パスワードを忘れた? アカウント作成
13996934 journal
日記

maiaの日記: 京急の踏切事故 13

日記 by maia

京急の踏切事故、通過列車が立ち往生していた12トントラックと衝突。どうも外に出ていたドライバーが死亡、運転士は軽症。乗客も死者は出ていない。踏切のある鉄道は車両が頑丈でかつ運転席部分はクラッシャブルゾーンも考慮して設計されていると。

追記
・先頭車両が45度傾いて横転しなかったのも影響したかな?

・トラックは踏切内にすっぽり入っていて、遮断機が降りた状態。
おかしいね、そういう時は慌てずそのまま遮断機を押し破って進むのが常識。エンコしてた?

再追記:電車の信号は340m手前にあったとも言うし、600m手前にあったとも言う。これ、ブレーキかけるのが遅れた可能性がある。トラックを70〜80m引きづっており、あまり減速できてなかった可能性が指摘されてる。

  • 大型車が路地を走ってた意味が今のところ報道からわからないのですが、現場はここ [google.com]ですよね?
    何故か侵入した路地を曲がって脱出できないので直進してたらついに丁字路に来て直進できなくなったと。当初左折を試みたがうまくいかないので右折して踏切を突っ切ろうとして立ち往生 [excite.co.jp]して事故が発生?左折が無理なら右折はもっと無理に見えます。

    電車はクラッシャブルゾーンじゃなくて単純に強固に作ってあるので前面があまり潰れてない [nikkei.com]風に見えます。

    右折してノロノロ踏切なんて危ないのは目に見えてますから地方なら誰かに制止されて数人がかりで誘導されて左折させてたようには思うのですが、首都圏は駅を通過する時でも減速しないで120km/hも出してる忙しく世知辛い世界なのですね。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      トラックにはナビゲーターが付いていなかったというから、個人のスマホのグーグルマップかアップルマップでも使っていたのでわ?

    • by Anonymous Coward

      京急は編成両端を大質量の電動車にする主義だそうだから、衝突時に大運動エネルギーの先頭車最先端にいる乗務員を保護する為には、勢い頑丈にするしかない。
      (大質量の先頭車は障害物への乗り上げを困難にし、先頭車床下の大量の補機群が先頭車中間部の座屈による運動エネルギー吸収を困難にする)

  • by Anonymous Coward on 2019年09月06日 0時47分 (#3681190)

    立ち往生の他にも、誤って線路内に進入とかありましたよね。車だけでなく人も「線路内立ち入りで、運転見合わせ」とか結構あるし。
    事故になっていなくとも渋滞の元になってるし経済的にも損失は大きいと思う。
    遮断時間 x 交通量 x 係数で鉄道会社から徴収して、立体交差化へのインセンティブに廻すとかないのかな?

    ここに返信
    • by maia (16220) on 2019年09月06日 1時40分 (#3681201) 日記

      元々「高速鉄道」って立体交差で踏切を無くした都市型鉄道のことだった(概念)。地下鉄も高速鉄道。でも踏切廃止は高架化か地下化しかないから、超莫大な費用かかる。

      • by Anonymous Coward

        超莫大な費用といっても既に新規設置は禁止されている(新線引くなら当然その費用は盛り込めということ)だし、生活道路を交差させるなら道路・通路を下に潜らせるというのもある。あとは踏切による損失が何年分で費用に相当するかで、現状を我慢(多少改善もあるだろうけど)するか立体化に踏み切るかじゃないかな。

    • by nekopon (1483) on 2019年09月06日 8時44分 (#3681267) 日記
      「特特制度」を参照されたい
typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...