パスワードを忘れた? アカウント作成

kumichoさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのTwitterでストーリをフォローしよう。

638247 journal

kumichoの日記: f-protをqmailで使ってみる

日記 by kumicho
  1. f-prot
    f-protから落としてくる。
    /usr/localに落として
    #tar xvzf fp-freebsd-ws.tar.gz
    #cd f-prot/
    #./install-f-prot.pl
  2. 必要なperlモジュールをインストールする
    # perl -MCPAN -e shell
    cpan> install Bundle::libnet
    cpan> install Bundle::LWP
    cpan> install IO
    cpan> quit
  3. ウィルス情報をアップデートする
    %/usr/local/f-prot/tools/check-updates.pl
  4. sourceforgeからmaildrop-1.3.8.tar.gzを落としてくる。
  5. maildrop
    #tar xvzf maildrop-1.3.8.tar.gz
    #cd maildrop-1.6.3
    #./configure
    #make
    #make install
  6. Time::HiResモジュール
    #perl -MCPAN -e shell
    cpan> install Time::HiRes
    cpan> quit
  7. qmailへのパッチ
    qmailqueue-patchを落としてきて、qmailのソースと同じディレクトリに置く。
    #patch #svc -d /service/qmail-send/
    #make setup
    #svc -u /service/qmail-send/
  8. source forgeからqmail-scanner-1.20.tgzを落としてくる。
  9. qmail scanner用のアカウントを用意する
    ユーザ名 qscand
    グループ名 qscand
  10. インストールする
    #./configure --domain xxxxxxxx.gr.jp --notify nmladm --install
  11. qmailの設定を変える
    /servcei/qmail-send/run

    #/etc/tcpserver/smtp.rulesc
    #
    # No Qmail-Scanner at all for mail from 127.0.0.1
    127.:allow,RELAYCLIENT="",RBLSMTPD="",QMAILQUEUE="/var/qmail/bin/qmail-queue"
    # Use Qmail-Scanner without SpamAssassin on any mail from the local network
    # [it triggers SpamAssassin via the presence of the RELAYCLIENT var]
    10.:allow,RELAYCLIENT="",RBLSMTPD="",QMAILQUEUE="/var/qmail/bin/qmail-scanner-queue.pl"
    #
    # Use Qmail-Scanner with SpamAssassin on any mail from the rest of the world
    :allow,QMAILQUEUE="/var/qmail/bin/qmail-scanner-queue.pl"

  12. qmail再起動
    #svc -t /service/qmail-send
  13. 動作試験
    # ./contrib/test_installation.sh -doit

完成!

参考:@IT > Linux Square > メールサーバで行うウイルス対策

396660 journal

kumichoの日記: インストール日記

日記 by kumicho

とりあえずOpenLDAPをインストールしてみる。
sudo portinstall net/openldap22-server
出かけるので、今日はここまで。

帰ってきたので続き。
インストールは終わっているので、
/usr/local/etc/openldap/slapd.conf
を編集。
参照はLDAP server on FreeBSD
include /usr/local/etc/openldap/schema/cosine.schema
include /usr/local/etc/openldap/schema/inetorgperson.schema
を追加
access to *
                by self write
                by users read
                by anonymous auth
を有効に
rootpw

#slappasswd
File modified since last write.
New password:
←パスワードを入力
Re-enter new password:
←もう一回パスワードを入力
{SSHA}XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

[SSHA]以降をコピー

typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...