パスワードを忘れた? アカウント作成
149551 journal

jmz-yamの日記: [自]日産スタジアムサイクルパークフェスティバル 4

日記 by jmz-yam

一昨年昨年に続いて参加してきました。

三時間ソロの部で、33周回して2位でした。

 2 位 ! !

なんとも微妙だ!(笑)
どうするんだ、これ?来年も走るの確定??

リザルト
3時間の部
Man ロード・ソロ 2/210(265)
総合 2/426(510)

以下時系列
----
予報は、またしても雨ですよ。午前中雨で午後から回復と去年と同様になりそうな雰囲気。
レンタカー予約しちゃったし、雨のレースは慣れているから(涙)、DNSせずにちゃんと準備。

起きると雨雲はみえないし、ひょっとすると青空?という天気。
移動&準備の時点では青空も見えるいい天気。このまま持ってくれ…と思いましたが、スタート地点に並び出すとぽつぽつと降ってきました。とほほ。

スタート後半周程度はパレード走行。見晴らしの良い直線付近から正式スタート。
スタート直後は集団前方でまったり…という訳にもいかず、ローテーションに参加しながら集団の絞り込みが進んでいきました。
走りながら各選手のゼッケンをチェックしてカテゴリーを判断したり、上げ下げに対応仕切れていない選手をチェックしたり、まぁ、なんとか頭を使う作業をしてました。

でもって、スタート直後は持っていた天気が、ついに決壊。大粒の雨が降り出しました。マンホールは水たまりに隠れ、ヘアピンのブレーキ時には一斉にブレーキ音が響き渡る環境に。

その前から予兆はあったのですが、この雨で一斉に落車祭りへ移行。雨に慣れていない選手が毎周回落車して消えていきます。
多かったのはヘアピンへの下りコーナーでブレーキミスで落車と、ヘアピン立ち上がり後のペダリングで地面に擦っちゃって落車。あと、坂を登り切ってのヘアピンがなぜか落車が多かったですね。

とりあえず、昨年は落車でレースが終了してしまったので、今年はひたすら安全に周回を重ねました。
もちろん、ヘアピンは最内(外へ向かって落車した人と自転車が飛んでいくので巻き込まれないように)。最内だから速度はほぼゼロになっちゃうけど、そこから集団中切れしないように気合いのダッシュを毎周続けました。まぁ、無理な速度じゃなかったので、なんとか追いついていけました。

そんなこんなで段々集団は減っていって、1時間経過した時点で10名ぐらいかな?人が減ってくるのでキツさが増します。
このへんでちょっと1回目の泣きべそタイム。この強度であと2時間は無理!という雰囲気が心肺機能から感じられます。だってMaxHRの95%ぐらいがずーっと続くんですよ。キツイはな、そりゃ。

ちょっと集団後方で前方の元気な人達ウオッチングに移行。先頭グループに3時間エンデューロソロの人は2名ぐらいしかいない感じだったかな?
ローテーションは2~3回に一回しか参加できない。

その頃から、先頭グループに走り慣れていない人が飛び乗ることが多くなった。見慣れない人が集団にいるナーと思うと、どうもイッパイイッパイの様子。これが怖い。余裕がないから、集団内での動きが変。コーナーのラインも一人違っちゃっているので後ろにいて怖い。
これはまいった。
集団内でお話しするようになった人と、これは危ないねと注意をしていたのだけれど…落車して巻き込まれていました。
#その後、巻き込まれたはずなのに集団に復帰してきたのにはビックリしました(笑)

自分はなんとか近くに寄らないように注意してさらに集団最後尾へ(笑)

もう後ろで精一杯ですよ。
一度、集中力が切れて、集団から落ちたのですが、後続の速い人に引っ張って貰って集団復帰。これが一番怖い瞬間でした。

さて、2時間目前後に2回目の泣きべそタイム。どうも臀筋(脊柱起立筋?)が痛い。
ダンシング時に腰をストレッチすると超気持ちいい…というぐらい固まってしまってる。そりゃ、毎周回ヘアピンでシッティングでの猛ダッシュしてれば酷使するわな。

もうひたすらストレッチを続けるけど、ストレッチしているのかペダリングしているのか分からなくなるぐらい。

そんな中、2時間半でついに集団が崩壊。
チーム参加者が選手交代で消えていって人が減ったのと、飛び乗った選手の鬼引きに付いていけなくなったので、先頭集団と呼べる物がなくなったっぽい。

ここからはひたすら我慢の走り。というか、ダンシング時には腰筋が痛くないので、ひたすらダンシングしているような変な走りに。

最後の数周回は泣き言しか出てこなかったような…。

ちなみにこの時点での順位は3位ぐらいかナーと思ってました。3時間ソロ選手は集団に3名ほどいたはずなので。
午後の2時間も走るキング・オブ・エンデューロ選手は一人格が違う人がいて、集団崩壊時に生きの良い選手追走して前方へ消えていったのですが、クラスが違うからいいかーと見送り…というか心が折れて追えない。

最後の1時間、とくにこの集団崩壊後の30分は本当になけなしの精神力を全部集めて、安全に走る集中力と、最後まで走りきる心の折れなさに補充してました。

なんとか3時間ゴール後、観戦していたチームメイトから「2位だよ!」と教えてもらって、ビックリ!予想より上位だ!

表彰式には雨と泥でドロドロのまま参加。一位の人は…と見るとキング・オブ・エンデューロの選手でした。しばし表彰台の上でポカーン。
キングオブ~は同一カテゴリー扱いだった模様。
知っていても結果はあまり変わらなかったと思うので、自分の実力的にはこんなもんかと。

ちなみに3時間総合でも2位なのは出来すぎ。

やっと大きな大会で入賞できましたが…心境は微妙。この大会はファンライド的なお祭りレースなので、これで勝っても強いと言えるのかなーと。
もうちょっと競技指向の人達の中で勝ってみたいなと欲が出てます。

とりあえず、一区切りは付いたかな。
でも、ココで垂れずに来月のおきなわに向けてもう一段上げていかないと。

・余談

そんな中で一番先に音を上げたのが尻筋。
ヒルクライムでも真っ先にヘタレる場所。ここの筋肉が張ってペダルを回せなくなる。
毎回、筋トレしないとと言ってやってない場所。

去年も同じ所が痛いと言ってる!成長してない!
ちょっとマジメに取り組まないと、欠点は欠点のままかと。

ちなみにレース翌日にスポーツマッサージに行ってほぐしてきました。
だいぶ楽になったので、キツいときはありかな。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...