パスワードを忘れた? アカウント作成
15502641 journal
日記

matsu03の日記: 奨学金の不正、二重取り

日記 by matsu03

大体教員というものは小学校から大学まで、リベート、横領、不正受給などに
無頓着な傾向がありますね。これは学生の時代からのようです。

奨学金の不正、二重取り

われわれの大学ではある政府の奨学金をえて留学するのが一般でした。
留学奨学金受給が決まると、育英会の奨学金の方は辞退します。
奨学金の二重取りはできないからです。
しかし、ある学生が辞退しないで、二重取りしようとしたのです。
外国政府奨学金は20万くらいは支給され、その学生は結婚していたので、
配偶者手当て付きで30万か40万は支給されたはずです。
それにも係わらず、まだ育英会奨学金12万もそのまま貰い続けようと
したのです。私は個人的にそんなことはすべきでないと注意しましたが、
彼は聞き入れませんでした。さすがに密告まではしかねたので放置しました。

大体彼が育英会の奨学金を受けていること自体おかしいのです。
彼の実家は都内の病院長で裕福なのです。それを住んでもいない安下宿を
契約して、別世帯として申請していたのです。ふつうはそんなやり方では
通らないのですが、なぜか彼の場合は通っていました。
(実際別の都内出身の学生は、親が私企業の重役で所得のごまかしが利かない
のか、彼だけ降りなかったのです)。
そんな彼ですが、現在はもうどこかの教授でしょう。そして、論文は「公共性の
なんたら」なのですから、笑わせます。
教員というのはこんなものです。

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...