パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、mazinxさんのユーザページですよ。 アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

14199118 comment

mazinxのコメント: Re:科学的根拠のある一部例外も有るので注意。 (スコア 1) 151

そんなことは全く申しておりません。
添加物等は多くの場合で異なるので、アレルギーに関しては先発品で起きなかったアレルギーがジェネリックで起きるということは実際にありえます。
(もっとも、内服薬では実際に添加物に対してアレルギーが起こることは稀です)
特に貼付薬の貼った時の感じ・塗り薬の塗った時の感じなどは全く異なる場合もあり、場合によってはかぶれた等の訴えに繋がることはありうるでしょう。
ただし、同様のことは先発品でも起き得ますので、ジェネリックが劣っているという根拠にはなりません。
なお、添加物等も規定がありますので、何でも自由に加えて良いわけではありません。
同一のもので無くても、遜色のないものにはなっていると思いますよ。

14198254 comment

mazinxのコメント: Re:科学的根拠のある一部例外も有るので注意。 (スコア 1) 151

ジェネリックの安全性は厚生労働省が基準を定めていて、その基準内の製品しかジェネリックを名乗れません。作る側の責任感で決まるわけではありません。同一のもので無くても、遜色のないものにはなっていると思いますよ。あなたの仕組みが弱いという意見には根拠がないと思います。

14198252 comment

mazinxのコメント: Re:科学的根拠のある一部例外も有るので注意。 (スコア 1) 151

そのようなジェネリックもありますよ。オーソライズドジェネリック(AG)の中には、先発品と完全に同一のものもあります。この場合は生物学的同等性試験を省略できます。ちなみに、それ以外のジェネリックについても、臨床試験については有効成分に関する試験ですので、ジェネリックに対して再び行う必要はありません。また、ジェネリックが安いのは研究開発費等を抑えられるからであって、試験を手抜きしている訳ではありません。

一方、製造ラインが違うだけでも血中濃度に違いが出ることもあります。違う会社が作ったら普通は同一にはなりません。全く同じ薬を作ってくれ、と言われてしまったら、殆どのジェネリックは発売できなくなるでしょう。

14172562 comment

mazinxのコメント: Re:新型コロナ肺炎の自己診断用でバカ売れ中 (スコア 1) 58

良く分かっていないのに、想像でコメントをつけるのは止めましょう。

正常・異常がわかるだけで(ただし一酸化炭素中毒は例外)、別に普通の肺炎でも下がるのだがね

SpO2がどこまで下がったら異常で、どこまでは正常だと思っているのですか?
その答えは病態や患者さんの状況などによって異なります。
一概に正常・異常がわかるものではありません。
「普通の肺炎」ってどのような類型の肺炎を想定しておられるのですか?
肺炎でも正常値を示すことは当然あります。

ただ、普通の風邪ごときではSpO2が下がるほどではない

「普通の風邪」って具体的にどういう病名・病態を想定しておられるのですか?
若くて元気なウイルス性上気道炎なら通常SpO2は低下していないでしょう。

後それから呼吸器疾患の既往も息苦しさもないのにSpO2が低いだけなら問題ない

誤りです。もちろん、問題ない状況もあるかもしれません。
呼吸器疾患の既往も息苦しさもないのにSpO2だけ大きく低下していたら、普通はその原因を考えます。
問題ないと一概に言い切れるわけではありません。

喘息とかでも下がるのではないかな。

程度によります。

病気のあるなしはわかるがコロナかどうかは全然わからん。

SpO2は病気のあるなしを判定するものではありません。
酸素化の指標に過ぎません。
それが間接的に何らかの診断に役に立つことはあるかもしれませんね。

それよりもこんな偉大な発明が日本人によるものだったということのほうが驚き。
ノーベル賞級とも言えるほどの発明だというのに、それが発明者が死ぬまで知られていなかったのは残念なことだ。

SpO2は何十年も前から臨床応用されています。
今日の医療ではSpO2は日常的に酸素化の指標として使われています。
医療に関わる人でSpO2を知らない人なんて居ません。
今回の新型コロナウイルスの騒動で、一般に知られるようになったというだけです。

医療者で無い人がこういった知識を持っていないのは当然だと思います。
だからといって、想像でコメントをつけていいことにはなりません。
こういうコメントからデマが広がっていく可能性もあり、有害です。
自制してください。

14136884 comment

mazinxのコメント: Re:昔が懐かしい人もいる。と、思う。 (スコア 1) 50

端末も、話せれば良いだけと割り切れば非常に安く出来る。もっとも、この選択肢を選ぶ人はほとんどいないみたいだけど。

スマホは使いこなせないから電話とメールだけでいい、ていう人は沢山いるでしょう?
そこまで行かなくても、自分ならスマホで写真も撮らないしゲームもしないから安い端末でいい。

そういう人達に不公平…というだけならまだ良かったんだけど。
昔の制度だとそういう人達も2年ごとに最新機種を1円で買って、それをそのまま売り払って望みの端末を買えばいいということになるんだよね。
それだけならまだしも、初めから端末を売り払って差益を得るためだけに通信契約する人まで出てきて。
そして何故か中古市場に溢れかえる新品の最新機種…
その端末を使わせまいとSIMロックをかける通信会社…

今の制度でいいんだよ。

14077743 comment

mazinxのコメント: Re:すでに形骸化 (スコア 1) 65

公共のものを、金を払ってリースしているんでしょ。
土地だって国土なんだから、日本国のもので。

土地は自由に売買できるけど公共の電波は独占利用だからねえ
電波オークションすればいいっていう話はあるけど、既存キャリアは猛反発したしとりあえず見送ることになったんだよ。

14077131 comment

mazinxのコメント: Re:妥当な対処 (スコア 1) 130

まったく意味がわかりません…。まさに障害発生したタイミングで誰かがさくらを騙ったとおっしゃる?
最低な対応を受けたカスタマーは、「この電話はまさにこのタイミングで別の誰かがさくらを騙ってかけた電話であって、
さくらには無関係かもしれない」と「考察」しないといけないのですか??

例え話の解説をするのは本意ではないのですが、誤解を放置しておくのもよろしくないと思ったのでこの部分は注釈を入れます。私は電話がさくらを騙る別人であったのだろうとは思いません。地の文をそのままの形で無理に考察しようとするとこちらの方がまだ理解しやすいという皮肉です。実際には執筆者が主観と地の文を分けようという意識がないため、実際はどのようなやりとりであったのか分からず考察不能です。

14077033 comment

mazinxのコメント: 妥当な対処 (スコア 0) 130

WEB魚拓から当該記事を読みましたが、執筆者が被害を受けたために感情的になっていることが読み取れ、客観的な視点で書こうという意識がないため結局の所何がどう問題だったのか分かりません。こうなった原因は何で、どのように問題だったのか、その根拠は何か、問題だとすると何がどう良くないのか。全く書かれていません。

具体的には、「大嘘だったのです」「後で判明」としながら、その根拠が曖昧で、せめてそう考えた理由と日付の前後関係くらいはっきりさせてほしいです。また「さくらさんは、自社のミスをごまかしたり、顧客に責任を転嫁したりすることがいろいろと定石化されているようです。」とまで言ってしまっており、ここまで来ると完全に根拠の無い一般化になってしまっています。

また、電話しておきながら「電話したけど用事は特に無かった。」と言うのも不可解です。用事がないのに何故電話が来るのか考察されていません。嫌がらせ目的であったとしても企業が個人にわざわざこのような嫌がらせをする理由が分かりません。さくらを騙る別人というのが理解しやすい線ですが、その辺りの考察もありません。

もう少し執筆者が冷静に客観的な視点でレポートできれば良いケーススタディになったかもしれないのに、非常に残念です。一部根拠のない誹謗中傷と言われても仕方のない表現もあり、私にはQiita運営が非公開にしたのは妥当な対処だったように思われます。

14035222 comment

mazinxのコメント: Q&A (スコア 5, 参考になる) 124

皆さんのコメントを見ていると、明らかに誤解している人や限定的な理解しかしてない人がいらっしゃるみたいなので、皆が気にしている疑問に答えてみようと思います。

Q.薬が処方されないと文句を言われるから、抗菌薬が処方されるんじゃないの?
A.ウイルス性上気道炎(いわゆる「かぜ」)と診断した場合、抗菌薬は無効ですが、熱、咳、鼻汁など、何らかのつらい症状があって来院してるわけなので、それを和らげる薬を出します。自然に治るのを待つしかなく、抗菌薬は不要であることを説明します。それで殆どの人は納得して帰ります。きちんと説明しても、不合理にもどうしても抗菌薬を欲しがる人は稀にいます。そういう人にどう対応するかは診察した医師のスタンスによります。

Q.抗菌薬を処方した方が医者の経済的利益になるんじゃないの?
A.勤務医の場合は病院から雇われている身分ですので何を処方しようが貰える給料は変わりません。開業医や経営者の視点でみた場合、院外処方か院内処方で多少違います。院外処方の場合、何か処方すれば処方箋料が貰えるのでそこに抗菌薬を追加しても貰えるお金は変わりません。普通は症状を和らげる薬も出すので何も処方せずに帰すことは稀です。院内処方の場合、薬価差益が収入になりますが、薬価は年々引き下げられているので特に抗菌薬の場合は殆ど儲かりません。むしろこのために一部の抗菌薬では供給不足に陥り、最近問題になっているくらいです。新薬の場合、この分野ですと具体的にはゾフルーザ(抗菌薬ではありません)では、利益が出る可能性はあります。

Q.抗菌薬が効く風邪もあるんじゃないの? どうやって見分けるの?
A.いわゆる「かぜ」は診断名ではありません。細菌性肺炎や細菌性副鼻腔炎など、「かぜ」のような症状で抗菌薬が有効な疾患はいくつもあります。見分け方は専門的になりすぎるので割愛しますが、正直初期の段階では区別がつかないことは多々あります。若くて元気でウイルス性上気道炎の可能性が濃厚なら、対症療法で様子をみます。高齢で何度も肺炎で入院歴がある人とか、事情がある人は別途考慮します。場合によっては抗菌薬を処方して帰すこともあるかもしれません。

Q.ウイルスが原因なら、抗ウイルス薬があるんじゃないの?
A.よく知られているようにインフルエンザに対しては抗インフルエンザ薬があります。それ以外のウイルス性上気道炎の原因になるウイルスに対しては抗ウイルス薬が無いか、理論的には有効でも副作用等の問題で使い物になりません。インフルエンザは迅速抗原検出検査があるので、陽性なら抗インフルエンザ薬を飲めばいいじゃないかという話はあります。実際、発症して48時間以内に飲み始めれば回復が1日程度早くなったという研究はあります。しかし、若くて元気な人では抗インフルエンザ薬を飲まなくても治るので、そういう場合は処方しないほうが良いのではないかという議論はあります。

Q.効く可能性があるなら、念のため飲んでおいたほうが安心じゃない?
A.抗菌薬には副作用が出る可能性があります。薬剤耐性菌の問題もあります。その一方で、細菌性肺炎等の抗菌薬が有効な疾患の重症化を防ぐことができるというメリットもあります。これらリスクベネフィットを勘案して総合的に決めますが、若くて元気で他に特段考慮すべき事情がない人の場合は、不利益のほうが遥かに大きいことが分かっているので、原則処方しません。

13988299 comment

mazinxのコメント: 色々と問題がありすぎる (スコア 5, 参考になる) 111

まず、何で健保連のプレスリリースがリンクに入ってないんですか。
タレコミはもとより、リンク先のニュースサイトですらプレスリリースに言及してない。
日本語なんだし、意見を述べたいなら最低限ここは読む必要がある。
対象についても「花粉症を主病とする患者に対して、1処方につきOTC類似薬を1分類のみ投薬する場合」に限定されていることを理解しとく必要がある。

その上で、全ての第二世代抗ヒスタミン薬にOTCがある訳ではないので、これをそのままの形で認めてしまうと病院ではOTCに無い薬を処方し、ドラッグストアではOTC医薬品を売るという図式ができるだけで、医療費は減らない。
それどころか病院で左程必要性のない新薬が積極的に処方され、医療費が増大するという事態になる。
花粉症に対する第二世代抗ヒスタミン薬の使い分けには明確なコンセンサスやガイドラインは無いので、新薬を乱発されてもそれだけを理由に保険適用にしないのは難しいと思う。

それをどうにかしたいなら、花粉症に対する1分類のみ投薬全般を保険適用しないという手もあるが、抗ヒスタミン薬だけでコントロールできそうなのに点鼻薬が全例処方されたり、眼症状が左程強くないのに点眼薬が処方されたりということになる。花粉症で眼症状が全く出ない人なんてそうそういない。

多分これが本気で通ると思っている奴はいないだろう。
typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...