パスワードを忘れた? アカウント作成

mfukudaさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 今週も投票をしましたか?

13775150 journal
日記

mfukudaの日記: 小松左京『鏡の中の世界』とガモフ『左右あべこべ』の前後関係 / 東芝オーケストロン補遺

日記 by mfukuda
小松左京『鏡の中の世界』と、ガモフ『左右あべこべ』という、ほぼ同一内容の短編がある。光学異性体を扱ったもの。akiraaniさんの11/14の日記のレスで、これらを思い出して調べてみた。どっちかのパクリなのか、偶然ネタが一致したのか、気になってたので。

小松左京『鏡の中の世界』の初出は、『小松左京 ショートショート全集』によると1965/04/05のサンケイスポーツ。
一方、ガモフの『左右あべこべ』は日本では1969年の白揚社の『ガモフ全集 第12 トムキンス最後の冒険』に収録されている。これのオリジナルは1967年の『Mr. Tompkins inside himself; adventures in the new biology』に載っている「The Heart on the Wrong Side」という短篇。この本の序文は1966年のクリスマス付け。ということは、ガモフが日本語のスポーツ新聞を読むことは考えにくいので(1959年には来日しているが)、どうもそれぞれが独立に発案したようだ。パクリを疑ってゴメン。

------ ☆ ---------- ☆ ---------- ☆ ----------

承前『音楽の友』1974年3月号の210~216pのオーケストロンについての記事を読んできた。

『シンセサイザーと電子楽器のすべて』(誠文堂新光社、1981年)に載っている内容は、上記の記事の抜粋だった。この記事に「オーケストロン機種一覧」という表があったので、引用しておく。
製造年月/機種名/定価/摘要
・1961 APR/試作第1号機//'61の国際見本市で演奏
・1961 /試作第2号機//鋸歯状・矩形波の二系列発振・ベルつきスピーカーを採用・東芝科学館向
・1964 /SME-140//デモンストレート用・鋸歯状発振
・1965 NOV/SME-100/162,000/鋸歯状発振(単音発振を含む)
・1965~1967/SME-100A, SME-100C, SME-100H, SME-100M, SME-100N / 輸出用/ アメリカおよびオーストラリアへ輸出。一部はハモンド社およびアーレン社へも輸出される。矩形波発振のものもあった。
・1967/SME-601//研究用試作品、1/3分周方式、鋸歯状波
・1967/SME-901//試作第2号機と交代。東芝科学館向デモ用、鋸歯状波・矩形波の二系列
・1968/SME-401/248,000/矩形波
・1968/SME-401S/308,000/矩形波
・1970 APR/SME-902//立正佼成会普門館用特殊大オルガン
・1971 NOV/SME-101/148,000/現行機種
・1971 JUN/SME-201/260,000/現行機種
・1971 JUN/SME-301/320,000/現行機種
(なお、Toshiba Newsletter (73);August 1968, 3pには、上記の表にない「SME-411」という機種がオーストラリアに輸出されたとの記事がある。)

普門館のSME-902については、上記記事に『シンセサイザーと電子楽器のすべて』にない写真なども載っていたが、他にはほぼ見つけることはできなかった。この記事では「設置されてから現在に至るまで、まったく無故障で鳴り続けているという。」という記載があり、1970年の設置からこの記事の1974年までは使われていたことがわかる。

『無線と実験』62(9) 1975年、215p-220pの「ホール訪問:普門館大ホール」に載っている音響調整ブロック図に「中2F電子オルガン室」という記載があり、そこからの配線がミキサーに入力されているのは見つけた。東芝の社史『東芝百年史』にもオーケストロンの簡単な記載が数行あるだけで詳細は一切載ってなかった。

なお、クラフトワークが使っていたVako Orchestronは時期的にも別物。これは磁気テープ式のメロトロンの後継の光学式の楽器らしい。そいやクラフトワークが来年に来日するとか。行きたいが…
13766703 journal
日記

mfukudaの日記: 普門館の(日本最大だったという)電子オルガン、東芝オーケストロンSME-902

日記 by mfukuda
普門館が取り壊しというニュースで、思い出したこと。

『シンセサイザーと電子楽器のすべて』(誠文堂新光社、1981年)の102~103ページに「日本最大の電子オルガン 東芝・オーケストロンSME-902」という記事がある。これは1970年の普門館の落成時に普門館の大ホールに設置されたものとの記載があり、この記事で私は普門館を知った(当時中学生だった)。で、このオルガンについて、ネットを探しても全く記事がない。1979年にカラヤンが普門館で指揮した時にはホールに電子オルガンがなく、松下の電子オルガン(テクニトーン)を持ち込んだとの記載がいくつか見られたため、普門館の東芝オーケストロンSME-902は10年も維持できなかったようだ。

東芝の電子楽器事業は完全に黒歴史のようで、雑誌『東芝レビュー』が国会図書館で電子化されているが、オーケストロンについての記事は1968年4月のSME-401に関するもののみ。『シンセサイザーと電子楽器のすべて』でも「東芝はこの日本一の、あらゆる電気音響の合成を試みて成功した。グランド・オルガンを完成させた後は、伏龍あるいは眠れる獅子と化してしまって、現在では電子オルガンからは遠ざかっています。」と記載されている。同じく黒歴史の松下のテクニトーンは、何冊かある単行本で歴史を追える状態なのになー。

ただ、『音楽の友』1974年3月号の210~216pにオーケストロンについての記事があるようだ。今度、国会図書館で読んでこよう。
13760412 journal
日記

mfukudaの日記: JIMTOF(日本国際工作機械見本市)たのしかった 1

日記 by mfukuda
前回前々回の日記でも触れましたが、東京ビッグサイトで開催中(11/1~11/6)のJIMTOF2018(日本国際工作機械見本市)に行ってきた。たのしかった(小並感

東京駅近くのバスターミナルからDMG森精機の無料シャトルバスで会場へ。らくちん、かつ快適。車内では小林克也ナレーションのPVが上映されていた。

以下、いくつか感想を。
1) DMG森精機 ブースNo. E8001
今回のお目当ての、昨年の鳥人間コンテストで40km飛んだ機体の実機(厳密には、今年用に再建したもの)を見て興奮。近くで見ると確かに手作りなのはわかるが、なんとも美しい機体。あんなの設計できて、製作できて、体重を増やさずに筋力だけつけるような節制もできるあのパイロットさんには尊敬の念しかない。文武両道を絵にかいたような…
森精機のブースは東8ホール(2000平方メートル)を占有。噂では今回の展示費用は5億円かかったとか。YoutubeのDMG MORI Japanチャンネルに、今回の設営動画が上がってる。巨大な5軸加工機、DMU 340 Gantryの設営動画が楽しい。また、この実物がすごい。加工エリアは私の自室より大きい!定価で2.5億円は、高いような安いような

2)ファナック ブースNo. E4015
黄色い会社。巨大ロボットがA380のエンジンナセルをぶんぶん振り回してました。あれならロボットバトルできるな…

3)ジェイテクト ブースNo. E3013
プレゼンが良かったとの事前情報があったので、見てきた。人だかりがしていて、何やら現実とは思えないブースになってたので、目をこらすと、なんとアミッドスクリーンでAR的なプレゼンしてた。イケメンのプレゼンターと、上手な照明(映像を邪魔しないように、黒っぽい服を着ていて、顔はしっかり見えるように明るく照明を当ててた)、背景はLEDビジョン、アミッドスクリーンは45度前方に傾けてたように見えた。

4)VERSEC ブースNo. E3020
なんと「普通旋盤」。かなりの熟練工の方とお見受けする方が、加工デモをしており、これも人だかり。普通旋盤といっても最近の設計で、主軸、送りもギアレス。なのに操作性は昔の旋盤と同一という。すごい。ブースのデザインも黒板にチョークで描いたチョークアートでとても好印象。どこのデザイナーさんのデザインだろう…

5) Photoron ブースNo.E7090
偏光高速度カメラ「CRYSTA」という、高速度カメラなのに偏光を観察できるという。イメージセンサの画素4個セットに、それぞれ4つの角度の偏光素子がついているという変態カメラ。何に使えばいいんだろう…

6) 戦利品
不二越(NACHI)の切削工具のカタログと、ミツトヨのカタログ。紙のカタログは場所とるけど、酒の肴にするにはデジタルより紙のほうがいいので。
13757770 journal
日記

mfukudaの日記: ビッグサイトに人力飛行機

日記 by mfukuda
承前。というわけで、マップが公開された。さすが、翼幅33m、ぎりぎりホールに収まってる様子にニヤニヤが止まらない。

なんかどっかで見たことある図だと思ったら、スミソニアンのこれだ。Gossamer CondorとGossamer Albatrossを見てきたっけ。人力飛行機好きだったら『鳥と飛行機どこがちがうか』がおすすめ。
13756099 journal
日記

mfukudaの日記: 今週末はJIMTOF2018(日本国際工作機械見本市) 1

日記 by mfukuda
本職とは関係ないんだけど、一度は行こうと思ってたんだが、今年は行く。というのも、DMG MORIブースで、去年の鳥人間コンテストの優勝機体(40km飛んだやつ)を展示するらしい。

来月はInterBEEにも行く予定。こっちは微妙に仕事に絡まないこともないけど、休みを取って仕事関係なしにして行く。
13733390 journal
日記

mfukudaの日記: ScanSnapの新製品が10/2に? / 55万枚スキャンしたScanSnap S1500の自家修理 / 洗濯機の自家修理

日記 by mfukuda
ScanSnapのトップページが10/2発表の新製品のティーザーページになってる。シルエットから推測するに現行のiX500の後継機みたい。でも俺が欲しいのはB4対応機なんだがなぁ(A4ノビとかB5中綴じの漫画雑誌とかスキャンしたい)。

我が家のScanSnap S1500の総スキャン枚数カウンタは55万枚。本棚6本分くらいをデジタルにしたから、これくらい行ってもおかしくない。最近、紙送りで異音が発生して、紙送りできなくなったので自家修理した。このページを参考にして分解して(割と難易度は高い)、紙送りのモーターギアが駆動しているコグベルト2本のテンションプーリーの位置を調整して(それぞれネジ1本で調整できる)、ベルトが伸びた分の張りを強くして修理終了。あと50万枚くらいがんばってもらおう…

洗濯機は4年目のNational NA-FW80S1。中蓋のヒンジ部分が折れた。調べるとサービスマン派遣で修理しなきゃなんないみたいなんだけど、めんどいので部品を取り寄せて自家修理。NA-FW80S3用の中蓋ユニットを取り寄せて自分で交換した。折れたユニット部分より一回り大きいユニットでしか注文できないけど、ゼイタクはいわない。AXW3224-8SVSという型番で買えばもうちょい安く買えたっぽいが、まあいいや。
13677921 journal
日記

mfukudaの日記: 今年(2018年)は小松左京『果しなき流れの果に』の主人公が死んだ年!

日記 by mfukuda
前の日記と、前の前の日記で小松左京『果しなき流れの果に』について触れた関係もあり、最初の単行本(早川書房)を入手して再読していて気付いた。今年(2018年)は、この作中で主人公が死んだ年じゃないか!

厳密には2018年2月。スイスで50年眠り続けて、2016年に目覚めた主人公が日本に来て約2年後が今年になる。私は35年ほど前に初めてこの作品を読んで、数えきれないほど再読してきたが、時間がテーマのこの作品で実時間が追いついたことにショックをうけた。というか、表のトピックにもなっていた31年ぶりの単行本を読んだ直後でもあっただけに、「変わる時間と変わらない時間」のコントラストにも笑っちゃった。
13656617 journal
日記

mfukudaの日記: 角川文庫版 小松左京『果しなき流れの果に』の誤植(畦が蛙に) 4

日記 by mfukuda
角川文庫の小松左京『果しなき流れの果に』(9版 昭和54年4月30日)では、「田の蛙を、こけつまろびつ逃げ出した。」となっている(340ページ、第9章の最初の方)。正しくは「田の畦を、こけつまろびつ逃げ出した。」。

「畦(あぜ)」が「蛙(かえる)」になっているという(笑)どの版で間違っているかまでは、まだ調べていない。お手元に角川文庫版があったら、情報をおよせいただけるとうれしい。
なお、昭和55年6月10日の角川文庫本(12版)を底本としているKindle版では治っているが、「畦」に「あぜ」とフリガナが振られている。Kindle版は、文庫版にはなかったフリガナがかなり多い。この辺も同じにしてほしかったなー
13654071 journal
日記

mfukudaの日記: セレンディピティの計画的創出 3

日記 by mfukuda
こちらから。中身を見ると変なことは言ってないが、タイトルだけだと全力でツッコみたくなる。

つまりは、食パンくわえて走らなくても、理想の女の子と出会えるってこと?(わかってない)
13641206 journal
日記

mfukudaの日記: 泉光『圕の大魔術師』よかった(圕:「くにがまえ」に「書」と書いて、トショカンという漢字)

日記 by mfukuda
泉光『圕の大魔術師』を読んだ。面白かった(定型

作品の内容はさておき、書店で何やら目に引っかかる書名があったので、二度見した後で購入したもの。

国会図書館書誌では奥付の『図書館の大魔術師』という表記を採用しており、「注記」欄に標題紙のタイトル『圕の大魔術師』を併記している。

この「圕」という文字はJIS X 0213に収録された漢字。「トショカン」という文字に詳しい(って、もう20年近く前かよ)。
当時はこの文字を書誌データベースで検索できなくて、この漢字を含む書名を探すのにかなり苦労した覚えがあるが、今なら普通に検索できる。書名にこの文字を含む書籍は、雑誌なら1977年8月の『佼成圕通信』が、単行本なら1971年の間宮不二雄『圕とわが生涯・後期』が最後で、この本は実に約40数年ぶりに「圕」という文字が書名に含まれたケースとなる。めでたい。

「圕」という文字で、書誌DBを検索したところ、1922年10月23日の官報の560pが引っかかった。「明治四十四年告示第九號勅令ニ依リ制定セラレ特ニ海軍軍人ノ佩用シ得ル記章ノ種類及圕式」と目次にあるが、「圖式」のOCR読み取りミスだと思われる。またCiNiiでは肉蒲圕なる書籍が引っかかったが、国会図書館では肉蒲團になってるので、DB側の誤記だと思うんだけど、CiNiiでは「タイトル別名」として「肉蒲團」をわざわざ記載しているので、何かあるのかもしれない。今度現物を見てこよう。ちなみに、この出版元の鬼磨子書房は「くいまーずしょぼう」と読むらしい。
typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...