パスワードを忘れた? アカウント作成
15379863 journal
日記

ijumiの日記: [Caviar 1425] 質実剛健とは言っても

日記 by ijumi

やはり電気製品にとって30年という歳月は重いのですね。。

現在、顕著な例は16KのDRAMチップで、PC内やSIMメモリでガンガン自然崩壊が進み、
悩みのタネは尽きません。他方、抵抗器辺りになると、極端な発熱部分でなければ、
30年は不良化せず、未使用保存品なら50年も余裕で超えるのではないかと思えます。

WD(ウェスタンデジタル)のハードディスクは造りも丁寧で、30年近く経った今も
元気に起動してくれるので、捨てるに捨てられない状況です。それにショップでは
ネイティブなパラレルATAドライブ自体が絶滅している状況でもあるので尚更です。

ところで私の場合、互換機が国内で普及した時期はIBM信者でしたので、WDのベア
ドライブを購入した憶えは無いんですよね。でも、何故か1425(420MByte)を始め、
2540(540MByte)2台トカが倉庫から出てきて、「うみゅみゅ!?」と思っていたら、
NECさんがPC9821以降の「国民機」で好んで使われていたことを思い出しました。
であれば、利用環境も含めて調べる必要があると思って、調査を開始したのですが、
これが高い山で、乗り越えることはできたものの、まだ下山できてない感じです。

先ずは、ジャンパーの設定です。
IBMの場合、Masterであれば素直にそこに挿せば、Slaveの有無に関わらず認識して
くれるのですが、WDの場合、Single Driveという概念があって、6pinのJ8ジャンパー
を持っているこの世代のHDDは以下の設定になるようです。

●ウェスタンデジタル製HDDジャンパー設定のひみつ
(WDAC1425(420M),WDAC2540(540M)で確認済み。)
 Single drive only: J8(1-2open,3-4open,5-6open)
 Master drive in a two drive system: J8(1-2open,3-4open,5-6closed)
 Slave drive in a two drive system: J8(1-2open,3-4closed,5-6open)
 Cable select: J8(1-2closed,3-4open,5-6open)

つまり、Single DriveでのSlave接続はできないみたいで、2台をブラ下げる時は、
片方をMasterに、もう片方をSlaveに設定する必要があります。やっぱ面倒>_<
(※Single DriveなのにMaster設定で接続するとBIOSがHDDを認識してくれない!)
ボディと基盤の隙間から覗くと、他にも謎のジャンパーが有ったりするのですが、
まぁ、それは後日のお楽しみとして取っておくことにして、取り敢えず、手元に
転がっていたWin98CDで「セットアップに耐えられるかテスト」をしてみました。

Win95と異なり、セットアップはスムースに完了したのですが、内部のフラットケ
ーブルに触れたりすると、「カコッ!!」と音がしてOSがフリーズしてしまいます。
そこで、再びWDAC1425君を取り外して、例のごとくニラメッコを開始。

 みゅみゅみゅ...どこかにゃ?

このWDのHDDの場合、チップ類は内部に隠れていて、外に露出している部分では、
ほとんど部品らしきものは見当たりません。ですから怪しいのはコネクタ部分で、
逆に言えば、そこでなければカナ~リ面倒なことになります。

その中でも最も怪しいのは電源の4ピンコネクタなのですが、よーく見て見ると
ハンダ付けしている部分が、いわゆる「富士山型」ではなく、____/|___
といった感じで、ピンの片側が非常に薄くなっていることを発見!
ダメで元々。信号ピンも含めて、全ピンのハンダをを付け直してみたところ、
以降フラットケーブルに触れたり揺らしたりしても、接触不良のような現象は
おさまりました。

目視ではピンの片側でもキチンと付いているように見えてたんですケドね~。
コネクタピンがハンダから剥離した後、隙間が経年変化により酸化皮膜を形成
してしまうような感じの接触不良が起こっていたようです。

さて…折角直ったのだから、ディスクは完璧に初期化して使おうとローレベルな
フォーマッターをアーカイブしてあるDVDから取り出したまでは良かったものの、
これが超クセモノでありまして、後に世界中のサイトを旅することになります。。

# 2021/08/04 18:27,18:47 細かな誤変換、言い回しを修正

この議論は、ijumi (49396)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...