パスワードを忘れた? アカウント作成
14087084 journal
日記

maiaの日記: 東京2020オリンピック選手村の特製寝具が凄い 4

日記 by maia

ダンボール製ベッドで何やらネガティブな勢いの話題になっているが、要点はそこではなくマットの方。実はエアウィーブが開発元で、研究開発の成果(FNNプライム)。マットは3分割で、硬さが違うものを選手の体型に合わせて(選手の正面と側面の写真から体重分布を判定するクラウドサービスも用意)、組み合わせて使う。これによって記録が伸びる事が期待されるという。データ取りなどで10年かけた成果が注ぎ込まれている。ベッドの長さは2m10cm(追加のエクステンションもある)、耐荷重は200kg以上。ベッドもマットも全てリサイクルに適した素材だが(ちなみに掛け布団は羽毛ではなくポリエステル)、リユースも可能で、ベッドも通常の折りたたんだマットくらいの大きさの袋にすっぽり入り、そのまま備蓄もできる。なおマットについては選手村用と同じではないが、市販タイプのものを春から販売するとのこと。

  • by Anonymous Coward on 2020年01月12日 12時32分 (#3744066)

    なんか方向が違うような?
    持ち運び可能+マットレスをカスタマイズ可能に > 薄く軽くする必要がある > 薄くても快適なマットレスの開発

    これ、典型的なユーザを無視した技術者・開発者目線発想では?

    >使用後に分解して、袋に詰めてひとりで持ち運び可能
    >分解したまま被災地用に保管していただくこともできます

    なんというか、選手は置き去りのような…
    短期決戦で寝心地を変えないために、普通のスプリングベッドに寝たい人も居ると思うのですが。

    ベッドの方も、
    >なぜベッドフレームの素材を段ボールにすることになった?
    >後ほど詳しくご説明しますが、選手が乗るマットレスを薄くする必要がどうしてもあり
    >段ボールを採用し、内部の梁を増やすことで、ベッド自体の耐久性を増やすとともに、かかるコストを抑えた次第です。

    結局変なマットにしたから、コスト的にベッドが段ボールになってしまったと。

    ここに返信
    • by maia (16220) on 2020年01月12日 12時44分 (#3744070) 日記

      色々凄い。

    • by Anonymous Coward

      場面場面で、あるいは部分部分で、
      「誰のために・何のために」そうしたのか?と言う説明がチグハグで、
      全部が言い訳のための嘘っぱちなんじゃないかとまで思ってしまうのだけど、
      これは不信感のせいでそのようにバイアスがかかっているだけなのだろうなぁとも思っている。

  • by Anonymous Coward on 2020年01月12日 12時36分 (#3744068)

    あからさまなヨイショ記事じゃん。
    エアウィーヴなんて、へたり、凹み、返品の3Hマットだろ。
    一時期はGoogle様が予測サービスでエアウィーヴの隣に出してきたレベル。
    言ってることが信じられなきゃ、自分で買って寝てみればいいよ。

    あんな会社がいう「10年かけた成果」なんて、ジョーク以外の何者でもないわ。
    だいたい自社製品にそれほど自信があるなら、マニフレックスと同じ12年保証やってみろって話だ。

    そもそもエアファイバー使っても、あの速度でヘタレるものしか作れない会社が、
    ダンボール製ベッドなんて作ったから叩かれてるんだろう。
    そこから認識できてないとか、あんた小学生以下の読解力だな。

    ここに返信
typodupeerror

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

読み込み中...