パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

過去のタレコミ一覧:
保留 0件、 却下 3件、 掲載 4件、合計:7件、 57.14%の掲載率
969713 submission
サイエンス

ダチョウのペニスの謎が解明 1

タレコミ by kaho
kaho 曰く、
鳥類は殆どの種でペニスを持たず,哺乳類や爬虫類とは異なった生殖行動をとる.(例えばカモは毎年ペニスが生え変わる)ダチョウは鳥類の中でも珍しい側に属するのだが,彼らがどのようにしてペニスを勃起させているかがついに解明されたとこのと(Nature Web News論文要旨
今回の研究結果によると,かつては根拠なく血液によって勃起すると思われていたダチョウやエミューも,他の少数派と同様にペニスを持つ鳥類と同様にリンパ液によって勃起することが分かったという.
このことから,リンパ液を利用した勃起は鳥類の祖先種より遺伝されたものであることが推定されるが,ということは恐竜も?
753354 submission
日記

新種の命名権,売ります

タレコミ by kaho
kaho 曰く、
Nature Web NewsのFish for saleによると,非営利団体であるMonaco-Asia Societyが新種の魚類の命名権を9月20日にモナコにてオークションするという.
このオークションの目的は,より多くの研究と保護活動のための資金を集めるためということで,各新種ごとに4万5千ドルから50万ドルの開始価格となっている.
動物の新種の命名権がオークションにかけられたのは初めてではなく,2005年にボリビアで発見された新種の猿が65万ドルで落札されたことがある.しかしこれほど多くの新種の命名権がオークションに一度に並ぶのは初めてのことだという.

対象となる生物(以外のものも含まれているが)はthe Blue Auctionのサイトの商品一覧にあるが,環境保護に貢献しつつ名前を残したい篤志家の方は参加されてはどうだろうか.
761343 submission
サイエンス

生きているダイオウイカの撮影に成功

タレコミ by kaho
kaho 曰く、
読売新聞の記事より、国立科学博物館の窪寺恒己・動物第三研究室長らのチームが世界で初めて生きているダイオウイカの撮影に成功したそうです。(Nature Web News , BBC News, CNN.com
ダイオウイカは体長が20mを超えることもある巨大なイカで、無脊椎動物の中では最も巨大な生物です。これまでにも死体が海岸に打ち上げられるなどして存在は知られていましたが、生存している状態での観察はなく、生態が全く不明のままでした。
今回、ダイオウイカを食べるマッコウクジラの集まる父島付近の海域に狙いを定めて900mの深さに餌とカメラを沈め、ついに撮影に成功したそうです。ダイオウイカであることは撮影時にちぎれた足からDNAを抽出して確認したとのこと。
これまではこれほど大型で深海に住んでいる動物なのだから動きは遅いと思われていたのですが、意外にも素早く餌を捕獲しようとしたそうです。
763154 submission
サイエンス

2足歩行するタコがいる

タレコミ by kaho
kaho 曰く、
バークレー大学の研究者が,インドネシアの海で海底を二足歩行するタコを発見したとScienceに報告しています.(毎日新聞バークレー大学のプレスリリース(動画あり)論文要旨) このタコはメジロダコ(Octopus marginatus)と藻タコ(Octopus aculeatus)の2種類で,足を6本上げて残りの2本で歩く姿はなんともユーモラスですが,海底で海流に流されるココナッツや海藻のように見せることで捕食者からの攻撃を回避しようとしていると考えられています. これまで2足歩行というと間接と骨格による陸上生物をモデルとしたものがイメージされてきましたが,今回報告されたようなタコが見せた"soft robotics"が新しいモデルを提供するかもしれません.
765416 submission
サイエンス

BIP2004受賞者決まる

タレコミ by kaho
kaho 曰く、
以前/.Jでも紹介されたバイオインフォマティクスプログラミングコンテスト(BIP2004)の受賞者が決定した. 受賞者は8月に開かれるプライベートな会議中に表彰される.
タレコミ子も参加者の一人であるのだが,前回と比較して複数受賞者が少なくなったこと,参加者自体が多くなったことから考えてレベルがあがったようだ. 特に今回の出題は生物学の知識よりも問題の把握と迅速な解決能力,そしてなによりもプログラミングの能力が問われたことから多様な参加者をこの分野に招待することができたように思える.
一方運営上の問題は前回から変わらず,授賞時に研究の発表を行うにもかかわらず受賞の決定から発表まで1月足らずしか用意されていないなど,次回が開催されるのであれば改善が期待される.
769022 submission
サイエンス

恐竜も癌になった

タレコミ by kaho
kaho 曰く、

Nature Science Updateによると、700以上の博物館の10,000体以上の恐竜の骨を調べた調査の結果、恐竜にも癌があったことが判明したらしい。(原論文は有料で閲覧可能)

これまでにも恐竜の病気については研究され、生息期間が癌細胞の増殖に十分であることから癌になってもおかしくないと思われてきた(一種に関しては既報あり)が、初めての大規模な調査によって恐竜も現代人と同じ数種の癌に苦しんでいたことが明らかとなった。

興味深いのは癌が発見されたのは白亜紀に生息していたハドロサウルス類の骨だけで、97個体から29の腫瘍の痕を発見したという。
投稿者は化石については無知なので検証できないが、家族性の傾向もみられたようで、我々が知る癌のように、遺伝的要素と環境要素の組み合わせによって発症していたことも同様だそうだ。

769866 submission
サイエンス

日本のバイオインフォマティクスは底が浅いか?

タレコミ by kaho
kaho 曰く、

/.Jでも記事になったバイオインフォマティクスプログラミングコンテスト BIP2003の受賞者が決定した。
このコンテストは、情報という観点から生物を解析するバイオインフォマティクスの研究を新しいアイデアで発展させることや、バイオインフォマティクスや生物学以外の分野の人材にバイオインフォマティクスへ取り組むきっかけを与えることを目的として開催された。

結果と講評が掲載されているが、応募数が全体で50に満たない、受賞者の多くが大学や研究所で研究する専門家であったりとあまり違う業界からの参加を促進できなかった模様。
受賞者全体でも複数受賞者が7人中3人であるように、日本のバイオインフォマティクスの底の浅さを示すような結果となり残念なものとなってしまった。

今年度もまた開催される予定とのことなので、受賞者のレポートを(評価レベルの)参考に、「これならば俺の方が上だぜ!」という/.Jの読者は奮起してみてはどうだろうか。

typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...