パスワードを忘れた? アカウント作成
17446112 journal
交通

maiaの日記: 信義則は意外と「争い」では有利 1

日記 by maia

交差点の“右直事故”で「無罪判決」安全確認しなかったとして起訴された車の男性→実はバイク側が信号無視だった

信号が赤になってから(警察・検察が防犯カメラを分析して確認)、車の陰でよく見えなかったバイクが突っ込んできて、いわゆる右直事故になった案件。なお右折矢印が出ない信号。またバイク側の信号が赤になったのは停止線の20m手前らしい。

(判決では)「赤信号に従わずに進入する車両はないと信頼するのは相当」と述べ、運転手は交通規則を守るだろうという“信頼の原則”を適用した。「信号無視のバイクを予見して安全を確認するまでの義務はない」とも指摘

そこまで信義則が強いとはちょっと意外だが、意外に公権力側にはそういうところがあるのかも。

信号無視のバイクなんて、そこら中にいると思うぞ(いつどこで出現してもおかしくない)。自分がそんなに悪いとも思ってないから、後で警察に訴える。信号黄色だったと嘘をついてまで。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2023年10月28日 8時42分 (#4554087)

    交差点の通過には特に注意が必要だけど、判断にも時間的にリミットがあるし、人間の能力にも限界はある。
    どうしても事故が起こるなら道路形状や信号などの工夫で対応するしかないんじゃないか。
    赤信号を無視してくるのを前提(それに気をつけるのはいいが、前提とするには適当でない)にすると複雑になる。赤信号は止まるで間違いではないと思う。(個人の感想です)

typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...