パスワードを忘れた? アカウント作成

koyhogeさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

389951 journal

koyhogeの日記: 声優CD販売数

日記 by koyhoge

http://anime.2ch.net/test/read.cgi/voice/1147543381/762n

762 :声の出演:名無しさん :2006/05/16(火) 18:54:45 ID:M/yZRDwc0
★野川さくら「君色パレット」4947枚
+クローバー「マジスキMAGIC」3314枚
+宮崎羽衣,徳永愛「マジカルちょーだいっ」2606枚
+酒井香奈子「Cheer!~まっかなキモチ~」2286枚
+千葉紗子「さよならソリティア」5625枚
+新谷良子「恋の構造/トリックスター」3959枚
+清水愛「記憶薔薇園」2607枚
+中原麻衣「ふたりぼっち/モノクローム」2039枚
+野中藍「夢のドライブ」1334枚

=28,717枚 < 平野綾「冒険でしょでしょ?」28,878枚(3週目)

こう考えると・・、ちょっと怖い

同人CD並にしか売れてないんだなぁ。

566837 journal

koyhogeの日記: ハッカーと画家

日記 by koyhoge
ハッカーと画家」より印象に残った文章。大元は『計算機プログラムの構造と解釈』より。

プログラムは、人がそれを読むために書かれるべきである。
たまたま、それが計算機で実行できるにすぎない。

すばらしい。冗長なコメントの必要性は昔から疑問だったのだけど、この文章を読んですんなり納得できた気がする。
やはりソースコード自体が読めるものでなくてはいけない。

389141 journal

koyhogeの日記: あくえりおんEDめも

日記 by koyhoge
440 名前:ワールド名無しサテライト メェル:sage 投稿日:2005/06/14(火) 01:26:00 ID:H3Tzgw9H
              春雨まーだ? スイカバーまーだ? ホラホラ おぉ?
               ほうとうくれや 黒酢煮た オムな まぁ食い?
               クレーンと蝋 辛いとロープ ホラホラ おぉ?
     /^ヽ--'^ヽ     アル中ニート 大人 苦労人 で丸井居た
     | /( ゚ω゚〉!|     秘宝 出るたぁ メモには 宮とラッパー ラブラブで移住
    ノイ |u ○uヘ〉    秘宝 出るたぁ メモには ニート ニート ニートだ ほら!
   Σニ し-‐J      ホタテまーだ? 新香もまーだ? ホラホラ おぉ?
               ほうとうくれや 黒酢煮た オムな まぁ食い?
               春雨まーだ? スイカバーまーだ? 食い足りん 足りん!
               アクエリオーン アークエーリオーン
366882 journal

koyhogeの日記: ネットげーせんMAMEぱくり問題 1

日記 by koyhoge

ということで、おいら的には、ごろ~が2ちゃんスレURLをircの某ちゃんねるに貼ったことから始まり、ごうちゃんが煽ったことで火がついたこの騒動も、第1フェーズはほぼ収束を迎えたようです。(内輪ネタなんで気にしないように)

MAME Teamの今後の出方や、メディアカイト、Billy Bala側がどのような対応をするのかはまだまだ予測できない状況ですが、これ以上は個人で動いてもどうしようもないし動くべきじゃない範疇なので、じっくり成り行きを見守りたいと思います

387307 journal

koyhogeの日記: CM62終了

日記 by koyhoge

いやー、今回はへとへと、本当に疲れました。

3日目終了後は、仲間の打ち上げの誘いも蹴って、ただ家に帰り着いてぐっすり寝ることだけ考えてました。打ち上げぶっちしてすんまそん > 心当たり。年齢が上がって無理ができなくなるというのはこういうことかと実感したりして(爆)。

今回もいろんなことがあって、とても楽しくて、とても有意義な3日間でした。こういうお祭りに結構特殊な立場で年2回参加できるのは、かなり恵まれている状況かなとは思います。いつまで続けられるかはわかんないけど、状況が許す限りはつきあってみようかと思ってたり。

さぁ、次はPHPカンファレンス2002だ!

713012 journal

koyhogeの日記: 任意ラヂヲ最終回 1

日記 by koyhoge

ついに最終回。

反響はものすごいようで、わずが一年足らずでここまで昇ってきたことを考えると、インターネットのダイナミズムは使いようによっては本当に武器になるのだなと思う。マーケティングに莫大な金額をつぎ込まなくても、良いコンテンツを的確にプロモートするだけで、希望する人々全体に行き渡すことができる。この破壊力は、きっと今後数年かけて社会にじわじわと浸透していくのだと思う。

昨年のTYPE MOONといい、これといい、同人とプロの境界はもはや実質的には何もないことを知らしめてくれた。その状況でなお、 プロは次にどんな手を打ってくるのだろうか。

Triumphal Records

typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...