パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、m13zzさんのユーザページですよ。 最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

13891206 journal
日記

m13zzの日記: DQN SEたちの思い出 その38 グレーターDQN

日記 by m13zz

■グレーターDQN
38-01. 会社の「迷宮」に足を踏み入れた冒険者達に。

 冒険当初に遭遇するザコのDQNを倒せても油断は禁物
 経営者階層には超難敵のグレーターDQNが存在する

・まず執拗な冷凍呪文でこちらの体力(モチベーション)を削ってくる
「厳しい厳しい」(ボーナス前になると毎度言い出す うんざり)

・それだけでもキツイのに毒・麻痺攻撃まで繰り出してくる

・面の皮が厚くこちらの攻撃が通じない

・約束無効化率95%
 雇用契約書を無視して一方的に給与カットされ早10年

・仲間を呼ぶ
 旗色が悪くなると他の役員を呼んで数で圧倒してくる
 
・自分のレベルが低いうちは逃げの一手だが
まず「逃げられない」

 対策は自分のレベルをとことん上げるしかない
奇跡を起こす呪文など現実には存在しない

まれに伝説の武器(不倫情報とか)が手に入ることがあるらしい

 この場合はサクサク倒せて莫大な経験値が手に入るようだ

13890300 journal
日記

m13zzの日記: DQN SEたちの思い出 その37 うわごと 1

日記 by m13zz

■うわごと
37-01. システム開発でデスマーチが進むと
ゾンビ化する手前あたりでうわごとを言う奴が出始める。

・「いのきさん・・・」
こいつの恐ろしいのは市井の一ファンでありながら
新日関係者特有のイントネーションで発声していたことだ。

・「ライヒ・・・」
WW2のヴァッフェンSSファン。
庶務さん(美人で男前)がこいつを励まそうと
耳元で「ティーガー」とささやいてくれた日は
一日パワー全開だった。

・「スライサーV・・・」
ミラーマンの大ファン。
シルバークロスは邪道だと熱く語り
一度敵に破られた時にはしみじみと脚本を讃えていた。

・DQNは今回出番なし。
仕事をせず喫煙所でダベっているだけなのでいつも元気。

13889465 journal
日記

m13zzの日記: DQN SEたちの思い出 その36 ダブスタ

日記 by m13zz

■ダブスタ
36-01. 同僚に心や身体の故障が発生したら
「よわ」とかあざ笑っていたDQN。

 いざ自分がその立場になったらさあ大変
「病院からの移動です」とか
「予定作業はできそうにありません」とか
社内調整も無しにお客様に直接猛アピール。
 
[関連]
 災渦の中心たるDQNの好きな言葉に
「ダウン」とか「倒れた」とかあるが
ちゃんとした奴ならその手の大げさな弱音は
吐*か*な*い。

13888409 journal
日記

m13zzの日記: DQN SEたちの思い出 その35 罠 2

日記 by m13zz

■罠
35-01. 若い衆が家庭の都合で退職
まじめで仕事もできる奴だったし
お互いに車が好きだったのでよく話していた

 しかし、こいつ少しDQNだった

 送別会の時に餞別を考えていたが
これを利用して
DQNを懲らしめておくのが
奴の将来のためと考えた

 最近奴は頑張っていい車を買っていたので
そこに狙いを定めて罠をしかけることにした

 奴が何故か目の敵にしていたオート〇ックスへ行きあるものを取り寄せ注文した

 送別会の日

私「これ餞別 これからも頑張ってくれ」

D「どうも」(何これオート〇ックスの袋
車好きって言ってもこのオヤジ口だけだったか)
露骨な軽蔑の目

私「いいから開けてみ」

D 「はいはい」(どーせくだらんもんだろう・・・!!)

奴の買った車専用のヴェイルサイド製アルミ削り出しシフトノブだった

D 「私さん・・・・(涙)」

この手のひら返しが見たかった

13887505 journal
日記

m13zzの日記: ジジイ版私的ヒーロー列伝

日記 by m13zz

・やる気があるときのパフォーマンスは最高以上
血を一気に沸点まで持っていってくれる
魂がすっ飛ぶぜ
・やる気が無いときは全然ダメ しゅーん
・日常的にやばい行動がある(たまにそうでない人もいる)
・ごくまれに見せる哀愁がたまらん

【F1】    ジル、マンセル
【GP-500】  マモラ
【プロレス】 破壊王、デルフィン、マードック
【プロ野球】 江夏、山崎武司
【大相撲】  朝青龍
【ロック】  エース・フレーリー
【MCU 】   ロケット先輩

# ここまで書いてきて気付いた
# こいつら全部DQNじゃねえか
# 俺はDQN大好き男だったのか・・・

13886630 journal
日記

m13zzの日記: DQN SEたちの思い出 その34 2-6-2の法則 1

日記 by m13zz

□2-6-2の法則
34-01. DQNに対する愚痴を垂れ流していると
平たく言えば「クビにしろ」というご意見を戴くことが多い。
 しかし、現実的にはなかなか難しい。
 トップに取り入っているとか情実とか事情があることも多いが、
最大の障害は
2-6-2の法則が厳然として存在することだ。

 このバランスは自動的に保たれるので
DQNをクビにすると「6」の中から暗黒面に落ちていく者が
必ず出てくる。そのため期待した効果は上がらない。

 体力のある企業がタコ部屋を構えているのも
このあたりを考慮しているんではないだろうか?
 下手にクビにした結果組織の弱体化を招くより
ただ給料を払い続けるほうがはるかに安上がりだろう。

13886099 journal
日記

m13zzの日記: DQN SEたちの思い出 その33 危険度

日記 by m13zz

■危険度
33-01. 2019/04/01のスレッドでLANケーブルをでたらめに挿す話が
盛り上がっていたが、
これまでの経験では種族により危険度の目安があるように感じる。

・掃除のおばちゃん、用務員さん
        触るとやばいと理解してくれている
        種族 人間  危険度ほぼゼロ

・一般ユーザー
        大掃除や席替えの時に滅茶苦茶に抜き差ししたり
        引っ張って断線させることあり
        種族 パンピー 危険度中

13885321 journal
日記

m13zzの日記: DQN SEたちの思い出 その32 カニって美味いよね 2

日記 by m13zz

■カニって美味いよね
32-01. ある大規模システム開発が終わった
 仕事の足を引っ張るDQNが駆逐されていた程クリティカルな現場で、
要員の疲労とストレスも最高潮に達していた 
 やっと訪れた納品日に、「このままだと廃人が出る」と思い
現場の全員を引きつれてカニを食いに行った

 当時の課長にカンパをお願いしたが
「何で俺が出すの」とのことだった
 前の課長は何かあるとこっそり金一封をくれる上
「俺がいると窮屈だろうからみんなでやってくれ」と
気配りまでして下さる方だったので落胆した

 「(メニューの)ここからここまで全部くれ」と言い
腹一杯カニを食いまくった

 みんな喜んでくれたが、一人カニアレルギーの奴が混ざり
ちゃっかり別のものをオーダーしていたのが笑えた(カニ専門店なのに)

 自分史上最大の散財でクレジットカード一枚で払いきれなかったが
後悔はしていない

 DQNがカニにありつけなかったのは因果応報と呼ぶべきか

13884368 journal
日記

m13zzの日記: DQN SEたちの思い出 その31 自称技術屋 1

日記 by m13zz

■自称技術屋
31-01. 昔出入りしていた自称「技術屋」さん。
 社内サーバーに管理者ユーザーでログインしたいとのこと。
いくつか質問したところ、どうも実は当該サーバーのOSにはうといようだ。
 何をされるかわからないので断ったところ、爆弾発言。
「ネットワークやサーバーの設定は全員が知っているべきだ。
スキルは要らない」
瀕死の担当者にトドメ。
「そんなん技術屋としてあたりまえやんか」

13883394 journal
日記

m13zzの日記: ほこ×たて

日記 by m13zz

 謝罪!謝罪!と執拗にわめきたてる相手に
絶対に謝らないDQNをぶつけることを妄想してみた。
 ほこ×たて なので結果は予測できないが
どっちがダメージを受けても周囲の人にはむしろ朗報となる気がする。
 国の威信をかけて吶喊するDQN達の雄姿を想像しただけで胸熱
 菅官房長官あたりが検討してくれないかな・・・

typodupeerror

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

読み込み中...