パスワードを忘れた? アカウント作成
20141961 journal
日記

kenketsuの日記: 店の入れ替え 2

日記 by kenketsu

自宅から一番近いクリーニング屋が、焼き肉屋に変わっていた。変わったのは最近だと思うが、気付いていなかった。今後、クリーニングはどこに出そうか。近くで代わりの店を探さないと。

そのクリーニング屋は、小ぢんまりとしたお店だった。どこかのフランチャイズではなく、個人経営のお店だったのだろう。店構え的には、はるか昔から営業していたと思われるが、具体的にいつから営業していたのかは知らない。

お店での応対は、小柄なおばちゃんがしていた。自分はあまり頻繁には利用しなかったにもかかわらず、おばちゃんには自分の名前を憶えてもらっていたりした。おばちゃんは結構なお年なように見えていたので、店を畳んだ理由が引退だとしても、まあ自然だろうか。

そんな感じで、お店側の個人が分かる距離感でずっと付き合っているお店は、近くでは床屋くらい。あの床屋には、今の住居に引っ越してからずっと通っている。だから、もう二十年近いのか。先のクリーニング屋も、付き合い始めた時期は同じだが、当然、もう期間が伸びることはない。

その床屋のダンディなご主人は、自分と同年代か一回り上くらいに見える。少なくとも下ではないだろう。(恐らく)奥さんも理容師で、その二人で回しているお店。だから、この床屋はまだまだ続きそう。まあ、自分は床屋では喋らないタイプだから、実際どうのかは分からないが。

ちなみに、自分は丸刈りなのもあって、カットへは細かい注文を出さなくてもいい。だから、「同じで」か、ご主人からの「同じでいいですか?」に対して「はい」で終わる。店内で自分が喋るのはそれだけ。なので、他にお客さんがいない場合は、テレビから音声が流れている以外は、静かな時間がひたすら続く。こういう客は、床屋から見てどうなんだろう。

床屋で思い出したが、自分の父は、同じ床屋に生涯通い続けたのだった。自分が今のところにずっと住み続けるかは分からないが、もしかすると、自分も同じパターンになるかもしれないな。歯医者は確実にそうなりそう。

また、そういう個人経営のお店でなくても、同じ店に通い続けていると、同じ人がずっといるなーというのは分かる。近くのコンビニには同じ店員さんがずっといたりするし、スーパーでも同じ人がずっとレジ打ちをしている。バイク屋は結構人が入れ替わっている印象。

こっちから見れば「いつもの人だなー」ではあるが、あちら側からすれば自分は多数の中の一人でしかないと思われる。でも、実際はどうなのか。そういう立場で仕事をしたことがないから、よく分からない。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by yasuchiyo (11756) on 2023年11月23日 23時09分 (#4568772) 日記

    自分自身はクリーニング屋はほとんど縁がないけど、子供の頃の記憶では父のカッターシャツはクリーニング屋に出されてたなあ

    床屋は、就職でこちらに来て初めに入ったところにずっと行ってるな
    特にしたい髪型とかなかったので全体に短くしてくらいの注文で入ったけど、いつの間にか「いつも通り」でOKになった
    最近(でもないか)息子さんが加わったけど、洗髪とか顔剃りで来ることはあってもカットは必ずご主人が担当してくれるのは常連対応なのだろうか
    ぼくもほとんどしゃべらない系なんだけど

    • by kenketsu (37657) on 2023年12月17日 21時24分 (#4580940) 日記

      コメントどうもです。

      お客とお店に何となく通じるものがあるというのは、やはり、ずっと通っているからなのかなという気はします。言葉で上手く表現できませんが、信頼感と言うか、分かってる感というか。

      次に使うクリーニング屋は、またもや、そこそこ近くにあるお店にしました。デパートの駐車場内にあるお店。お店の規模はちんまりとしていて、受付と返却だけ行って、作業は別のところでやる、というタイプのお店のようです。

      親コメント
typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...