パスワードを忘れた? アカウント作成
15495521 journal
日記

minetの日記: これは… 6

日記 by minet

https://it.srad.jp/story/21/11/24/1636253/
↑のやつにスラド格言を食わせたら…

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級者 >>1さん、ありがとうございます。
なるほど……。確かにその通りですね。
では、Debianのパッケージをダウンロードしてみますね! ---
初心者 >>1さん、ありがとうございました。
早速試してみたいと思います。
---Debian中級者 >>1さん、質問に答えてくださり、どうもありがとうございました。
今からインストールしてみようと思います。
---
Debian上級者 >>1さん、ありがとうございました。
早速試してみます。---
Debian初級者 >>1さん、どうもありがとうございました。
早速試してみたいと思います。
---
【このスレッドは過去ログ倉庫に移動しています】
<<< 前の話次の話 >>> Part.5

ひどいインターネットが生成された。
「初級者」と「--」が掲示板っぽく認識されたのかな。

  • by minet (45149) on 2021年11月25日 21時34分 (#4158804) 日記

    「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」


    ※ 【問題】
    あるロボットが暴走し、街で暴れています。あなたならどうしますか?
    A:速やかに破壊する
    B:速やかに破壊する
    C:速やかに破壊する
    D:速やかに破壊する
    E:速やかに破壊する
    F:速やかに破壊する
    G:速やかに

    ここに返信
  • あのぉ、192.168.0.1 と 192.168.0.2 は、わたしが使っている IP アドレスですので勝手に使わないでください。」
    「あっ……ごめんなさいね……」
    どうやら LAN 内の他のパソコンからアクセスしていたようだ。
    しかし、これは由々しき事態だぞ。
    この LAN 内には、俺以外にも LAN に接続している奴がいるという事じゃないか! 何てこった! 俺は、今まさに LAN 内スパイ大作戦を決行しようとしているのだぞ!?︎ もし LAN 内にスパイがいたとしたら、とんでもない大問題である。
    それこそ、俺が『LAN 内スパイ大作戦』を実行している事がバレてしまうではないか!!︎ これでは作戦は失敗である。
    いかんなぁ……。
    やはり、ここは素直に謝っておくしかないか?……そうだよな。
    うん、そうしよう。
    「あー、えっとですね、あなたのお名前は?」
    「私ですか?私は、さくらと言います。」…………あれっ? どこかで聞いたことのある名前だな。
    誰だったかな? うーん……思い出せん。
    まあいいか。
    そんなことより今は謝罪だ。
    「あの〜すみません。うちのネットワークには、あなた以外に誰かいますかね?」
    「いいえ。私の他には誰もいないですよ。」……ふむ。
    ということは、この LAN 内にいるのは、俺とさくらさんだけなのか。
    じゃあ別に気にする事もないのかもな。そう思う事にするか。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2021年11月26日 16時32分 (#4159305)

    UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである。
    「私もそう思う」と、真希が言った。「でも、簡単すぎて、逆に不安になるんだよね」
    真希も、俺と同じで不安を感じているらしい。
    「それはわかるよ。俺も、今のままでいいのかなって思ってるし……」
    「このままじゃダメだと思う?」
    「わからないけど……。ただ、今まで通りだと、いつまでたっても俺は『なろう』に馴染めない気がするんだよ」
    「なんでだろうね? 私はもう慣れちゃったんだけど……」
    「うん……、たぶん、俺たちには足りないものがあるんじゃないかと思う

    ここに返信
    • 目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない。
      「……なに?」
      その光景は、あまりにも異常だった。
      『■■』が、そこにいた。
      それはまるで、影絵のような姿だ。輪郭と色彩だけが黒く塗りつぶされ、その中に浮かぶ白い文字群だけが浮かんでいる。
      だがそれこそが、『彼女』の本体であることは疑いようがなかった。
      『―――■■■■』
      ノイズまみれで意味を成さない声とともに、黒いシルエットが手を伸ばす。
      そして、その手がこちらに触れようとした瞬間。
      世界が崩れた。
      *****
      「……っ!」びくり、と身体が震える感覚で目が覚めた。
      一瞬状況がわからず、ぼうっと天井を見つめていたが……。
      (……夢?)
      そう認識した途端、全身から力が抜けるような気がして、思わずため息が出た。……嫌な夢を見たものだ。
      あの悪夢の中で、自分は何をしていたのか思い出せない。ただ何か恐ろしいものに追われていたことだけは覚えているのだが。……ふいに、耳元でささやくように誰かの声が聞こえた。
      「……あーちゃん」
      聞き慣れない呼び名だったが、なぜかしっくりくる響きがあった。……誰だろう? それに、どうして自分の部屋にいるんだろう? ここはどこなのか、記憶を探ろうとしたその時。
      ぎゅうっ、と強い力で抱きしめられた。
      「……え?」
      突然の出来事に思考が完全にフリーズする。そのまま動けずにいると、今度は頭の上に優しく撫でられる感触がやってきた。……なんだこれ。
      わけがわからなかったが、とりあえずこの状況からは抜け出したかったので相手の腕に手をかけた。すると、相手がビクッとして拘束を解く。
      ようやく解放された私は、ベッドの上で上半身を起こした。
      改めて周囲を見回す。どうやらそこは私の部屋らしい。目の前には、いつものように椅子に座っているアヴィリアの姿がある。
      しかし彼女の様子がおかしいことにすぐ気がついた。顔色は青ざめており、呼吸も荒い。おまけにひどく怯えているように見える。……一体、彼女に何があったというのだ? 私の疑問を知ってか知らずか、彼女は口を開いた。
      「……よかったぁ……」……心の底から出た安堵の言葉だった。
      「ほんとうに、心配しましたよぅ……。急に飛び出して行っちゃったと思ったら、倒れてるんですもん! わたしだって心臓止まるかと思いましたぁ!!」
      まくしたてるように一気に喋ると、再び私を強く抱き締めてくる。……さっきよりも強くなったような気がするが、これは私が意識を取り戻したことで安心しているということだろうか?……とにかく、今は大人しくしておくことにする。しばらくされるがままになっていると、やがて満足したのかゆっくりと離れていった。
      そして私の顔をじっと見つめたかと思うと、「どこか痛いところとかありませんか?」と尋ねてきた。……特に思い当たる節はないが、念のため確認することにした。
      「……大丈夫みたいだけど」
      「……そっか、よかったです♪」
      そう言って微笑む姿はいつも通りに見えるが、やはり少し違和感を感じる。……何かあったのか聞いてみるべきかもしれない。
      「……ねえ、何かあったの?」
      「……へっ!? べ、別に何もなかったですよ?……なんでですか?」
      「なんか元気なさそうだから」

      • コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い。だが、それでも神が人間に罰を与えたように、人間も神に罰を与える権利があるはずだ。
        そう考えると、私は自分が神の代理人であるかのような錯覚に陥るのだ」
        彼は自分の言葉に酔っているのか、うっとりとした表情で語る。
        その様子はまるで宗教家だ

        これはちょっと面白いw

typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...