パスワードを忘れた? アカウント作成
14055456 journal
日記

maiaの日記: 売れない方がいいのなら高く売ればいい 10

日記 by maia

ホンダとマツダ、万が一にも売れると困るEV

全く儲からない」と明かす。ならば、売れないように造るのが“最善手”。売れないEVの造り方は簡単で、日産の歴史に学び、航続距離を短くすればいい。

儲からないからあまり売りたくないのであれば、単に高く売ればいい。実際には諸要素が絡み合っての電池容量と価格だろう。初代リーフは24kWhだったが、こちらは35.5ある。約1.5倍。ホンダについては高度な温度管理が行われていて、劣化は非常に少ない。

マツダ 工藤執行役員「実用航続と環境負荷低減を両立」…量産EV第1号『MX-30』のバッテリー容量

MX-30と同等性能のディーゼルエンジン車がともに累計走行16万kmに達するまでのLCAでのCO2排出量を比較すると、ほぼ同等になるという

LCAだと16万kmでトントンなのだ。

トントンでは意味ないのでは。まあ電力だから製造行程も太陽電池で何とかしろと?

  • by Anonymous Coward on 2019年11月25日 11時37分 (#3721526)

    >まあ電力だから製造行程も太陽電池で何とかしろと?
    環境負荷対策としてのBEVの強み(利点ではない)は推進力として枯渇資源を使わない(あるいは従来より圧倒的に少ない)再生可能電力を使えることなので、それしかないのでは。
    そうでなければ「石油製品の製造上どうしてもできてしまう」ガソリン等の燃料も使うHEV方が経済・資源の効率的には良い。
    製造過程も同様だろう。
    畜電池技術は流行りの分野なので生産工程含めまだ発展に夢が見れるし。
    #そのせいで特に虚業関係が持ちあげてて、若干うさん臭くもなってるけど。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      BEVの利点は、モヒカンヒャッハーやゾンビだらけの世界ですら、継続使用が出来る可能性ではなかろうか。

      • by Anonymous Coward

        ガソリン・軽油も電気もインフラの問題なんでモヒカンヒャッハーやゾンビとかは実は関係ない。生きてる方が使える。
        そういう方面でいうなら、最終的には生物由来の動力(自転車)にはかなわない。

  • by Anonymous Coward on 2019年11月25日 21時19分 (#3721819)

    ホンダは知らないけど、マツダは売れる売れないにかかわらずEVが内燃機関車より性能上だと困るからだめでしょうね。
    マツダは内燃機関に投資続けてて、今はディーゼルが、次は圧縮着火が最上級グレードだと言うブランド展開なので。
    今変えると売り上げ不振とか株価下落の責任認めることになるので、経営陣入れ替わるまで方針変えられないんじゃないかな。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      BEVが売れて困る市場は電気インフラがろくすっぽできてないアジア圏での話で(予想と全く違ってくるから)、
      欧州圏でBEVが多少売れることは想定の範囲内。
      ただ、基本的にBEVは1%市場で、そもそも市場に占める規模が小さいマツダはそんな市場に投資する体力がないし見返りも期待できない。でブランドとしても欧州の流行りの無視もできない。
      だから「枯れてるレベルの技術で、できる範囲のことをまじめにやったら、狙えるとこが金持ちの2台目しかありませんでした」ってだけ。

      ちなみに最上級グレードは圧縮着火がよく取り上げら

      • by Anonymous Coward

        性能云々でいえばマツダ自慢のGVC+はMX-30が一番できがいいってはっきり言ってるよ
        つかあの手の車両コントロールはモーター駆動のお家芸でできて普通だったりするんだが。

      • by Anonymous Coward

        Skyactiv-Xはハイブリッドと言っても、24Vのマイルドハイブリッドだけど。
        トヨタのTHSも導入したけど全く売れなかったし…

        • by Anonymous Coward

          CO2規制で、それなりに規模のある世界相手のメーカーは、どうあがいても内燃機関オンリーじゃ立ちいかなくなるんだよ。
          #Skyactiv-Xのハイブリッドはそうい意味。ということで取り上げた。
          #内燃機関に力入れててもモーターの方をおろそかにもできないってこと。
          そんな状況で「電気自動車は売れない方が良い」なんて経営は馬鹿を通り越したナニカ以外の何物でもない。
          「売れた分だけちゃんと会社規模に見合った利益が出る」しか選択肢はないんだよ。
          だからああなっちゃったの。ってお話

          トヨタハイブリッドも書いてる通り。
          ディーラ

typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...