パスワードを忘れた? アカウント作成

meraさんのトモダチの日記。 スラドのRSSを取り込んでみよう。

14231367 journal
入力デバイス

hixの日記: Raspberry Pi 4のBluetoothから音を鳴らす呪い

日記 by hix
Raspberry Pi 4 を使って音楽を聴いている。

プレーヤーや機材の構成は後のエントリで改めて記載するとして、bluetooth周りがややこしかったので、その部分をこちらにまとめてみる。
書いているうちに物凄く長くなった。「詳しくはwebを検索」みたいな書き方もできたが、あちこち漁るのに本当にうんざりしたので、 後日検索で辿り着くかもしれない人々の苦労に免じて、長いのはご容赦頂きたく。

やや時期を逸した感もあるが、自宅籠城している人々の環境改善の手助けになれば。

CUI中心の構成。Raspberry Pi の設定でブートをデスクトップからCUIに切り替えてはいないが、sshでターミナルしか繋いでいない。
3種の構成を試した。メインで稼働しているヤツと、駄目だった状態からなんとか動くところまで持っていったヤツと、OSインストール直後のまっさらな状態から試したヤツ。
最後のまっさら状態からなら、当然ながらそれほど困ったことにはならないように思う。

必要そうなパッケージは、bluez と alsa-utils。
Raspberry Pi OS(或はRaspbian)の全部入り(with desktop and recommended software)なら標準で入っている。

bluetooth オーディオ関連でwebを漁るとPulseAudioの情報が引っかかってくるが、これは必須ではない。 わたくしの場合は、構成の複雑さが助長されただけであった。なんならアンインストールした。
PulseAudioが何者なのかは ざっくりとALSAとPulseAudioの関係 が参考になる。

以下の対処についてBluetooth, BlueALSA and Busterを参考にした。

まず、sudo systemctl status bluetooth.serviceでBluetooth Service のステータスを確認。
ここで、

Sap driver initialization failed.
sap-server: Operation not permitted (1)

のエラーが出ていれば、/lib/systemd/system/bluetooth.serviceを編集。

..略..
[Service]
Type=dbus
BusName=org.bluez
#ExecStart=/usr/lib/bluetooth/bluetoothd
ExecStart=/usr/lib/bluetooth/bluetoothd --noplugin=sap
..略..
(ExecStart に引数 --noplugin=sap を追加する)

systemctl daemon-reloadで反映らしいのだが、ステータスを見た時にいつの情報か解りにくいので、リブートが手っ取り早いと思う。

「SAP」とはBluetoothプロファイル によれば、SIM アクセス プロファイルとの事。
このエラーが出ていてもオーディオには影響が無いだろうが、SIMなんて差さないので黙らせておいたほうが良いと思う。
余談だが

Unable to get Hands-Free Voice gateway SDP record: Host is down

のエラーも出ているが、こちらは無視している。

bluetoothの操作は、sudo bluetoothctl
実行するとプロンプトが現れるので、コマンドを入力してインタラクティブに(対話的に)操作する。
とりあえず help を見よう(この手のコマンドの定番)。
主に使うコマンドは下記。

scan on
pair <dev>
scan off
paired-devices
connect <dev>
info [<dev>]

scan onとすると、デバイス側で電源を入れたりペアリングの操作などを行えば、何かがずらずらと表示される。 コマンドの引数に指定するデバイスアドレス(MACアドレスっぽい6バイトの16進数)がここに表示されるが、例えば pair と打って[Tab]を押せば補完されるので、コピー&ペーストなどは不要であろう。
pairの前後あたりで、scan off として静かにさせたほうが良い。
ペアリングしただけで使えるようになるのが殆どだと思うが connect が必要だったり、毎回 connect が必要な場合も有る。何の違いでそうなるか不明。
connect は、

[CHG] Device デバイスアドレス ServicesResolved: yes

が表示されれば正常(駄目な場合が有るので後述)。

続いて、amixer -D bluealsa scontrols

Simple mixer control 'DR-BT140Q - SCO',0
Simple mixer control 'DR-BT140Q | Battery',0

出力中に「- A2DP」が無くて「- SCO」しか無い、上記のような状態ならば /lib/systemd/system/bluealsa.serviceを編集。

..略..
[Service]
Type=simple
User=root
#ExecStart=/usr/bin/bluealsa
ExecStart=/usr/bin/bluealsa -S -p a2dp-source -p a2dp-sink
(ExecStart に引数 -S -p a2dp-source -p a2dp-sink を追加する)

追加する引数については /usr/bin/bluealsa --helpで内容が確認できる。helpの末尾に

By default only output profiles are enabled, which includes A2DP Source and
HSP/HFP Audio Gateways. If one wants to enable other set of profiles, it is
required to explicitly specify all of them using `-p NAME` options.

とあるので、引数 -p の追加は多分 A2DPの物に限定して起動するという事だと思われる。-Sはsyslogへの出力。
SCOとA2DPの違いは通信用語の基礎知識を参照。
わたくしの環境だけか否か解らないけれど amixer -D bluealsa によれば、SCO はモノラル再生になってしまっていた。

Simple mixer control 'DR-BT140Q - SCO',0
  Capabilities: pvolume pvolume-joined cvolume cvolume-joined pswitch pswitch-joined cswitch cswitch-joined
  Playback channels: Mono
  Capture channels: Mono
  Limits: Playback 0 - 15 Capture 0 - 15
  Mono: Playback 15 [100%] [on] Capture 15 [100%] [on]
Simple mixer control 'DR-BT140Q | Battery',0
  Capabilities: pvolume pvolume-joined
  Playback channels: Mono
  Limits: Playback 0 - 100
  Mono: Playback 255 [255%]

A2DPでの amixer -D bluealsa によればちゃんとステレオ再生する模様。

Simple mixer control 'DR-BT140Q - A2DP',0
  Capabilities: pvolume pswitch
  Playback channels: Front Left - Front Right
  Limits: Playback 0 - 127
  Mono:
  Front Left: Playback 127 [100%] [on]
  Front Right: Playback 127 [100%] [on]

ハナシは前後するが、sudo bluetoothctl にて、[bluetooth]# connect デバイスアドレス として、

Attempting to connect to デバイスアドレス
Failed to connect: org.bluez.Error.Failed

と出力され syslogに

a2dp-sink profile connect failed for デバイスアドレス: Protocol not available

が出ている場合は、構成や設定の不足ではなく、機器の電源の入り切りで直る場合があるので、まずはそれを試す。
(参考資料 DebianのWiki BluetoothUser a2dp。 この文章にはPulseaudioの記載が有るが、何か変な物を既に掴んだと解釈した)

音を出そう。
aplay -D bluealsa:DEV=デバイスアドレス /usr/share/sounds/alsa/Noise.wav

再生中 WAVE '/usr/share/sounds/alsa/Noise.wav' : Signed 16 bit Little Endian, レート 48000 Hz, モノラル

上記のような引数を付けないと、どっか別の何かで再生される。本体のオーディオジャックかも知れないし(プラグを検出するから違うかも)、HDMIで繋がっているモニタかも知れない。
~/.asoundrc または /etc/asound.conf を下記の内容で作成すると引数無しで、Bluetooth側で再生される。

pcm.!default {
  type asym
  playback.pcm {
    type plug
    slave.pcm "output"
  }
}

pcm.output {
  type bluealsa
  device "デバイスアドレス"
  profile "a2dp"
}

ctl.!default {
  type bluealsa
}

(もっとシンプルな内容がありそうなのだが、見つけられなかった)
alsamixerとすると、グラフィカルな音量調整画面が出る。

とりあえず、ここまで。

.

14230969 journal
日記

jizouの日記: 千寿園 4

日記 by jizou

Google Map で、どんなところにあったのかを少し調べてみた。
ちょうど谷の入り口にあり、少し高台にはなっているけれど、
堤防を越えてきた水があると浸水しそうな場所だった。

まあ、堤防を越えるような水量が、想定外だったのだと思うけれど。

14230658 journal
日記

mkrの日記: FairyTale-Anotherの方向性

日記 by mkr

http://www.myethos.hk/Collection/view/id/141

童話モチーフに色々やってたが、ハートの女王=女王だから女性だな、白ウサギ=バニーガールだなでなんとなく「うん、元のを少しアレンジしただけだな」と勘違いしていた。人魚姫は人魚姫だし。チェシャ猫が女体化していてようやく違和感に気がついた。これそういうシリーズだったの!?

白ウサギの時点で気付くはず。

14230647 journal
日記

mkrの日記: 都知事選 2

日記 by mkr

小池圧倒的、後は2位が誰かぐらいか。投票は済ませたが、TVに小池出ずっぱりでコロナ関連のことを喋っているのは強い。顔が売れている状態。
それでも都民は「石原よりマシ」(実際は酷い部分があるにせよ)という慰めがある。

後は区議補選の動向。

14229847 journal
電力

hixの日記: 直流電圧の呪い 8

日記 by hix
ラジカセが捨ててあったので、回収。
SONYのやつ。
捨てた当人に訊いたら電源入りにくい、ラジオ入らない、CDが怪しい...との事。

電源はスイッチの接触不良っぽい。ラジオは解らない、CDはピックアップがヘタるのは常のこと。
こいつは、中身取っ払って、電源ユニットとスピーカーだけ活かして、Raspberry Pi 突っ込んでRadikoでも聴けるようにしたら便利かも知れない。
メイン基板は根こそぎ捨てる。スイッチとアンプが居なくなるので新たに追加する必要が有る。
Raspberry Pi側の操作部に必要なのは選局ボタンと表示機。

電源部はAC100VをトランスでDCに変換している。メイン基板への入力を測ってみるとDC18V。電池ボックスは単一x6の直列で、そのままではDC9Vにしかならないので昇圧しているのかな?(そっちは未だ試していない)
DC18Vって、アンプのデータシートでも見かける数値だが、オーディオ回路の標準的な電圧なんだろうか?

そいや電話はDC-48Vで、PoEで出ているのがDC48Vなので、その流れでEthernetはDC48Vだと思っていたら、仕様が探せなかった。

自動車は、乗用車はDC12V。バスやトラックはDC24V。しかし一概でもない。小さくてもディーゼル車がDC24Vだったり、最近の大型車はアクセサリー電源はDC12Vだったりしているっぽい。
が、DC48Vへ移行したがっている模様
ポルシェにDC12Vを4個積むのか?レースで勝つたびに増えてゆくウエイトハンデか?
ボケはさておき、(ハイブリッド車や電気車の)動力側電池から12Vまで落とすのがしんどいのかな?
ガソリン車用のDC48V電池ってどんなのになるんだろ?

.
14228924 journal
Transmeta

hixの日記: 梅シロップの呪い

日記 by hix
梅二連発。

さくらんぼって梅雨時の食べ物だわ...。

と、全く違う食べ物の事を思い出してしまったのだが、梅シロップ。

材料は、梅1Kg、砂糖500g、焼酎100ml。
手順は、はかせなべの取説より。

こちらは、梅の収穫から。
脚立からの転落に注意。
あと、長物なので取り回しに注意。枝にぶつけるとワリと簡単に実が落ちる。
1Kgの梅。45〜48個ぐらい。大したことはない。

梅をざっと洗って、ヘタを取り、数カ所をグサグサと刺して、手が入れれるぐらいのぬるま湯に5,6分浸けて、ザルに取る。
(取説では、ここは保温調理なのだが、大きめの鍋なら冷めにくいので、普通の道具で良いと思う)
ヘタ取りおよび刺すには、鰹のタタキを作る用の金串があればベスト。爪楊枝でやる場合は数本用意する(濡れてヘナヘナになる)。

砂糖500gを焼酎100mlで煮る。当然、全部は溶けないどころか砂糖が焼酎にギリギリ浸るぐらいの様相。焼酎がグツグツと煮えたら火を止めて梅を投入。ひとまず冷ます。
(取説によればここで「蓋をして保温」と書かれてあるのだが、次の行程が「完全に冷めたら」となっていて、保温調理に移行したらそう簡単には冷めないので、中蓋をして普通にガス台に置いて冷ましている)

冷めた頃合いで火に掛ける。この時点で、梅から多少は水分が出ている(ひたひたになるぐらいは出てこないし、全く水に浸かっていない梅も有るので、水が足りないように思うが、最終的に帳尻は合うのでまずは気にしない)。
沸騰してグツグツと白い泡が出たら、火を止めて外蓋をかぶせて保温調理。
まる一日放ったらかし。

次の日に保存容器に移し替える。この時点では前行程で心配だった水不足も解消されているはず。ここでも水が少なければ、保存容器が縦に細長ければ梅が被って砂糖の浸透圧で水が出る。
砂糖が残っているのが気になるなら、さっと温めて砂糖を溶かした状態で保存容器に移し替えれば良い。

ここから一週間程度で完成。
炭酸水で割って飲むのが良い。オーバークロック用の緑色のボンベを使って炭酸水を作ろう。

.
14228889 journal
OS

hixの日記: 梅ジャムの呪い

日記 by hix
いっこまえ

今年もジャムる。

昨年のエントリでは作り方はwebを漁れば出てくるみたいな事を書いていたが、それでは不親切なので、作り方。
種を剥がして、砂糖を加えて、煮る。以上。...ざっくりしすぎ。

まずは梅酒の梅の注意点。やたらと日持ちする。...注意点ではないなこれ。まぁしかし、日が経ってしまって諦めて捨てるのは勿体無い、ぐらい。

一般的な手法によれば、まずは梅を茹でろみたいな事が書かれてある。
アク抜きの目的らしいが、下茹で無しで苦くなったことはないので、必須という訳では無いように思う。茹でたら味が薄まっちゃう気がするし。
また、青梅の種離れの悪さは多少茹でたところで変わりはないように思う。
酒はジャムを煮詰める時に抜ける。多分。

種を剥がす時の道具は匙が良い。エッジの立ったやつ。最近の物だとあまり見掛けない。
計量スプーンはまだそういうタイプが残っているが、樹脂のものに押されているからそれも厳しいか?
注意点。わりと滑る。

砂糖の分量。昨年も書いたが、一般的には梅1Kgに200g〜500gぐらいらしい。
今年は余ってた砂糖が140gだったので、それで済ませた。
砂糖を入れると浸透圧で水分が出て緩くなる。
ということは、砂糖を多めに入れて固さを出すには、それだけ水分を飛ばすという事になる。
固さという点では、レモン果汁もワンポイントになるらしい。梅が酸っぱいのに柑橘系の酸っぱさを足さなくても...という印象はあるが、煮詰める以外で固さを加えたい場合はお好みで。少なくとも味の邪魔にはならない。

皮が気になる場合は煮る前にフードプロセッサーでガーッとやる。
わたくしは気にしないからこの行程は省くが、たぶん砂糖を入れた方が水分が出る分、やりやすいのではないだろうか?

最初の方で、梅酒の梅は日持ちすると書いたが、ジャムにしたらそうはいかないので、早めに使い切る。

.
14227718 journal
日記

mkrの日記: 金を払い拘束してもらう

日記 by mkr

配信や円盤があるものの、途中で割り込みが入ってテンションを保てないとか、何か最近根気がないわけで、ジブリ作品を見るために映画館行くのも良いんじゃないだろうかとか。
今年はコロナのあれこれで過去ヒット作や昨年ロードショーが今現在に多くかかっていて、見逃してた映画もセカンドチャンスが来ている。若おかみも見逃していた。
AKIRA IMAXも昼間から外れたもののやってる。
とか言う間にまた終わってしまいそうなので、とりあえずナウシカに行こうかな。

14225765 journal
日記

mkrの日記: 病院に行くと死ぬ。だから行かせない理論 20

日記 by mkr

「コロナにかかり人工呼吸器をつけた高齢者の死亡率は90%以上。とにかく高齢者が人工呼吸器つけると大抵死ぬからつけさせてはいけない!」「教えてくださってありがとうございます!」
Twitterってなんでこう予想を超える会話。

「薬を飲むと死ぬ」「検査を受けると死ぬ」ここらは「健康な人」が健康な時に言うのはたまに見かける。そのタイプでも病気や怪我の時はおとなしく病院行く人が少なくない。

「入院してると死ぬ」これは医師が「もうしばらく入院してください」に対してたまにこういって無理に退院するとかあるらしい。

しかし「人工呼吸器つけると死ぬからつけるな」は人工呼吸器つけざるを得ない状況でこれは非常に危険だ。本人ならともかく、運悪く意識朦朧な時に家族にこんなこと言い出すのがいたら危なすぎる。

病院勤務の仕事をしていて亡くなっていく患者を見過ぎたのか自称医療関係者曰く「薬を飲んだり医者の治療を受けると死ぬ」バージョンもある。(診すぎたのではなさそう)

この手の現象に名前がついてるかもしれない。

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...