パスワードを忘れた? アカウント作成
13961120 journal
日記

mfukudaの日記: 「究極の対物レンズ」(東工大のプレスリリース) 2

日記 by mfukuda
“究極の対物レンズ”の設計に成功 …東工大のプレスリースより

顕微鏡の反射対物レンズですね。超流動の液体ヘリウム浸なんで開口数が稼げない(液体ヘリウムの屈折率は1.025なんで…)、のでその辺は究極ってほど究極ではないんだけど、液体ヘリウム温度で1分子の蛍光を観察するっていうあたりは確かに究極。石英ガラスの両面に球面+非球面の2面を作ってるんだけど、製造時と使用時で300℃近い温度差があるってのはとんでもなく困難なはず(膨張率は低いとはいえ)。これ、じつはまだモノはできてなくて「設計できました」というプレスリリース。先代のは完成しているんだけど。
顕微鏡の写真が以前のプレスリリースに載ってるが、装置が大がかりで笑える。液体ヘリウム温度の部分と室温の部分の界面は真空窓でもつかってるのだろうか。

反射対物レンズは割と昔からあって、赤外線や紫外線での観察だとか、LWDでの観察用としてカタログに出てるのをよく見る。Edmund Opticsの記事Thorlabsの記事が分かりやすい。

※「至高vs究極」とかの「美味しんぼ」ネタを何か絡めようかと思ったんだけど、なにも思いつかなかった。残念。
  • by Anonymous Coward on 2019年07月19日 10時22分 (#3654442)

    プレスリリースより

    1.キム鏡、2.藤原キム鏡Ⅰ、3.藤原キム鏡Ⅱ、4.藤原鏡、5.藤原蛍石鏡Ⅰ、6.藤原蛍石鏡Ⅱ、7.藤原非球面鏡、8.稲川鏡、9.虎藤鏡

    もうちょっと中二心をくすぐるものにと思いますが、お前なら出来るかと言われたらやっぱりできないや。

    #AnthyやTomoyo Linuxと命名した人たちは凄いと思う。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年07月19日 14時35分 (#3654624)

    連想するのは某光画部の究極ロボットではなかろうか

    ここに返信
typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...