パスワードを忘れた? アカウント作成

kenketsuさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのRSSを取り込んでみよう。

15365401 journal
日記

kenketsuの日記: カレー十一回目 1

日記 by kenketsu

週末のカレー。今回作ったものは、ミックスフライカレー…とでも呼ぶのだろうか。つまり、カレーにフライを数種類添えたもの。

フライはひとまず野菜だけでやってみた。使ったのはカボチャ、ナス、ピーマン(今回はナスがある!!)。野菜だけなのは、フライにできそうな肉類が在庫に無かったということもある(あったのは豚の切り落としだけ…)。

カレー本体は、今回はフライが別にあるので、タマネギ以外の具材はいつもよりずっと少なくした。後は、隠し味の実験として、インスタントコーヒーを投入。煮込む時に、小さじ一杯分くらい入れてみた。それ以外はいつもと同じ手順。

全体手順は、カレーをいつものとおりに作って、煮込み始めると同時にフライを作り始めた。今思えば、手順的にカレーの具材を用意するのと、フライの具材の準備を同時にやってもよかったかもしれない。せめて、野菜を切るくらいは。でも、キッチンがそう広いわけでもないから、一度に多くのことが出来ないんだよね。

それはともかく、初めてにしては、フライは大きな失敗なく作れたのではないかな。具材に小麦粉・卵・パン粉と順に付けていく時に、指にパン粉の塊がどんどん溜まっていくのは、何となく懐かしい。パン粉は手で付けるのではくて、かぶせていくものというのを何となく思い出し、そんな感じでやっていく。

揚げ工程は、以前の素揚げと同じように、フライパンでの揚げ焼きで。揚げつつ何回かひっくり返すのと同時に、以前コメントで教えてもらった、スプーンで油をひたすらかけまくる、というのもやってみた。なるほど、良い感じ。これは時短にもなるかも。特にピーマンは、形の都合上、浅い油ではうまく油が回らなかったので、効果があったと思う。

出来上がったものは、なかなかいい感じ。揚げたてで、衣がサクサクなフライと一緒にカレーを食べる、というのが実に素敵な体験だ。カボチャもナスも、ちゃんと火が通せていて、とてもいい感じ。これは、いずれやるであろうカツカレーが楽しみになる。で、カレー本体の方は、まあ、隠し味の効果というのはあまり感じられず。こういうものかもしれないけれど、どうなんだろう。

その一方で、カレーとフライで使った油の総量を鑑みるに、全体ではとんでもなくハイカロリーだ。揚げ焼きで油の量の減りが直接見えるせいで、どれだけの油がフライの具材や衣に吸い取られたのかがよく分かる。こんなものを毎日食べていたら、そりゃあ太るよね…。使った油はカレー・フライ共に全て植物性の油だけれど、動物性の油でこれをやったら、もっとすごいことになりそう。

カレーも揚げ物も、手間がかなりかかるので、自分は頻繁にやろうとは思えない。週末とか、時間がある時ならやってみてもいいかな、と思うくらい。なので、多分大きな影響は出ないとは思うけれど、来週やる献血での数字がどうなるかはちょっと心配。

15364816 journal
日記

kenketsuの日記: EDF2・3 for Nintendo Switch

日記 by kenketsu

出た・出るのは喜ばしいけれど、そもそもSwitchを持ってないし、両方ともSteamでも出してくれないかな。そうすれば、Steamだけで、EDF IA・IRを含めたほぼすべてのEDFができるのだ。その上でも、まあ、さすがにEDF1の移植はないだろうが…。

15358965 journal
日記

kenketsuの日記: 献血188回目

日記 by kenketsu

献血回数:188回目
実施日時:2021/07/25 11:30~12:45くらい
実施場所:みぞのくち献血ルーム
献血方法:血小板
次回献血可能日:2021/08/08(全献血方法)
備考:今日のヘモグロビン濃度は15.4g/dl。自分にしては高めの数字。先週・今週の食事で何か良かったものがあったのだろうか。うーん、思い当たるものは豚肉くらいしかない。採血中は本を読みつつ横目でオリンピック。水泳でメダル授与をしていたけれど、今回は選手が自分でメダルを取って、続けて自分で首にかけるのね。がらーんとした観客席ということもあいまって、なかなかに新鮮。採血はフロー警告がやや頻発したので、お湯ビニール袋を自主的に所望。あとは、カウンターの人が自分へ来室のお礼を言いに採血室まで来たのだけれど、あれは何だったのか…。今日は、それほどまでに血小板がノルマに達していなかったということだろうか。採血機はCCS。処遇品は今回も貰わずで、キットカットは相変わらず配っていたのでまた貰う。次回の予約を献血ルームでして終了。

15358655 journal
日記

kenketsuの日記: SEKIRO続き

日記 by kenketsu

ある程度進めた。スキルツリーが解放されて、忍び義手のギミックがいくつか使えるようになってしばらくしたところ、という感じ。

今は、とあるボス(?)でスタックしている。多対一の状況で始まるので、まずは周囲の雑魚を殲滅して一対一(味方NPCがいるので二対一だけど)に持って行かなければならない。でも、慌ててしまって、結局囲まれてタコ殴りにされるということを、延々と繰り返している。駄目だこりゃ。

面白いのは確か。でもやっぱり難しいな。いや、難しいというより、未だにSEKIROでの戦い方に適応できていない自分のプレイヤースキルがそもそも駄目という感じ。

敵の動きをしっかり見て、攻撃か、ガードか、はじくか、回避か、いずれかを判断して反応なければならない。その正確さが、ダークソウルシリーズよりもはるかに強く求められる。まさにプレイヤー自身が成長しないと、先に進めない。アイテム関連もごり押せる仕組みになっていないし。

この調子だといつ終わるか分からないけれど、長い目で、ちまちまやっていこう。

15358539 journal
日記

kenketsuの日記: カレー十回目 2

日記 by kenketsu

週末のカレー。今回はきのこカレーにしてしまった。揚げ物を組み合わせるのはまた後日。きのこ類はなぜか好きで、スーパーでいつも買うし、他の料理でもつい入れてしまう。きのこスパゲティなんていいよね。

通常の具材の他に、冷蔵庫にあったシイタケ、ブナシメジ、エリンギをドバっと投入。他のきのこもあったら入れていたと思うけれど、今日あったのはそれらだけだったので。盛ったカレーのどこを見てもきのこがある、この幸せよ。

先週カレーを作ってから、カレーの隠し味についてちょっと調べた。メジャーと言えそうなのは、コーヒー、ウスターソース、リンゴ、はちみつ、ヨーグルト、チョコレートなどなど…と言ったところかな。リンゴとはちみつで脊髄反射的に脳裏に浮かぶのは、バーモントカレーか。すっかりCMで条件付けされている。

コーヒーは普段飲まないので、家に置いていない。コンビニとかで適当に少量買ってくればいいだけなんだけどね。挙げた中ではヨーグルトとチョコレートは在庫があったけれど、加減を間違えると大変なことになりそうだったので、腰が引けて、今回はやめにしてしまった。まあ、ちょっとずつ試してみよう。

15358091 journal
日記

kenketsuの日記: SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

日記 by kenketsu

Steamのサマーセールで買ったものの一つ。ちょっとだけやってみた。

今は、多分チュートリアルが終わって、本番の攻略が始まったところかな。まだ慣れていないので、早くも死にまくっている。でも、これはかなり楽しそうな予感。PS3のデモンズソウルを一番最初にやった時のような、ワクワク感でいっぱい。

動きの自由度が高いこともあって、キャラクターを動かしていて、ダークソウルシリーズをやっていた時のイライラがほとんどないのは嬉しい。ちょっとした段差が登れない、とか。まあ、カメラの挙動がまだ分からないので、分からん殺しになる可能性は多々ありそうだけれど。

例によって、初回は攻略情報は一切見ない。そして、相当難しいゲームだとも聞いている。さらに、自分はアクションゲーム向けのプレイヤースキルは昔から決して高くなく、ひたすらリトライして、敵がデレるパターンを引くまでただ粘り、何とか突破するタイプ。なので、一周し終わるまでには果たしてどれだけかかるのだろうか。

15357412 journal
日記

kenketsuの日記: 火星の人

日記 by kenketsu

なかなか面白かった。一言で表現するなら、火星版冒険野郎マクガイバー、が当たらずも遠からず? 当然、劇中にはダクトテープもちゃんと出てくる。

想定外の発生イベントへ、限られた手段で主人公が対応する際の発想は面白い。また、科学の知識とお手製感全開で都度何とかしていくのも、なかなかに爽快。ここら辺がマクガイバー要素。計算して出てくる色々な数字が、サバイバルの緊張感をもたらすのもいい感じ。感情や雰囲気ではなく、冷徹な数字でヤバさを表現するのが、ある意味リアルではある。

ストーリー上では、主人公のサバイバルスキルはもちろん重要。でもそれ以上に、宇宙開発における「こんなこともあろうかと」的な用意周到さがストーリーを進める大元の原動力になっているのが、大変納得できる。それらの準備がなければ生存は不可能である一方で、その用意周到さがあっても、発生してしまうトラブルのやっかいさ。現実もそうだしねぇ…。

ストーリーラインとしては、王道。一難去ってまた一難、的な。でも、場面が展開するきっかけになったとある組織間の取引や、事件関係者のひたむきさ・純粋さには、口の悪い人には、単なるご都合主義でしかないよね、と言われてしまうかも。でもいいじゃん、それでさ。この辺りは、ジェイムス・P・ホーガン的な雰囲気なり信念を感じるな、自分は。

あと、序盤で主人公を火星に置き去りにせざるを得なかった仲間たちにも、後から格好いい役割がちゃんと与えられていて安心し、感心した。なるほど、そういう風に使うのね、と。まあ、実際にああいう行動に出られるかどうかはともかく、お話としてはとても熱い展開ではある。大変結構。ここら辺もホーガン的。

内容がどれだけリアルなのかは、自分には知識が足りなくて判断はできないけれど、ハードSF的な状況設定や展開が好きな人なら、大変楽しめるのではないかな。で、これ映画にもなっているんだ…ググるまで知らなかったな。

15354206 journal
日記

kenketsuの日記: 素揚げ 4

日記 by kenketsu

先日のカレー日記へいただいたコメントで思い立ち、ここはひとつ、揚げ物にも手を付けてみようかと。まずは、衣も何もない素揚げから。具材は、冷蔵庫の中身とにらめっこした結果、カボチャ、ニンジン、ピーマン、ジャガイモ、シイタケ、サケの切り身。

今回は揚げ焼きで。フライパンに油を浅く注いで、コンロに火をつけて油の温度を上げ、おもむろに具材の投入を開始。油の量が少ないのでひっくり返さないといけないけれど、それでも火はすぐ通る感じ。見た目でいい感じになったと思われるものから、片っ端から引き上げて、油を切る。

結果としては、単純に揚げただけにしては、なかなかいいかも。特にサケは、外はカリカリ、中はふっくらになったので、かなりイケる。カボチャもいい感じ。今日は在庫にナスがなかったのが、実に悔やまれる。次はちゃんと衣を作って、天ぷら(もどき)でもやってみようかな。それに、トンカツとかもこの流れで作れるだろうから、カツカレーへの道が開かれたと言えようか。

反省点としては、用意した具材を全部揚げ終えた時には、最初に揚げたものがかなり冷めてしまったこと。作る人と食べる人が同一なので、仕方がないと言え、それでもちょっと悲しい。あとは、火の通りが甘いものも少しあったので、要練習だろう。

さて、食べた後は油の処分。油の量はあまり多くしなかったので、油切りに使ったキッチンタオルで全部吸い取れるくらいだった。キッチンタオルはビニール袋に詰め込んで、次のゴミの日待ち。で、油そのものよりも、周囲に飛び散った細かい油の掃除の方が面倒くさい。

15353405 journal
日記

kenketsuの日記: 扇風機 13

日記 by kenketsu

20数年使ってきたものから買い替えた。前のものは、首振り機構が壊れた以外は、普通に使えはしていた。でもまあ、これくらいの期間使えば、もう買い換えてもいいよね…という感じで。これで、自分が持っている家電で一番古いのは、掃除機とアイロンになったのかな。両方とも、使い始めて15年くらい。あと、髭剃りも同じくらいか。

扇風機にはそう多くの機能を求めていない。今回のものも、電子制御って何よ?と言わんばかりの、古き良き(?)メカニカルな扇風機。店頭に並んでいた中では一番安いもので、税込み2000円弱。某大手安売り店のPB物。

風量は3段階をボタンで選ぶタイプ。押し込まれているボタン以外のどれかを軽く押すと、ボタンが押し込まれていない状態に戻って、全体が動作オフになるアレ(これは、正式には何と呼ばれる仕組みなのだろう?)。このタイプは目で見なくても足の指でつつくだけでオンオフができて、操作ミスもないので、地味に好き。

リモコンは無し。リモコンの必要性はあまり感じないので、無しでいい。部屋は狭いし、使う時はどうせつけっぱなしだ。タイマーはねじって設定するもの。まあ、使わないけれど。ファンの直径(30cm)はもうちょっと大きい方が良かったのは事実。でも、クラスが上がると一気に値段も上がるので、まあこれでいいかと。

それはともかく、ここ何年かで、どんな種類の店でもPB物がすごく増えてきた印象がある。食品関連の製造元を見てみると、メジャーな会社が製造したもののラベル書き換えが多かったり。今までの仕事柄、流通関連の知識があまりなくて、PBがどういうビジネスモデルになっているのか、恥ずかしながら正直よく分かっていない(多分、常識レベル?)。ちゃんと勉強はしておかないといけないな。

15353320 journal
日記

kenketsuの日記: 富士山の近くをぶらぶら

日記 by kenketsu

ちょっとバイクで走ってきた。しばらくバイクにまともに乗っていなかったので、リハビリも兼ねて。ルートは、国道246号→国道16号→道志みち→山中湖→三国峠→富士山スカイライン→国道469号→東名。

下道でのんびり走ったこともあって、時間はそこそこかかり、出発から帰宅まで大体6時間。今日は天気が良くて、走っていてとても気分がいい。標高が高いところは涼しかったけれど、御殿場に降りてきたら暑いね、さすがに。帰った後はバイク屋に行って、タイヤ交換と定期点検のためにバイクを預けた。

東名は、見た感じは上りも下りもスムーズだった。緊急事態宣言の影響で比較的空いているのだろうか。それに、走っていた時間帯(午前10時くらい)で、大和トンネル~海老名SA付近で休日で下りがあれほど流れがいいのは、あまり見たことがなかった。

大和トンネル付近の拡張工事はもう終わっていて片側4車線になっていたので、流れが良かったのはそのせいもあるのかな? でも、4車線になったのはあの周辺だけっぽいので、実際にはどれだけ効果があるのだろう。やらないよりはいいと思うのだけれど、結局また3車線に合流するのだし。

typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...