パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、moatomさんのユーザページですよ。 みんなの日記はここから一覧を見ることができます。

13885919 comment

moatomのコメント: Re:博士号は足の裏の米粒 (スコア 1) 220

なるほど、確かに今回のケースではある程度界隈の学生が人文系の学問を研究することを萎縮させてしまうことは否めない一方で、「特定個人」のレベルでしかないので全体への影響はそこまで大きくないでしょうね。現にニュースとして大きく報道されている訳でもありませんし。 今回の不幸な事件で特に印象づけられた「人文系はメシが食えない」というイメージを除けば、その他学者は個人の裁量の範囲内でメシは食えていると考えるのが妥当でしょうから、この場合は「彼女のメンタル面に問題がありそちらを解決すべきだった」、あるいは「彼女が死んだ方が幸福であるという結論を得て実行したのだからそれを尊重すべき」と考えるべきでしょうか。

だとしたら資金的な援助は歪んだおせっかいですし、「博士に対するネガキャンになる」と考える人が出てくるのも腑に落ちます。
13885890 comment

moatomのコメント: Re:博士号は足の裏の米粒 (スコア 2) 220

国力をあげることが基本的には国家の目標な訳で、学問の重要性は認めつつもそれを特別に扱う必要はないという、あなたの平等主義的な国家像は福祉国家として歩みを進めている日本にはそぐわない気がします。

国家が国民から徴税するのは、集めた金で「公共の利益」を追求するためですよね?
公共性を考慮すれば、学問とギャンブルを趣味という観点から同一視することはナンセンスです。学問が特に重んじられているのは権威のためではなく公共性のためです。好きな研究をすることは、そういう意味で単なる遊びとは一戦を画しています。

むろん多くの方にとって、ある学問が具体的にどのように役に立っているかを理解することが難しいのは事実です。なんせ三角関数のレベルでも起こってしまうので、彼女の専門の日本仏教の場合はなおさらでしょう。特に日本人には理解しがたいと思いますが、宗教というのは社会において非常に大きな役割を担っています。簡単に分かりやすくまとめていうと、宗教はある種の思想です。強い思想というのは歴史レベルでの人間の行動を左右してしまうものなのです。哲学者のアリストテレスが万学の祖といわれるのは、思想があらゆることに根強いていて、それらに強く影響している姿を端的に捉えていると言えるでしょう。
私の想像に過ぎませんが、このような観点から日本仏教というものが研究され始め、学問として体系化されるに至ったのだと思います。つまり、日本仏教というのはものすごく抽象的なレベルで世の中の役に立っているのです。ある学問の公共性(=役に立つかどうか)を理解できないからといって、それが価値のない愚行であると切り捨ててその重要性を尊重しないことは絶対にしてはいけないことだと私は思います。

>「他人の益になれば金銭的にも評価されるでしょう」
とありますが、他人の益になるからといって日当を稼ぐゲームの中では必ずしもそのことに金銭的な評価が伴うとは限らないのです。その典型例が過疎地域における医療でしょう。アフリカなどの後進国と言い換えてもいいです。

長ったるく学問を啓蒙してきましたが、結局のところ世の中で評価されているものは公共の環境を前提としているということです。
極めて悪い一方的な言い方をすれば、GAFAなどの大企業はあらゆるインフラにタダ乗りして暴利を貪っているから経済的に評価されているのであって、それは彼らの企業努力だけで成り立っているものでは絶対にないのです。
むろん彼らはそのことをよく理解しているので、その暴利をインフラに投資しているのです。だから日本国も日本仏教の研究というインフラに投資しなければならないのです。

まあ、あなたの意図が単に「すでに十分に援助してるんだからあとはアカデミアの範囲内で資金をうまく回すべき」的な意味なら割とその通りだとも思います。
私の個人的な希望では、ベーシックインカム論的に相続税をうまく活用することでこの種の問題を解決し、福祉国家としての独自路線を日本には歩んでもらいたいものです。

ところで諸外国、特にアカデミアでの業績が大きい米国では、人文系の学者さんはどうやってやりくりしてるんでしょうかね?米国の理工系の学者さんは産学連携でがっぽり稼いでいるイメージはありますが。
typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...