パスワードを忘れた? アカウント作成
14451703 journal
日記

kitune-sanの日記: はじめてのぐぬーきゃっしゅ

日記 by kitune-san

※新しいキャッシュレス決済ではない。

これまで自分の金管理の帳簿なんてつけてこず、給料よりも支出が少なくなるように気をつければいいかぐらいの感覚だったのだけれども、
定期やネットバンクといった銀行口座が増えたり、クレジットカードで買い物をしたり、
証券口座で取引したりしているうちにこれは少しまずいのではないか?と思い帳簿をつけることに決めた。

最初はパスワードや口座設定をすれば自動的にスクレイピングしてくれるサービスを使おうかと思ったのだけれども、
- パスワードや口座情報を1つのウェブサービスに集めるのは怖い(APIがあるとはいえ、最近のセキリュティ問題のこともある)。
- ほとんど無いと思うがサービスが停止されると困る。
- スクレイピングをしたら利用規約違反だと言われるかも。
という理由から、単体のアプリケーション(GnuCash)を使うことに決めた。
GnuCashに決めたのは、Archで手っ取り早くインストールできたためである。ほかは知らない。

最初はGnuCashの複式で記載してく方法について、個人の金管理でここまで必要あるか?と思ったけれども、
自分の総資産と負債・純資産のバランスシートがひと目で見えるのは個人でも結構いいのでは無いかと思えてきた。
(固定資産(車)は購入金額にしているので実態よりも高くなっているとおもうが)
自分の資産の比率とその推移がグラフなどで見れるもいい。

外貨と証券関係は、評価額を自分で記入する必要があるため手間ではあるが月末などに更新していく運用にしようと思う。
自動取得する方法もあるみたいだが、日本株・投資信託は手間がかかりそう。

記録するたびにログファイルがどんどん生成されているみたい。少し気になる。
小数点以下の扱いってこういったソフトは固定小数点なのかと思っていたけれども、どうやら違って分母と分子をわけた分数の形で記録しているみたい。初めて知った。

とりあえず自己資本比率は80%以上あるのでまだ借金できそう(違

さて、この運用はいつまで続くだろうか…

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

読み込み中...