パスワードを忘れた? アカウント作成
16722400 journal
日記

kenketsuの日記: 維持 2

日記 by kenketsu

各地の山奥を走っていると、目に映る街並みがあとどれだけの間維持できるのか、ということをどうしても考えてしまう。見かける人が、見事なまでに全員爺さん婆さんなんだよね…。それに、維持整備されていない道がどれだけすぐに荒廃するかは、それなりに分かっているつもり。建物なども似たようなものだろう。まあ、自分もいわゆる人生の折り返しをとっくに過ぎているわけなので、それらの行く末を見ることはないだろうが。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2023年08月14日 10時20分 (#4510186)

    じゃないと、移住しようとは思わないだろうね。
    「ポツンと」とか見てて、あの番組の対象ですら生家をすててふもとの集落へって少数だし。
    高齢になってから新しい人間関係をつくるのも面倒だし。

    まぁ、都市部で賃貸に住んで、引っ越しもそれなりにする生活をしていると理解できないかもしれないけど。
    生きてきた世界や時代が違うんだろう。

    公共のリソースは限られてるんで、ある程度の住みやすい(災害とか広さとか)に集まるのが効率とかもろもろいいんだろうけどね。
    このままズルズル時間が流れて、それなりに消滅集落を出しながら行くんだろう。

    • コメントどうもです。

      ずっと住んでいたところを離れたくない、というのはそうなんでしょうね。私たちが感じるような色々な不便さは、ずっと住んでいれば慣れてしまうものでしょうし。

      もっと年を取ってリタイアしたら、そういう辺鄙な所へ移住してもいいかなと思っていたりします。ですが、そういう地域を実際に走っていると、実際どうなんだろうなぁとも思ってしまいます。

      親コメント
typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...