パスワードを忘れた? アカウント作成
13979248 journal
日記

mfukudaの日記: コミケC96に初参加、練馬産業大学落語研究会のCDをげと

日記 by mfukuda

帰省を1日ずらして、コミケ(C96)に初めて行ってきた。「初参加の場合は午後に」との案内があったが、どうしても欲しい本があったので朝8時に国際展示場駅に。11:00前には入場できたが、欲しかった本は10:30に売り切れてた。

今回の目的のもう一つの練馬産業大学落語研究会のCDは無事入手できた。最新作の第27集といくつか入手出来てなかったのを購入して、これでコンプリート。購入時にLFの吉田尚記アナに握手してもらった(うれしい)。昨日まで海外に行ってて疲れてるだろうに、すいません。いま、うちのCD棚には米朝落語全集のCD40枚と、練馬産業大学落語研究会のCD27枚が仲良く並んでいる。

暑かったので、水1.5Lと凍らせたお茶500mL、パウチのアクエリアス300mLを凍らせたの、保冷剤をたくさん持って行ったが、水500mLとアクエリアス300mLの消費だけで乗り切れた。昔に夏山登った時のイメージで準備したのだけど、運動しないからそんなに汗はかかなかった。最近は通勤の片道45分を往復歩いてるので、そっちの方が汗をかいてたくらい。でも見てたら車いすで搬送されている熱中症の方がちょくちょくいたので、余裕をもって準備していって正解だったみたい。凍らせたアクエリアスがとても美味しかったので、次回があるならこれを4個くらいに増やそう。

13961120 journal
日記

mfukudaの日記: 「究極の対物レンズ」(東工大のプレスリリース) 2

日記 by mfukuda
“究極の対物レンズ”の設計に成功 …東工大のプレスリースより

顕微鏡の反射対物レンズですね。超流動の液体ヘリウム浸なんで開口数が稼げない(液体ヘリウムの屈折率は1.025なんで…)、のでその辺は究極ってほど究極ではないんだけど、液体ヘリウム温度で1分子の蛍光を観察するっていうあたりは確かに究極。石英ガラスの両面に球面+非球面の2面を作ってるんだけど、製造時と使用時で300℃近い温度差があるってのはとんでもなく困難なはず(膨張率は低いとはいえ)。これ、じつはまだモノはできてなくて「設計できました」というプレスリリース。先代のは完成しているんだけど。
顕微鏡の写真が以前のプレスリリースに載ってるが、装置が大がかりで笑える。液体ヘリウム温度の部分と室温の部分の界面は真空窓でもつかってるのだろうか。

反射対物レンズは割と昔からあって、赤外線や紫外線での観察だとか、LWDでの観察用としてカタログに出てるのをよく見る。Edmund Opticsの記事Thorlabsの記事が分かりやすい。

※「至高vs究極」とかの「美味しんぼ」ネタを何か絡めようかと思ったんだけど、なにも思いつかなかった。残念。
13958360 journal
日記

mfukudaの日記: 鶴田匡夫『光の鉛筆』全11巻を購入した 5

日記 by mfukuda

元ニコンの中の人、鶴田匡夫さんの『光の鉛筆』は大変おもしろい本で、じりじり図書館で読んでたんだけど、どうしても手元に置きたくて。版元で10冊以上まとめて買えば割引になるので、全11巻を一気に購入。

うん、これは買うべき本だ!…本棚に置くところないけど。どうしよ。

13954611 journal
日記

mfukudaの日記: 鳴くゴカイ/蚯蚓(みみず)鳴く/五階百貨店 1

日記 by mfukuda
Remarkably loud snaps during mouth-fighting by a sponge-dwelling worm
京大と串本海中公園のメンバーによる論文発表。「ミミズやゴカイなどが属する環形動物で、音を鳴らす種が確認されたのは世界初」とのことだが…昔から「蚯蚓鳴く」というのは秋の季語。一般にはケラが鳴いているというのが定説だったが、国立国会図書館の「レファレンス協同データベース」『ミミズが鳴くってほんとう:調べるっておもしろい』を引いて、本当にミミズが鳴いている可能性を示唆している。これは知らなかった。

オマケ:大阪日本橋には五階百貨店がある。よくゴカイされる
13951788 journal
日記

mfukudaの日記: 中国ハードSF 劉慈欣『円』公開中&ツッコミどころ 4

日記 by mfukuda
劉慈欣のSF『円』が無料公開されている。すらど民なら楽しく読めるのではと思います。

んで、もっと定量的に仕込んでくれると、もっと楽しかったのにと思いました。同期回路で組んでると思うけど、システムクロックは0.01Hzくらいになっちゃってるんじゃないかな?tpdは100msくらい?MLCにはニヤッとしました。あと、Vcc(食料と水の供給ライン)とGND(下水道)をどう実装したのかが謎です。パスコンとかいるかな?
13948736 journal
日記

mfukudaの日記: 反博士論文(Antithesis) 2

日記 by mfukuda
反博士論文と博士論文を衝突させると、その情報量に応じた大量のエネルギーが発生して、完全に消滅する(対消滅)。同様の物質に反修士論文や反卒論がある……わけがない。

先日、スマホゲームの英単語をつくるやつ(スクラブル的なの)をプレイしてて、thesisは発見できたが、正解のAntithesis(アンチテーゼ)が発見できなかった。単語力は本当に私の弱点だ。アンチテーゼはドイツ語のAntithese由来の外来語なのね。同じようことを考える人はよもやいるまいと思って検索したら、同じく誤訳してるのを発見した。フランス語の書籍ですね、これ。
13907824 journal
日記

mfukudaの日記: 音溝が片面に4本あるレコード 2

日記 by mfukuda
音溝が片面に4本あるレコードを実家で発掘してきた(通常のレコードやCD、CLVのLDは片面に音溝は1本のみ彫られている)。

『幼稚園』11月号ふろく 「クイズうらないレコード」 なるもので、ソノシートの表面に実開昭49-41101実開昭49-41102の記載がある。たぶん、『幼稚園』の1974年の11月号の付録だと思われる。前者に図示があるが、レコード針を落とす位置によって、90度ごとに4種類の別の音源が流れるという、レコードでランダム再生を実現したシロモノ。

調べたところ、とんねるずの御年賀のB面も音溝が3本ある、同様のものだった。Wikipediaにもほかの例が記載されている。

実はこの手のレコードは古くからあるようで、最初にあげた実用新案も公告まで至っているが、登録までは至っていない。新規性がなかったんですね。
13904915 journal
日記

mfukudaの日記: 「シド・ミード展」すごくよかった/『ADVANCED MZ-700』が出版されていることを、いまさら知る

日記 by mfukuda
「シド・ミード展」に行ってきた。すごくよかった(定型文

5/19まで。休日は混雑で入場制限あるみたいなので、平日もしくは19:00~20:00くらいがねらい目かも。
ガンダムもヤマトも縁のない私としては、シド・ミードといえばOh!MZの表紙絵。手元の1984年3月号をみると「この1年は表紙絵を飾る」と書いてあった。1985年3月号は持ってないのだけど、確かに1年は表紙を飾ってたっぽい。この展覧会で1984年7月号と9月号の表紙絵の原画を見れた。画材でエアブラシはそんなに使ってなくて、筆で不透明水彩絵具で描いてたのに衝撃。あの鏡面表現には萌える。いまさらBlade Runner 2019をAmazon Primeで見てたり。すごいね、これ。

Oh!MZのライセンス処理はツルモトルームがやってたとのこと。雑誌『スターログ』(日本版)を出してたところなのね。
ーーーーーー
んで、『ADVANCED MZ-700』。Oh!MZの1984年9月号まで広告が出てたのに、結局入手できなくて「ああ、出版されなかったんだ」と思ってたのが、今回のシド・ミードの件で検索したら1985年3月に出版されてたことを知った。Oh!MZは1985年2月まで買ってたので、出版されたのを気づかなかったみたい。あと、Oh!MZの増刊扱い(雑誌扱い)で、書籍じゃなかったのも気づかなかった理由っぽい。約35年気づかないかよ、俺は。

今月、ヤフオクに出てたのをいまさら気づいたが、9000円overの落札価格に苦笑。いや、俺もそれくらい出しかねないけど。

んで、国会図書館にあるかと思って検索したら、見つからない…と思ったら、雑誌の増刊扱いなので、ちゃんと収蔵されてた。通号35号がそれ。今度読みに行ってくる。1985年だけ、最終号が13号になってることから、よほど鋭い人なら気づくかも。でも普通だとこんなの気づかないよ!
13899083 journal
日記

mfukudaの日記: 謎の顕微鏡写真撮影用接眼レンズ Olympus NFK4x

日記 by mfukuda
自宅の顕微鏡写真撮影には、生物顕微鏡(BH-2)にはU-PMTVC経由、実体顕微鏡(SZ60)にはSZ-PT経由でNikon1 J2+Cマウントアダプタ+タンポポチップを使っているが、これらには写真撮影用の接眼レンズ(リレーレンズ)が必要。

これについてはAlan Woodさんのページに詳しいが、私はNFK2.5xLD,3.3xLD,5xLD,6.7xLDを持っている。常用は2.5xで、これでほぼ全視野をカバー、他は接眼レンズ側で倍率を稼ぎたいとき用。NFK1.67xは市場価格が15万円以上するのと、Nikon1のセンサーサイズだとあんまり意味がなさそうなので手を出していない。

んで、最近、NFK4xLDなるレンズを手に入れた。このレンズ、ネットで探してもどこにも情報がない。使ってみると、倍率が違うだけで、普通に使える。3.3xとの倍率差はほんのちょっとなのに、なんでわざわざ作ったんだろうか…後継のPEシリーズには確かに4xがあるようだが。
13898031 journal
日記

mfukudaの日記: 松屋銀座の「トムとジェリー展」よかった

日記 by mfukuda
松屋銀座の「誕生80周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ」に行ってきた。すごくよかった。
ハンナ・バーバラ、Tex AveryとScott Bradleyを崇拝する私(LD Boxも当時に個人輸入した)としては、涙目の展覧会。Puss Gets the Bootの壁に皿が飾られてるシーンの再現があったり、原画の展示はたまりません。原画はPatric Brionの本にも載ってないのが展示されてたように思います。
ただ、後半はハンナ・バーバラ以外なので、チャック・ジョーンズ版すら許せない私としてはざっとみておしまい。チキチキマシン猛レースの展示もありました。

また、井上卓さんの立体トム巨大化したものも展示されていて、大興奮。

ショップも充実してたけど、きりがないので図録のみ購入しました。

東京では5/6まで。この後、大阪の大丸心斎橋店でも7/18~8/19に開催。海外でも開催するっぽいが、あの立体トムが海外でも話題になるかと思うと、とても嬉しい。
typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...