パスワードを忘れた? アカウント作成
13530142 journal
スラッシュバック

masakunの日記: USBブータブルなOS/2 、ArcaOS 5.0.2 がついに登場 11

日記 by masakun
USB ブート可能な OS/2 が ArcaOS 5.0.2 としてリリースされた(Arca Noae による発表)。

2015年9月に「USBブータブルなOS/2が登場予定」とタレコんだが、eComStation 2.2 は音沙汰がなくなり(eComStation 2.1 のライセンス販売は継続中)。その後開発表明された ArcaOS(Blue Lion) で USB ブータブル機能が実現するとアナウンスされたが開発は遅れに遅れ、今年ようやく製品に AltBoot という名前で搭載された。

さてこの機能、ArcaOS 5.0.2 ISO (Personal Edition 129米ドル)とは別に配布される ArcaOS 5.0.2 Bootable USB Stick Image を用意することで、OS/2 上は当然のことながら、Windows や MacOS X、Linux 上でも ArcaOS Installer が起動する USB スティックを作成できる。そして USB ブートによる ArcaOS インストールだけでなく、Installer に付属する System Management からテキストエディタやコマンド・プロンプト、Aurora を使ったブラウジングもできるので、緊急起動区画的な使い方もできるかなという感じだ(もちろん OS/2Warp 標準の緊急起動区画からネット接続は不可能だった)。

なお Roadmap によると、Arca Noae は USB 3.0 host controller support を開発中で、旧来の 16bit ドライバとの互換性を捨ててでも USB Stack の 32bit 化を実現したいらしい。タレこみ人は eComStation 2.1 や ArcaOS に 2TB の USB ポータブル HDD を接続しており速度に不満がある。とはいえ将来転送速度が改善される予定なら、微力ながら応援していきたい。

余談だが、今テストしている ThinkPad T430 では DOS も Win-OS/2 セッションも使えなかった。Known issues commonly reportedによれば、その理由として ArcaOS の仮想 DOS セッションのコードで用いられているシステム BIOS に互換性がないため、多くの新しいマシンで使えない既知の問題らしい(ArcaOS Bugtracker をみると、最初の報告は 2016 年冬だった)。うん、「DOSも使える」と見出しに書いた PC Watch は逝っちゃって正解だったかもね(にっこり)。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 15年後に (スコア:1) [srad.jp]

    インテル系CPUが絶滅していたらどうなる。(笑)
    OS/2くらい設計が古いと今を維持するのも大変そうですよね。
    あと15年というスパンで考えると、事務系でなく
    組み込み系ではないかと想像できる。

    Intel x86 は絶滅しませんでしたし、今回は組み込み系の話じゃないところで察してくださいまし。

    --
    カルマ:たっぷり
  • Nihongo Input Tool/2 [vector.co.jp]

    英語版ArcaOS及びeComStation 2.x以上向けの簡易日本語入力ツールです。

    要するに IM の実装がない OS/2 英語版向けに REXX で日本語入力できるようにしたもの。

    --
    カルマ:たっぷり
  • by Anonymous Coward on 2018年02月19日 15時26分 (#3363785)

    いや、DOSもWin-OS/2も使えないOS/2後継がでてきたんだから、むしろ使えるバージョンのときに「使える」と明記したのは、PC Watchが慧眼だったってことになるんでは?

  • by Anonymous Coward on 2018年02月19日 22時41分 (#3364044)

    まだ生きてたのか、というのが正直な感想。

    • by Anonymous Coward

      いまさら32bitOSとか言われても…

    • by Anonymous Coward

      事務用とか計算用だとかなら5年でも良いが、機器制御用とかだと20年はあたりまえの期間だから。

      • by Anonymous Coward

        AppleIIとかMSXとか98とか、はてはHPのPC以前の機器とかなら、機械制御用途に今も動いてる、という話も納得いくが、Win3.x-9xの頃、それとPC上で張り合おうとして張り合えずに消えていったOSの一つが、という点がちょっと珍しく思えたの。

        あの頃、PCのOSは百花繚乱だった(1B/Vから超漢字とかBeOSとか)。

        • >Win3.x-9xの頃、それとPC上で張り合おうとして張り合えずに消えていったOSの一つ

          君の視界から消えただけで、僕の視界にはずっと入っていた、ただそれだけの事だよ。
          つーか OS/2 が 20 世紀中に完全終了しなかったのは、敗戦処理を担ったガースナー元会長のおかげでもある。記述は短いながらも「巨象も踊る」を読めばわかる。

          # 486DX2マシンでプリエンプティブマルチタスクを体感させてくれたのは Windows95 ではなく Warp3.0 赤箱だったのでID

          --
          カルマ:たっぷり
          親コメント
      • by Anonymous Coward

        まさかIBMがこうなるなんて、当時は想像もしなかったんだろうなあ

        インターネットに繋いでいるなんて思いたくはないけど、10BASE-2とかトークンリングとかのLANはいまだに生きていたりするのだろうか
        (そもそも、OS/2って言ったって、Warpだとは限らないよね)

typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...