パスワードを忘れた? アカウント作成
15744774 journal
日記

kenketsuの日記: プロジェクト・ヘイル・メアリー

日記 by kenketsu

「火星の人」のアンディ・ウィアーの2021年の作品。ちょっと前に、Amazonのセールで安くなっていたので買ってあったのを読んだ。

奇をてらっていない、地に足のついたSF、という感じ。さわりだけちょっと読むつもりが、上下巻一気に読んでしまった。

「火星の人」と同じように、一難去ってまた一難、という構成がずっと続き、危機に陥るたびに主人公の科学知識とマクガイバー的な解決方法で、辛くも切り抜ける。

正直言って、一部を除き、読者にとって想定外のことはほぼ起きない。ある程度の物理・化学・宇宙論などの素養があれば、この状況だとこういうことが起きるだろうな、と想像できることがやっぱり起きる。でも、置かれた状況や制約の中で、主人公がどう解決するのかを楽しむ作品。

で、「火星の人」とは構成が少々違い、現在編と過去編が入り混じって物語は進む。最初は記憶喪失である主人公の背景や世界設定が、徐々に明らかになってくるのもなかなかに楽しい。

それに、「火星の人」と比べて物語のスケール感も大きくアップしている。主人公以外の登場人物も、なかなかの規模でなかなかの無茶をやらかす。

ちなみに、作家買いをして、一切の前情報なしで読んだので、ある程度話が進んでジャンル的に〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇ものなのだと判明した時は、さすがに少々驚いた。細かいことはネタバレになるので書けないのが残念。

typodupeerror

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

読み込み中...