パスワードを忘れた? アカウント作成
15414171 journal
日記

ijumiの日記: [Matrox] まだまだ生きてるFTP 1

日記 by ijumi

Intel「DK440LX」の再生に続き、手を付け始めたASUS「XP55T2P4」の再生計画ですが、
本日、無事に全面解決♪(*^^*)ノ メデタシメデタシ

[Win98se] やっとネイティブマシンが稼働開始♪
https://srad.jp/~ijumi/journal/648291/
[DK440LX] この当時のインテルは、本当に素晴らしかった?
https://srad.jp/~ijumi/journal/648698/

と言うのは、上記では触れなかったのですが、実はDK440LXで一つだけでしたが、
「宿題」が残っていました。

安定性も全く問題なく稼動しているのですが、MIDIファイルをメディアプレイヤー
(Ver.6.4)で演奏させると、何故か演奏している音楽のテンポが狂います。
壁紙の上だと問題無いのに、ウィンドウ上でマウスを動かすと遅くなるようです。

 「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
 「ナニこれ?! 何コレ?!」

CreativeのAWE64用ドライバも最終のモノ(英語版)だし、Matroxの「MGA-G100」用
ドライバも最終なハズです。CPUもPentium2の300MHzだから、いくらソフトシンセ
でCPUパワーが必要だからと言って、そこまで足が引っ張られるとは思えません。
クラシックなペンティアムでさえ、そんな悲惨なコトになったコトも有りません。

まるでキツネにツツマレタ(※正しくは"ツママレタ")ような気分で、
ネットで世界中を調べても、そのような問題事例は引っ掛かって来ません。

「う゛う゛…わからにゃい(;_;)」

まぁ、そういう時は、いくらテンパって焦ってもスグには解決しないコトが多く、
行方不明になった探し物みたいに、ヒョンなコトから解決したりしますので、
「まぁぁぁ、Midiだけの問題だから、宿題として残しておくにゃん!!」とばかり
積み残にしていたワケです。

   §

この宿題の解決は、続くXP55T2P4のセットアップがヒントになりました。

[ATXケース] ずいぶん前からPC自作派が減ってるようで…
https://srad.jp/~ijumi/journal/648880/

一通りハードウェアの問題を解決して、ビデオカードをMatroxの「Millennium」
から、後継の「Millennium II」に差し替えたのですが、何故かサウンドカード
(SB16SCSI)のデバイスが「!」状態になって、音が出なくなってしまったのです。
リソースをチェックしても、競合らしいものは起こっていません。

「およょぉ? ISAだから悪いの? 設定難しいし、なじぇにドライバ入らんの?」

リソースを手動でムリヤリ指定しても、やはり設定には反映してくれません。
後継品だから…と、単純に差し替えればPnPが適当に設定してくれるだろうと
思っていたのですが、そこはWindows98SE。そうそう簡単では無いようでした。

そこで、改めてHDDをフォーマットしてクリーンインストールを行ったのですが、
……やはり結果は同じです。

「う゛う゛う゛…わからにゃい(;_;)」(Part.2)

もうイッソのコト、旧「Millennium」で納得してしまおうかとも考えたのですが、
VRAMが2Mしか無く、SXGAでは256色止まり。一方、手持ちの「Millennium II」は
4Mあるので、SXGAでもトゥルーカラーで表示できます…
ここは何とか捻じ伏せるしかありません。

「これはいちお、一世を風靡したビデオカードなのに、
 Windows98SEで使えないナンテ、ヘン!! 絶対ヘン!!」

「何か欠けてるモノがあるハズ…ん? んん? もしかして…まさかぁ…デモ……。」

あと考えられるコトと言えば、ビデオカードのBIOS位です。
しかし、手元のアーカイブを探っても、Matroxのビデオカードに関するものは、
見つかりませんでした。
時代的に考えても前世紀ですから、Archive.orgさんでも99%頼れないハズです。
そもそもアップデータが有るか無いかも分かりませんし、
ファイル名もモチロン分かりません。

ですが、ドライバは割と最近Matroxさんのサイトからダウンロードしたもので、
もしかしたら…と「ftp.matrox.com」と打ち込んでみたら、

「あ? えっ? セッションが…開始してる?!」

/pubをクリックすると、そこはパラダイス(^_^;)ではありませんが、正に
「エンサイクロペディアMATROX」と呼んでも良い程の世界が広がっていました!!

まぁ、前世紀のドライバはモチロン、BIOS-Romも含め、果てはDemoに至るまで、
凡そ、彼らが今までに公開した「お仕事」の殆どが保管されているようでした。
更に驚くべきことに、今でもFTPサイトは更新されていて、まだ活用されています。
多くのメーカーが過去のFTPサイトを捨て去っている上、ブラウザ側もFTPという
プロトコルを切り捨ててしまった現在、非常に稀有な存在なのかも知れません。

   §

BIOS関連は「/pub/mga」下のディレクトリ「/previous/bios」内の「setup351.exe」
を用いたのですが、ありがちながら日本語環境ではマトモに表示してくれません。
英語モードで悪戦苦闘の末、インストールして「UPDBIOS.EXE」を起動させると、
私の手元のMillennium IIは「Ver.1.1」で、最新(最終)は「Ver.1.5」とのコト。
勝手にバックアップも取ってくれて、無事EEPROMはアップデートされました。

そして再び、Windows98SEのクリーンインストールを行うと、今度はキチンと
リソースが割り振られ、Millennium同様、SB16SCSIの音が出るようになりました。

しかーーし!!
それではまだ起こったコト(うまくセットアップできない)が解明されていません。
この状態で、再びMillennium IIのBIOSをVer.1.1に戻した時、
「やっぱりリソースが正常に割り振られない」ことを確認してはじめて、
BIOSの古さが原因だったと言えるからです。

そしてバージョンダウンして、3回目のWindows98SEのクリーンインストールを
敢行したのですが…

「アレ? Ver.1.1でも、音出るじゃぁ~ん?!?!」

あ゛~~、魑魅魍魎の世界ダワァ…コレ(>_<)

おそらくマザーボードに残ってるデータが悪さをしてて、Millennium IIのBIOSが
Ver.1.5の場合は自力で解決できたけれど、Ver.1.1だと自力で解決できなかったの
かも知れません。(一旦解決してしまえば、再びVer.1.1に戻しても動くのカモ。)

まぁ、その他、H/Wの接触等の問題も考えられますが、取り敢えずまたまた
Millennium IIのBIOSをVer.1.5に上げまして、HDDをフォーマットして4回目の
Windows98SEのクリーンインストール(>_<)…今度もOKデシタ。

XP55T2P4で動かすWindows98SEは、メモリが128Mしか無いので、DK440LXと比較して
イマイチ重たい感じがしますが、一応、お遊び的には実用範囲内だと思えました。
USB関連でのハードウェアテスト環境が整わないため、取り敢えずWindows98SEで
セットアップしたのですが、ソッチ方面の確認はできたので、次は予定していた
「Windows95osr2.1」での運用環境の構築に移行します。

   §

さて、再び冒頭の「DK440LXシステムでMIDI演奏がヘンになる件」に戻りますが、
調子に乗って、「MGA-G100」のBIOSをVer.1.2からVer.1.6にアップデートしたら、
あらヤダ、マウスをWindow上でグリグリしても、MIDI演奏が遅くなるコトも無く、
キレイに聞こえます!!

今まで使っていたBIOS(Ver.1.2)は、年代的に1998年リリースとなっているので、
もしかしたらWindows98以前のもので、不整合な部分が有ったのかも知れません。

以上、やっと宿題が終えられてホッとしているいじゅみちゃんデシタ。(*^^*)マル

この議論は、ijumi (49396)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
  • ---------------------------
    ★参考情報★
    ------------
    ●…必須
    ▲…オススメ
    ---------------------------

    ● 1.一通りセットアップする。
    ● 2.Intelチップセットの更新を行い再起動する。
      3.IMEのツールバーをタスクバーに入れる。
      4.電源設定(常にオン)の「モニタの電源を切る」を「5時間」、
       ハードディスクの電源を切るを「なし」にする。
      5.タスクスケジューラーを開き、「アプリケーションの起動チューンアップ」の
       「実行する」チェックを外す。
      6.CD-ROM設定のプロパティを整え、ドライブレターを「Q」にする。
      7.ディスクドライブのプロパティを整えた後、一旦再起動する。
      8.画面効果を整える。
    ● 9.サウンドドライバを更新する。
    ●10.ディスプレイドライバを更新する。
     11.画面解像度を大きくする。その際、「再起動しないで設定を適用する」に変更、
       「今後表示しない」をチェックする。
     12.画面デザインで、アイコンサイズを「64」、横間隔を「0」、
       縦間隔を「8」に変更する。
     13.画面デザインで、全てのフォントサイズを「11」に変更する。
     14.画面デザインで、デスクトップの背景色を「140,120,120」に変更する。
     15.画面デザインで、アクティブタイトルバーと非アクティブタイトルバーの
       色設定をする。
     16.アイコンの整列を「自動」にした後、一旦再起動する。
     17.デスクトップにエクスプローラーのショートカットを作成する。
     18.、各種オプションを設定する。
     19.エクスプローラーの設定を「現在のフォルダ設定使用」で共通化する。
     20.システム内ファイルシステムのハードディスク設定を
       「ネットワークサーバー」にする。
     21.システム内ファイルシステムのフロッピーディスク設定の
       「起動するたびに~」のチェックを外して再起動する。
     22.スタートメニューを「小さいアイコン」にする。
    ▲23.AdaptecのASPIレイヤをVer.4.60にアップデートして再起動する。
    ●24.IEをアップデートして再起動する。
     25.再度エクスプローラーを「従来のWindowsスタイル」に設定しなおして、
       「現在のフォルダ設定使用」で共通化する。
    ●26.「インターネットに接続」アイコンをクリックして設定する。
     27.デスクトップの「マイドキュメント」「MSN」「オンラインサービス」
       「ブリーフケース」アイコンを削除する。
     28.タスクバーを縦型に変更して、アイコンの表示を「大」「ボタン名の表示」にする。
     29.IEの基本的な設定を行う。
     30.スタートメニューの「Windows Update」を「システムツール」に移動する。
     31.ごみ箱の名前を変更可能にして、主なアイコンの名前を変更する。
    ●32.DirectXを導入して再起動する。
     33.クイック起動を右クリックして、「今後表示しない」をチェックして
       「キャンセル」する。(OKは押さない。)
     34.デスクトップのエクスプローラーアイコンをクイック起動に移動する。
    ●35.「Windowsインストーラー」、「Q263044」(ここでは再起動しない。)、
       「Q236926」を導入した後、再起動する。
    ●36.アップデートバッチ群を適用して再起動する。
     37.IMEの設定(かな、テンキー入力モードに従う、話し言葉優先、
       直接入力時にツールバーを隠す、オートコレクト全解除等)を行う。
     38.ネットワークコンピュータでクイックログオンに設定した上、
       Windowsログオン優先を設定する。
     39.デスクトップアイコン、サウンドを設定する。
     40.デフラグを実行する。
    ▲41.USBマウスのドングルを挿して、HIDドライバを導入する。
     42.msconfigで起動プログラムを一旦整理する。
    ▲43.アプリケーション群を導入&アップデートする。
     44.スタートメニューをカスタマイズする。
    ▲45.msconfigで起動プログラムを確認、整理する。
    ▲46.お掃除の後、デフラグを実行して、Cドライブのバックアップを取る。
     47.Microsoftネットワーククライアントのバインドを外して孤立化させる。
     48.再起動を2回行い、デスクトップからネットワークコンピューターを消す。
     49.壁紙やデスクトップアクセサリを設定する。
    ▲50.仮想メモリの調整を行い、必要に応じてデフラグを実行する。

    ---------------------------

typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...