、

どうやら、これは中間ファイルであるLZHのファイル名が残っていたようです。
LHAでもそうですが、自己解凍のEXEを作るためには、一旦アーカイブして、
LZHファイルを作成、その後にEXEファイルを作成するといった2ステップを
踏むのですが、その際作成したLZHファイル名が「R1-30.LZH」だったわけです。

そこで、「LHARC a R1-30 WDCLEAR.*」で試みてみると、まだ4バイト程ですが、
違いが残っています。

あぅ? まだダメなんだ…(・ω・)

ですが、高々4バイトの違いであれば、考えられることはそう多くありません。
内部に含まれているファイルの属性を調べてみると、アーカイブ属性の有無が
異なっていて、それを合わせてやることでバイナリ一致に至り、一件落着!!

   §

それにしても、自己解凍EXEに元のアーカイブファイル名まで残して有るなんて、
流石ですね~。自己解凍するのですから、その情報は全く不要だと思われますが、
後になってファイル生成のプロセスを追うためには、重要な「キー」になります。

ご存知の通り、「LHARC」は後に「LHA」となり、Ver.2.13で一通り完成を見ます。
ですが、その頃になるとWindowsが台頭し始め、後継された方々の対応フォークは
なされてるものの、悲しいかな吉崎栄泰氏によるオリジナルDOS版「LHA」の名前は、
徐々に忘れられつつある存在なのかも知れません。

今となっては、2文字comにまでなったWD(ウエスタンデジタル WWW.WD.COM)が、
個人レベルで開発された完全無料のフリーソフトウェアを使って、実行可能な
プログラムの配信をするなんて、今ではチョット考えられないことですが、
それがこの業界の面白いところ。今後も大切にしたいものです。。

15381527 journal
日記

ijumiの日記: Google先生やりすぎ(>_<) 2

日記 by ijumi

dosdaysさんトコに行きたくてググってみたら…

 次の検索結果を表示しています: dog days
 元の検索キーワード: dosdays

だそうで、何だか良く知らない最近の?アニメの検索結果がズラリ。

ちがぁーーうよぉ、何よソレ!! (▼_▼#)

キーワードが見つからなかったり、And条件があったりするのなら解るのですが、
単なる英文字の7文字なんだから、そこまで気を回してくれなくても良いのに…。

なぁ~んか、最近、ここ2~3年カナ…ググっても、オークションとかショップの
記事ばかりが数ページ並んでて、本当に欲しいアイテム自体のことを論じている
記事は「その後」なんですよね。。

たとえそのアイテムを買おうと思ってても、その前に評判やら詳細情報が知りたい
わけでありまして、それらが埋もれてしまっては、買うに至るのも一苦労です。

先生? そろそろ販売記事と情報記事とを分けて検索できるようにして欲しいナァ、
って思ってるんですケド…ダメですか?

typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...