パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、maruto!さんのユーザページですよ。

13749335 submission

テスラ、自動運転から撤退? ライセンスの予約販売を中止

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
米テスラは完成の遅れる完全自動運転ソフトの販売を中止した。ソーシャルメディアで「混乱を生じたため」と説明するが、顧客への告知はない。

3万5千ドル(400万円)で発売するとした主力製品の「モデル3」には4万5千ドルの「中距離」モデルが追加された。4万9千ドルの「初期生産型」は終売となり、販売中のモデルは6万4千ドル、5万5千ドル、4万5千ドルと、自動運転機能を搭載しない状態で予価よりも100万円以上も高価になった。

モデル3はインストルメントパネルを持たず、スピードメーターをナビ画面に表示する設計。欧州での型式認定が困難といわれ、コスト超過に加えて発売遅れで資金繰りが厳しくなったため、売れ行き不振の初期型を回収追加工して急遽中距離モデルを増産しているのではないかとも推測されている。

情報元へのリンク
13743274 submission
医療

植込み型心臓電気生理学デバイス用プログラマーにリモートから患者を攻撃可能な脆弱性

タレコミ by headless
headless 曰く、
Medtronic製の植込み型心臓電気生理学デバイス(CIED)用プログラマーのソフトウェアアップデート機能で、リモートから患者を攻撃可能な脆弱性が見つかったそうだ(セキュリティ情報: PDFFDAの発表The Registerの記事Softpediaの記事)。

対象となるプログラマーはCareLink 2090とCareLink 20091で、脆弱性が見つかったのは同社のソフトウェア配布ネットワーク(SDN)からインターネット経由でアップデートする機能だ。Medtronicは当初、外部からの脆弱性報告を受けてセキュリティ情報を2月に公開し、6月にも更新情報を公開していた。この段階では特定のファイルを定期的にチェックするだけで対応可能と考えられていたようだ。しかし、米食品医薬品局(FDA)とともに脆弱性を精査した結果、脆弱性を悪用することでリモートから患者に危害を加えることが可能なことが判明したという。

Medtronicは対策としてインターネット経由のアップデート配布を無効化しており、アップデートが必要な場合は同社の担当者がUSB経由でインストールする。脆弱性自体を修正するアップデートは現在のところ開発されていないようだ。CIEDのプログラム設定にネットワーク接続は必要なく、そのほかのネットワーク接続が必要な機能は今回の脆弱性の影響を受けないとのことだ。
13743253 submission
バイオテック

マウスのオス2匹の遺伝情報から子供を作ることに成功

タレコミ by Anonymous Coward
13743065 journal
NASA

acountnameの日記: Hubbleに続きChandraもジャイロ故障でシャットダウン 2

日記 by acountname
13742925 submission
医療

電子タバコの添加物が炎症や肺機能低下を増大させる可能性

タレコミ by headless
headless 曰く、
リキッド加熱型電子タバコの添加物が炎症や肺機能低下を増大させる可能性を示す研究結果が公開された(プレスリリースSlashGearの記事論文アブストラクト)。

マウスによる実験ではポンプによるタバコ吸入装置を付けたケースを用い、1日4回紙巻きタバコ(CS)または電子タバコを吸入させる4グループに空気のみの対照群を加えて3日後(短期)と4週間後(長期)に検査を行っている。3グループが吸入する電子タバコはプロピレングリコールと植物由来グリセロールを1:1で混合したベースリキッド(PG:VG)・ニコチンを添加したリキッド(N)・ニコチンとタバコ由来ではないフレーバーを添加したリキッド(N+F)の3種類だ。

気管支肺胞洗浄液(BALF)に含まれる細胞数は、短期の場合に4グループすべてで対照群よりも多く、特にNとN+Fで多かったが、長期ではCSとN+Fで特に多くなった。細胞を除いたタンパク質の量は短期でN+Fのみ増加し、長期ではNとN+Fで増加している。酸化ストレスを示すマーカーレベルは短期の場合PG:VGとN+Fで特に多く、長期ではマロンジアルデヒド(MDA)がNとN+Fで、タンパク質カルボニルはCSとN+Fで特に多かった。このほか、気道過敏性検査の結果はCSとN+Fで高くなるなどの結果が出ている。

禁煙用具として使われることもある電子タバコだが、今回の実験結果ではベースリキッドだけでも呼吸器機能への悪影響がみられ、ニコチンやフレーバーの添加により影響が増大する項目もある。項目によっては紙巻きタバコよりも影響が大きい。フレーバーで使われている物質の多くは食品添加物として安全性が確認されているものの、呼吸器への影響に関するデータはない。そのため、論文では電子タバコの安全性や毒性についてさらなる研究が必要だと述べている。
13742769 journal
日記

LARTHの日記: ウイグルは中国の臓器牧場

日記 by LARTH

中国「臓器狩り」の証拠を弾圧下のウイグル自治区で発見
新発見のような印象だが「人体器官運輸通道」は中国政府が隠しているわけではないので2年前から普通に、空港関係者なら(よほど小さいとこでない限り)知ってて当たり前のことだ。最初に使われた時はニュースにもなってたはず。

死刑囚→反体制派・法輪功→少数民族と激しく規模を増やしているのには理由が有ると思われる。
「一帯一路の波に乗り」臓器移植の中国モデル、世界に波及させる構え=中日友好病院
中国に於いては当局の許可なく公然と一帯一路という言葉を勝手に使うことは出来ないわけで、移植ツーリズムは一帯一路の事業の一部であることを示している。中国は世界の工場から脱却せざるを得なくなり、世界の臓器牧場を目指しているのだろうか。

typodupeerror

人生unstable -- あるハッカー

読み込み中...