パスワードを忘れた? アカウント作成
13899083 journal
日記

mfukudaの日記: 謎の顕微鏡写真撮影用接眼レンズ Olympus NFK4x

日記 by mfukuda
自宅の顕微鏡写真撮影には、生物顕微鏡(BH-2)にはU-PMTVC経由、実体顕微鏡(SZ60)にはSZ-PT経由でNikon1 J2+Cマウントアダプタ+タンポポチップを使っているが、これらには写真撮影用の接眼レンズ(リレーレンズ)が必要。

これについてはAlan Woodさんのページに詳しいが、私はNFK2.5xLD,3.3xLD,5xLD,6.7xLDを持っている。常用は2.5xで、これでほぼ全視野をカバー、他は接眼レンズ側で倍率を稼ぎたいとき用。NFK1.67xは市場価格が15万円以上するのと、Nikon1のセンサーサイズだとあんまり意味がなさそうなので手を出していない。

んで、最近、NFK4xLDなるレンズを手に入れた。このレンズ、ネットで探してもどこにも情報がない。使ってみると、倍率が違うだけで、普通に使える。3.3xとの倍率差はほんのちょっとなのに、なんでわざわざ作ったんだろうか…後継のPEシリーズには確かに4xがあるようだが。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...