パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、insidermanさんのユーザページですよ。

13201893 submission
お金

「課金せずに全コンテンツを楽しめる」ゲーム、課金なしで全コンテンツをアンロックするには1年以上が必要

タレコミ by insiderman
insiderman 曰く、
Ubisoftが2月16日に発売した対戦型アクションゲーム「フォーオナー」は、ゲーム内でプレイに応じて入手できるアイテムだけでなく、いわゆる「アイテム課金」的な、リアルマネーでゲーム内コンテンツを入手できるシステムを採用している。ただ、リアルマネーを使わずとも全コンテンツをゲーム内で入手できるとは言われているのだが、あるユーザーが計算したところ、全コンテンツをアンロックするにはカジュアルプレイヤーで約2.51年、「ハードコアプレイヤー」でも約326.37日が必要になるという(IGN)。

ちなみに、すべてのコンテンツを購入した場合、現時点で必要な費用は732ドルとのこと。金で解決するにしても時間で解決しするにしても、やり込み系プレイヤーにとってはかなり大変そうだ(現実的なプレイヤーはコンプを目指さないだろうから良い着地点であるとは思うが)。
13192536 submission
Sony

ソニー、ゲームのストリーミング配信サービスでPS4タイトルの配信も開始へ 1

タレコミ by insiderman
insiderman 曰く、
ソニーがPlayStation 4やPlayStation Vita、ソニー製TVやBlu-rayプレーヤー向けに提供しているゲームのストリーミング配信サービス「PlayStation Now(PS Now)」で、PlayStation 4向けタイトルの提供も開始するとソニーが海外で発表しているAUTOMATON)。

現在PS Nowで提供されているのはPlayStation 3向けタイトルのみだったが、今後はPlayStation 4向けタイトルの提供も開始するという。ソニーは先日現在提供されているPlayStation 4以外のデバイスのPS Nowサポートの廃止と、PC向けのPS Nowサービスの提供を発表しているが、PlayStation 4向けタイトルはPC向けPS Nowサービスでもプレイが可能とのこと。提供されるタイトルは限定されるため、すべてのPS4ゲームがプレイできるわけではないようだ。
13182116 submission
ゲーム

あの伝説的超人気ゲーム「オレゴン・トレイル」オリジナル版開発者、そのメイキングを語る

タレコミ by insiderman
insiderman 曰く、
米TIME誌による「歴史上最も偉大なビデオゲーム」の1つにも選ばれ、2012年にはiPhone版もリリースされたあの超人気ゲーム「オレゴン・トレイル」のオリジナル版開発者が、米国で開催されたゲーム開発者向けカンファレンスGDCのセッションに登壇、当時の状況を語っている(IGN JAPAN)。

といっても、日本ではオレゴン・トレイルはあまり知られていないゲームではある(タレコミ子も知らなかった)。このゲームのタイトルになっているオレゴン・トレイル(=オレゴン街道)は、19世紀のアメリカ西部開拓時代の主要道の1つで、19世紀中頃にアメリカの開拓者が先に植民地化・開発されていたアメリカ東部から西部に向かって開拓を進めた際に使われた道路だという。ゲーム「オレゴン・トレイル」は、この歴史を教育する目的で開発されたシミュレーションゲームで、1971年に「ミニコンピュータ」向けに開発され、1974年にメインフレーム向けの「商業版」がリリースされたという。その後AppleⅡMacintoshなどに移植されている。

最初のバージョンはテレタイプ(TTY)でプレイヤーが入力を行うと、その結果が紙に印字されて表示される、というものだったそうだ。

1974年の「商用版」では、当時の開拓者の日記などを元にリアルに開拓者の生活を再現し、その後教育用ソフトとして全米に広まっていったという。1970年代のビデオゲームといえば、「PONG」などに代表される、ストーリー性の薄いアクションゲームが有名だが、この時代にプレイヤーに多くの選択肢を与え、戦略性のあるゲームが開発されていたという点は非常に興味深い。

なお、オレゴン・トレイルは2016年にWorld Video Game Hall of Fame(世界ビデオゲーム殿堂)入りが決まったとのこと。
13180528 submission
ゲーム

Twitter経由で学習させた人工知能、「オタク」になった

タレコミ by insiderman
insiderman 曰く、
バンダイナムコエンターテインメントが昨年に行った、Twitter経由で人工知能「プレミア」に言葉を覚えさせるプロジェクトの結果報告が先日行われた。「やたらとクルマや戦車に詳しくなったり、アニメの話をしたりするようになった」、「差別的な発言や下品な言葉を覚えさせようとするユーザーがいた」「プレミアと1日中、ずっと会話しているユーザーが数人いた」などと、興味深い話が出ている(ITmedia)。

学習を行った人工知能は、仮想現実をテーマとした人気ライトノベルを原作とするゲーム「「ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」内にキャラクターとして登場するという。また、今後オンラインゲーム内に人工知能を活用したキャラクターを登場させることも模索しているそうだ。
13176253 submission
ゲーム

Nintendo Switchのカートリッジは苦い

タレコミ by insiderman
insiderman 曰く、
本日3月3日に発売された任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」だが、このNintendo Switch向けのゲームカートリッジは「苦い」そうだ(インサイドTogetterまとめ)。

Switchはメディアとして半導体メモリベースのカートリッジを採用しているが、そのサイズは同じくメモリカートリッジを採用するNintendo 3DSのものよりも小さい。そのため、誤飲防止に「安息香酸デナトニウム」という、非常に苦みの強い物質がカートリッジに使われているそうだ。この情報が広まったことで、早速カートリッジを舐めた人達によるTwitterへの投稿が続出しているが、実際に本当に苦いという。
13175333 submission
ハードウェア

PSIONのエンジニアが参加するモバイル端末「Gemini」

タレコミ by insiderman
insiderman 曰く、
小型ながらキーボードを備えた情報端末「PSION」シリーズは90年代後半に日本で局所的にブームになったが、このPSIONのデザインやハードウェア設計を担当したエンジニアが参加する新たなモバイル端末「Gemini」の製品化プロジェクトがスタート、現在Indiegogoで資金募集が行われている。

GeminiはQWERTYキーボードを備えた小型端末で、OSはLinuxもしくはAndroidに対応する。サイズは17.13×8×1.3cmで、重量は400g。ディスプレイは5.7インチ(2880×1440ドット、マルチタッチ対応)でUSB-Cコネクタ×2、SDカードスロットなどを搭載。4G携帯通信にも対応するようだ。メモリは4GB、ストレージは64GB。

現在、399ドルの出資+送料で4G対応版のGeminiが入手できる。発売は12月予定となっている。
13170342 submission
任天堂

任天堂、同社とは無関係の公道カートレンタル業者「マリカー」を提訴

タレコミ by insiderman
insiderman 曰く、
任天堂が、公道カートのレンタル事業を行っている株式会社マリカーに対し、不正競争行為および著作権侵害行為の差止等と損害賠償を求めて提訴を行った(任天堂の発表)。

「マリカー」は任天堂の人気ゲーム「マリオカート」の略称としても知られており、任天堂はこの社名が同社の権利を侵害していると主張。また、公道カートのレンタル時に任天堂が権利を持つ「マリオ」などのキャラクターのコスチュームを貸与していたことについても問題としている。

なお、「マリカー」という名称については株式会社マリカーと「尾田 久敏」なる人物が商標出願を行っているが、現在審査中/審査待ち/異議申し立て中という状況となっているようだ。ちなみに「尾田 久敏」という人物はほかにも「マリオカート」や「脳トレ」、「おそ松さん」「マリオランド」「マリオエリア」などの商標も出願している。
13169311 submission
アニメ・マンガ

「アニメ・漫画ファンに優しい結婚相談所」が秋葉原にオープン

タレコミ by insiderman
insiderman 曰く、
「アニメ・漫画ファンに優しい結婚相談所」を謳う「とら婚」なる結婚相談所がオープンした。Webサイトには記載されていないが、アニメ・マンガ関連商品を扱うショップ「とらのあな」などを運営するユメノソラホールディングスが関連する事業のようで、責任者の氏名もユメノソラホールディングス代表の氏名と一致している。

婚活パーティの運営やマッチング、コンサルティングといったサービスを提供するとのことで、入会金は9万8,000円から、月会費は10万円から、成婚料は10万円からと強気の価格設定や、サービス内容などが色々な意味で話題となっている模様
13166775 submission
ゲーム

ポルシェで動くDOOM

タレコミ by insiderman
insiderman 曰く、
さまざまなデバイスに移植され、ついにはキヤノンのプリンタでも動いた人気FPSゲーム「DOOM」だが、このたびのポルシェ911でDOOMをプレイするデモが公開された(AUTOMATON)。

自動車に搭載されているディスプレイを使ってDOOMをプレイできるというハックだが、興味深いのがその操作方法で、ステアリングで左右移動、アクセルで前進、ギヤチェンジで武器の変更、ホーンで射撃といった具合に車の操作系を活用するのが特徴。もちろん公道で車を走らせながらプレイしたらアウトである。
13157988 submission
Google

YouTube上にある日本のレーベルに所属しているアーティストのMVはアメリカからは見られない

タレコミ by insiderman
insiderman 曰く、
昨今ではミュージックビデオをYouTube上で公開することは珍しくないが、日本の音楽レーベルに所属しているアーティストのミュージックビデオの多くは、アメリカやオーストラリアからは視聴できないという(Togetterまとめ)。

日本のロックバンド、くるりの岸田繁氏がYouTube上でのミュージックビデオ公開を告知したところ、海外からは見られないという反応があったことが発端。ミュージシャン田中潤氏のブログによると、YouTube側と日本のレーベル側との契約問題が原因のようだ。

YouTubeは2015年に定額配信サービス「YouTube Red」を開始したが、当時このYouTube Red関連の契約に合意していないアーティストのコンテンツはYouTube上から削除されるという話もあった(過去記事1過去記事2)。この辺りが原因となっているようである。
typodupeerror

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

読み込み中...